<   2017年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「ザ・フルート」の取材など

萩原貴子さんとCDのことについて、8月10日号の「ザ・フルート」で対談取材を受けました。今月は中村あんりさんが「音楽現代」で、萩原貴子さんが「ぶらあぼ」でそれぞれCDが絶賛されています。本当にみなさまのおかげです。ありがとうございました。

バタバタの毎日、旅行の前はそうですよね。家の留守番も頼んだし、事務的なことはバッチリです!あとはピアノの練習か~!って今さら時間がない。いつもこんな感じで緊張感にあふれています。好きなものばかり食べてますね。ミートソース!!もちろん「トーキョー・パスタ」さん。いつものように美味しいけど超大盛のサラダ!!
a0041150_17580029.jpg
そして「東京ミートソース」、なんて美味しいのでしょう!
a0041150_17582554.jpg
最近お店休んでますよね?ちょっと心配。早く復活してくださいね。

さてさてこの日は焼肉!上野のディープな界隈まで出かけて「馬山館」の「丘盛ランチ」。山盛ランチに何種類かあって真ん中辺りのサイズです。「ハラミ」で美味しかった。
a0041150_17571748.jpg
もっと多くても食べられちゃいますね。おばちゃんが対談のことをお礼言ってました。仲良しです。
a0041150_17565867.jpg
そんな感じで「ザ・フルート」の取材に出かけたのは銀座の第一ホテル。ま、私が決めちゃったんだけど、便利だし意外に好きなホテルなんです。アンティークな感じでレストランも好き。良いですよね。
a0041150_17573972.jpg
楽しいお話がいっぱい。ぜひ楽しみになさってくださいね。面白かったです。ホテルの中と言えばアビステ。前回も書きましたね、うちのツタンカーメンのいるところです。萩原さんがふと帰りにそこでバックなどを買うというからつきあって「そういえば治安の悪い場所に行くから、そんな時計してないほうが良いよ」と言われて、私も時計を衝動買い。昔は大好きで、おもちゃのような時計をたくさん持っていたんですけど、久々に買いましたね。
a0041150_17505497.jpg
これ?女物?オカマに見えるのは困るぜ。と、色々迷ったけど「お客様にだけは似合います」という褒め殺しにあいました。ま、いいでしょう。

人生初のショルダーバックも買いましたよ。オシャレなバーバリーなんですけど、私がすると田舎の郵便屋さんか?幼稚園児か?って感じに。裸の大将ってイメージも(笑)。ちょっとかなちい。
a0041150_17563786.jpg
このほかにもお財布買ったり、あちこちに行きましたよ。そして打ち合わせなどもあって、ヘトヘト。かねてから行きたかったシチューのお店「エルベ」に行きました。昭和的な優しい柔らかな空間で癒されました。歌舞伎座のそばで愛之助さんのお気に入りということで、最近は予約も多いようですね。まずはピクルス!美味しい。暑いから癒される~~~。
a0041150_17540840.jpg
a0041150_17534909.jpg
これらは3種の前菜。かぼちゃのテリーヌが美味しいね。手作りな感じ、素朴な感じが実に良いです。普通に肉のテリーヌも美味しい。生ハムも良い感じです。
a0041150_17532625.jpg
a0041150_17514983.jpg
a0041150_17524642.jpg
ビーフシチュー。色々種類があるのですが、全部ソースは一緒。ベーシックにビーフシチューですが、どこに和風な香りがあってご飯にまたよく合う。実に良いお味です、昭和の臭いに厳しい管理人さんも絶賛!!美味しい・・・だけならもっと他にもあるかもしれませんが、何よりも心が温かになる系なのです。いいね、こういうお店は!!
a0041150_17512817.jpg
大満足ですね。またぜひ来たいお店です。超お気に入り!

お気に入りとしては忘れてはいけません!!鰻です!久々に「鳥かど家」さんに行ってきました。行こうとしてもゲリラ豪雨にあったり、急用が入ったりで邪魔され続けてきましたが(笑)、ついに来た!こちらは「竹」2600円。
a0041150_17553659.jpg
立派だよね。ついつい後ろからも撮ってしまう~。折り重なっています!!
a0041150_17550688.jpg
味も濃く、ワイルドでホントに好みなんです!!大満足!もう1度正面から「はい!チーズ」じゃないな、「はい、う~なぎん」。
a0041150_17560671.jpg
「鳥かど家」さん、修業されていた息子さんがNYから帰られて、親父さんも嬉しそうでしたね。ささ、私も頑張らねば!

by masa-hilton | 2017-07-24 18:14 | 日々の出来事

月刊「ショパン」8月号、対談はさらに面白く

a0041150_17094747.jpg先月は私が表紙になりまして、斎藤号と言いましょうか出番も多くて(笑)失礼いたしました。おかげさまで賑やかな1か月を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございます。厚く御礼を申し上げます。

でも1か月は早いですね。新しい号になりました。今回の対談は親しくさせて頂いております先輩の渡辺健二さん。藝大の教授ですが学校の運営の方にも関わっていらして、今のように開けた藝大になったのは渡辺さんのお力が大きかったと思いますね。藝大は昔から出身者じゃなければ先生になれない風潮がありましたが、それも打破されたし、若い子たちを育成する新しいプログラムなども次々立案されていますよね。「音楽教育は才能のある子はほっておいても育つ、むしろ観客をきちんと育てなければいけない!」そういうポリシーのもとに、今も奮闘されています。まさにそうですよね。昔ほどではないですが、現在でもまだまともかどうかもわからない、ただの私見や印象だけで批評するような評論家もいますし、自分が聞いたことがない&経験したことがないことはすべて悪!みたいなね(爆笑)、いるでしょうそういう人。それは本当に困りますよね。

そういう改革をしていこうとすると、文化庁や文科省と色々やりあっていくことになり、今、渡辺さんは政治のことを発言されるピアニストになっておられました。リサイタルのプログラムノートでは、必ず政治的なコラムを書かれるそうで、今回の対談でもそういう内容が多く話されましたが、雑誌の性格上、あまり触れることはできませんでした。私個人も政治的なことは発言しませんが、世の中には渡辺さんのように一本気な心意気を持つ演奏家もいらっしゃるということは、このブログでお伝えしておきます。渡辺さんのコラムはこのような文章で閉じられていました。「政治家の劣化は国民の劣化の表れです。少々面倒なことではありますし、生きていくのに精いっぱいでそれどころではないという状況の方も多いと思います。しかし、世の中を変えるのは、国民一人一人の意識であり、行動であることには間違いはないはずです。何かを劇的に変えることは難しくても、少しずつでも考え、少しでもコミットしていくことを続けたいと思います。」

さてさてお店の方は「おはし」に行きました。チェーン店ですが京都のおばんざい料理を出すお店です。中でもコリドー街の「おはし」は一番京都的ということでの選択。雰囲気も良いお店ですね。

まずは「おばんざい」のお盛り合わせ。こんな普通のものが「おばんざい」なんだろうか?という感じはあるけれど、それぞれ美味しい。
a0041150_00393742.jpg
お造り、そして「トウモロコシの唐揚げ」。暗いから写真がうまく撮れません。
a0041150_00395554.jpg
a0041150_00401283.jpg
これは生湯葉とおぼろ豆腐のサラダです。暗い!
a0041150_00402799.jpg
いももちのそぼろあんかけ、これ旨いです!
a0041150_00404372.jpg
厚切りローストビーフ、これも文句なく旨し!
a0041150_00405908.jpg
鯛と三つ葉の炊きたて羽釜ご飯。
a0041150_00411934.jpg
抹茶のわらびもちと季節のアイス。
a0041150_00413388.jpg
雰囲気良く、楽しかったです。良いお話もいっぱい聞けました。ぜひ読んでくださいね。次回は江頭美保さんと米津真浩くんです。

by masa-hilton | 2017-07-22 16:39 | 連載対談@お江戸で連談

白寿ホールのコンサートも無事終了

19日白寿ホールでのコンサートも無事終了しました。ヴォーカリストの雨谷麻世さんのコンサートです。普段マイクで歌われることが多い雨谷さんなのですが、このコンサートは久々の生のコンサートでした。
a0041150_16242440.jpg
お客様の中には、実は私が昆虫の羽音ぐらいのデリケートなピアニッシモで弾いているのを初めて聴いて、驚いていた人もいましたね(笑)。クラシック音楽の魅力はまさにそこ。マイクが悪いわけではないけれど、機械で調節されてみんな同じになっちゃうのは避けられず、芸術的な価値も薄まるのは間違いないところ。というわけで、ぜひ本当のクラシックのコンサートにも、たくさん足を運んでみてくださいね。

ここのところ私は色々事務的なことも多くて、コンサートとのかねあいも忙しく大変です。そんなときリラックスできるのが人形町のお店の人たちの温かい心遣いです。前日は「天麩羅の中山」さんでリラックス。いつもながらお刺身は格別ですね。
a0041150_16233733.jpg
田舎でとってきたインゲンは、天麩羅にしても新鮮。美味しいなあ。
a0041150_16235108.jpg
海老と玉ねぎ、にんじん、キスと好きなものばかり。心もリフレッシュ!です。
a0041150_16240570.jpg
コンサートの日は3時入りでしたので、お昼は「大市」さんで「牛すき焼」。暑い日ですからしっかり食べていかないとね。
a0041150_16251138.jpg
750円だけど美味しい!いつも言うけどお味が良いんです。満足!
a0041150_16253915.jpg
暑かったから、荷物もあるのでホールまではタクシー移動になりました。それで正解。どう考えても暑すぎますからね。

雨谷さんはここ10年ぐらいは、ノートにちゃんと自分で台本を書いてそれを覚えてやる形なので、私は時間が伸びないようにだけ気を配って、自分からは会話などに入っていかないので、そういう意味では他の本番よりは気楽かも(笑)。ただここに至るまでのアレンジとかが、なかなか決まらないこともあるので、その対応がバッチリ間に合っていれば大丈夫。準備は完璧。楽屋弁当は譜めくり管理人さん調達の「聘珍楼・酢豚弁当」。
a0041150_16262156.jpg
本番は予定通りサクサクと。風邪が治らないでご本人はやや懸念していたようですが、無事に終了です。めでたしめでたし。コンサートが終わって帰ると、いっぱい食べたせいなのか暑かったせいなのか、それほど食欲もなかったのでジョナサンでまずはメロンパフェ。わ~落ち着いた。
a0041150_16264464.jpg
チョイとピザもつまみました。夜中は美味しいね、こういうの。
a0041150_16270307.jpg
ファミレスもなかなか頑張っていますね。それとも夜中だからか?(笑) 今月はまだまだ忙しい!頑張らねば!

by masa-hilton | 2017-07-21 15:34 | 日々の出来事

高松から、四国での赤坂達三さんとのコンサート

時系列はさかのぼりますが、赤坂達三さんとの四国ツアーがありました。赤坂さんはいま広島にいらっしゃるので、リハーサルなどを考えて、私の高松のレッスンと組み合わせました。で、赤坂さんに高松にいらしていただいて、リハーサルをやろうということに。高松行き、朝ご飯ですがよっぽどお寿司にしようかと思いましたが、空港のお寿司屋さん「又こい家 」ですよね。見た目は美味しそうなのですが、がっかりしたことがあるのでやめました。いつものように崎陽軒 「シューマイ弁当」で。
a0041150_19433758.jpg
今回はお気に入りの「甘いタケノコ」さんをアップにしてみました(笑)。高松に到着して、すぐレッスン。そしてお昼はいつもの「水仙」 に。いつも美味しいお店、そして激混みのお店。高松でこんなに混んでいる店って、ここだけなんじゃないでしょうか(笑)?そこまで思ってしまうような人気ぶりです。お気に入りの天丼、旨し!お味が良いのです。自家製のおしんこ、ヒジキなども美味しい。
a0041150_19440862.jpg
a0041150_19453853.jpg
刺身はかつおなど。そして剣先イカ!これが旨かった!
a0041150_19443880.jpg
a0041150_19450834.jpg
レッスンの他に、自分の練習もさせてもらって充実タイム。皆さんも上手になられていました。夜ご飯は創作イタリアンの「ミオ・パエーゼ」 。私は高松でもしミシュランがあるとすれば、このお店が筆頭だと思いますね。本当に美味しい。感じとしては「五風十雨 」というレストランが美味しそうなんですが、こちらは全然普通で東京だったらカフェ程度のランチでした。「ミオ・パエーゼ」は個性もあって納得の実力なのです。
a0041150_19461500.jpg
前菜盛り合わせ。オリーブの実ってちょっと苦手なんですが、ここのは食べられる。さすが産地です。
a0041150_19464562.jpg
ポテサラ、チーズにまみれて大人の味。
a0041150_19482949.jpg
ご存知サルシッチャならぬ瀬戸シッチャ。魚肉のソーセージです。
a0041150_19485908.jpg
切ってみると地のたこや貝がいっぱい!美味しいはずです。
a0041150_19492915.jpg
ハマグリの白ワイン蒸。大振りのハマグリだから、それだけでも美味しいけどお味も最高です。こんなにあって800円!!東京だったら3000円とれますよ。
a0041150_19495908.jpg
仕上げはナポリタン。これはナポリタンではないですね、さすが創作イタリアン。ここは普通のナポリタンでも、かえって良いかもと思ったりはしましたが。美味しいです。
a0041150_19502985.jpg
泊りはリーガロイヤル。定宿だけど働く人がコロコロかわるので忖度や心意気はなし(笑)。今回はちょっと部屋が良くないね、ちょいガッカリ。朝ご飯はいつもの朝カレー。
a0041150_19505935.jpg
カレーをすくう「おタマ」が水につけてあるのだけど、マナーの悪い中国人が水きれをしないでカレーをすくうので。カレーもだんだん薄くなり、大体不衛生で気持ち悪い。明日はどうしようかな?

目玉焼きはきれいな目玉焼き!!シティホテルの朝ご飯はシェフが「きれいな」目玉焼きを作れるかどうか?私だけの基準である(笑)。で、これがなかなかクリアされないんだよね。
a0041150_19512940.jpg
そしてレッスン、そしてお昼はまた「水仙」。日々同じ(笑)。あまり変えたりしないのも私らしいところ。この日は大エビフライ定食。
a0041150_19515951.jpg
なかなかの大きさだね。ここは揚げ物も美味しいからバッチリ!
a0041150_19522965.jpg
レッスンして、自分の練習して、夜はいつもの「来来餃子館」
a0041150_19554977.jpg
女の人は入りにくいというけれど、中はこんな風だ。
a0041150_19561887.jpg
メニューはいつも通り、セロリの餃子、チャーハン、酢豚・・・これがお気に入りのメニュー。セロリは好きではないけど、ここのセロリ餃子はとても旨い!チャーハンは肉のかけらすらないチャーハンなんだけど、とても好きなタイプの味がして、なぜか旨い(笑)!酢豚は薄いお肉の酢豚で、カリッと揚がっていてお気に入り。
a0041150_19564978.jpg
a0041150_19571882.jpg
a0041150_19580827.jpg
3つで1850円。安いような高いような。美味しいから何でもいいや(笑)。

そして次の日の朝食、気持ち悪いけど朝カレー。
a0041150_19590857.jpg
おかずも色々とってみました。
a0041150_19583836.jpg
これが毎日全く同じおかずなんですよね。普通連泊も考えて少しは変えるものですが。
a0041150_19593863.jpg
大体人がいない。節約でドトールとかに行ってしまう?今ってそんな不景気のような気配もあるよね。お昼はまたまた「水仙」です。お刺身に天麩羅を戴きました。
a0041150_20002129.jpg
スタンダードに普通のお刺身の盛り合わせでも、味が美味しい、さすがです。
a0041150_20032052.jpg
天麩羅ももたれずに、海老なんかも食べごたえがある感じ。
a0041150_20005794.jpg
この日は夕方から赤坂さんがやってきて、リハーサルをいたしました。楽しかったです。そして夜は「ミオ・パエーゼ」再び。だって美味しいからね。赤坂さんも喜んでくれました。まずは定番、一昨日に戴いたメニューからです。前菜の盛り合わせ、瀬戸シッチャ。
a0041150_20045722.jpg
a0041150_20052719.jpg
そしてハマグリの白ワイン蒸し、このハマグリは、赤坂さん、1個が800円かと思ったそうです。そのくらい旨い!
a0041150_20061536.jpg
続いて海老のアヒージョ。素晴らしく美味しい。これは大満足だ。
a0041150_20064597.jpg
以前から食べたいと思っていたここのピザ。カリッとしていて最高でした。次回来ることがあったら必ず食べますよ。
a0041150_20071408.jpg
以前食べて美味しかった鴨肉のロティを朴葉味噌で戴くもの。お気に入りです。
a0041150_20074367.jpg
そして定番のペスカトーレ。さすが!旨いですね。すべてが最高でした、やはり高松で一番美味しいお店です。
a0041150_20081301.jpg
翌日はいよいよコンサート。高松から徳島に移動です。結構中途半端な時間に移動なので、早お昼を「南風」で。
a0041150_20084479.jpg
一応有名店で、高松で鰻!と言えばこの店・・・というのは前にも書きましたが、東京の鰻に比べては遜色あり過ぎです。安いとはいえ、この見た目の悪さからして、東京だったら営業もままならないでしょうね。例えば東京で平均的に鰻といえば・・・・
a0041150_20182371.jpg
a0041150_20185391.jpg
・・・・な感じじゃないでしょうか?もう「鳥かど家」さん「青葉」さんとかなら比べるのも恥ずかしいくらいだよね。お味は甘口で悪くはないですが、良くもないというか(笑)微妙です。お弁当で赤坂さんにも持ち帰りましたが、全然食べてませんでしたよね。そんなレベルかもしれません。

徳島はあわぎんホールで本番です。とにかく暑い。湿度が高くてピアノもそうですが、管楽器には不利な天候です。そこは名人ですからサササとクリア。コンサートは大成功しました。
a0041150_20091305.jpg
成功して宴会は「幸楽寿司」です。皆さんと楽しくお話しできて、良い時間でした。嬉しかったです。主催者の方とは22年ぶりの再会です。
a0041150_20220029.jpg
お寿司はスタンダードというか、普通に美味しく地元的な特徴はナシ。でも仕事中だから食中毒も怖いから、ベーシックな感じはありがたい。寿司屋なのに揚げ物などもあって、エビフライなどをパクつきました。バイガイとかも、たくさんありましたね。今年初めての「巨峰」も美味しかった。
a0041150_20223095.jpg
ホテルはクレメント。クレメントはきれいなホテルなんですけど、それに慣れちゃうと面白味はないホテルですね。どこでもそうです。朝ご飯も「海老しんじょう」だとか、薄切りのカツとか珍しいものもありましたが、お味は普通なんです。
a0041150_20231227.jpg
目玉焼がきれいに焼けないのはいけませんね(爆笑)。朝カレーはまあまあコクもアリ。
a0041150_20234295.jpg
a0041150_20241272.jpg
やはりここのホテルもまた、朝ご飯会場そのものが空いています。何となく不景気風を感じますね。これが混まないとおかずも回らないからね。どうしてもハムソーセージの質など悪くなりますよね~~。
a0041150_20244232.jpg
売店の「アビステ」には、我が家にもいるツタンカーメンくんがディスプレイされていましたね。
a0041150_20251213.jpg
うちのツタンカーメンくんもアビステで買いました。福岡の西鉄グランドのアビステでしたね。
a0041150_20310165.jpg
この日は松山のコンサート。私は少し早めに行くことにしました。徳島から松山って遠い。いったん高松に戻らないといけません。高松駅にはこんな電車も。
a0041150_20254250.jpg
ここで駅弁を買いました。これがいけなかったな。
a0041150_20331638.jpg
これは不味いね、アナゴ弁当。私はこういうのばかり食べてるから、駅弁が好きだという人の気が知れません。マジきつかった。
a0041150_20334611.jpg
列車はとても揺れましたが、車窓からの風景はきれいです。
a0041150_20261361.jpg
市民会館のピアノは古いスタインウェイのほうが良く鳴ると伺ったのですが、やはり古すぎて基本の音が死んでいますね。でも湿度の多い中で、鳴りの悪い楽器が湿気を喰らっていたら最悪なので、選択は正しかったかな?と思います。めでたしめでたし!
a0041150_20341601.jpg
主催者の方が楽屋弁当に「日本でも有数の美味しいとんかつ弁当を用意したので、ぜひ食べて」と気を遣ってくださったのですが、こちとら悔やまれる不味いアナゴ弁当!結構おなかいっぱいだし、ちょっと困った。それに「美味しいとんかつ」と連呼されていたので、ものすごいものを連想しちゃったのでした(笑)・・・・が、良かった!普通のトンカツだ。ホッとしました。さすがにこの状態でこだわりのトンカツなんて食べたら、弾けなくなっちゃうよね(笑)。
a0041150_20344603.jpg
かつ礼つ亭」さんは創業50年の老舗だそうですね。チェーン店化して頑張っているお店のようです。お弁当のはヒレカツはとても食べやすいサイズになっていました(笑)~助かりました。
a0041150_20351549.jpg
演奏会も楽しく進み、おかげさまでCDなどもよく売れまして、良い四国のコンサートとなりました。本当にありがとうございました。
a0041150_20313053.jpg
この日の打ち上げは「オルソー」というイタリアン。各地で修業した本格的なシェフのお店らしいのだけど、パスタの硬さやその種類、ピザの焼き具合、チーズ等へのこだわりはなく、居酒屋に徹した感じだった。それにしてはちょっと閉店時間が早いかもだね。
a0041150_20372911.jpg
a0041150_20381417.jpg
a0041150_20384441.jpg
a0041150_20391466.jpg
a0041150_20394396.jpg
「斎藤さんはグルメだからこの店じゃなかった方が良かったなあ」とか主催者の方がまた気を遣ってくださいましたが、全然大丈夫。いろいろお話をするには最適なお店!楽しかったですよ。

松山は翌日朝早く出発しなければならず、駅に近いサンルートにしました。さすがにクレメントなどに比べると、庶民的な朝食。でもね、よく考えると納豆と旨いお新香があれば、朝食なんてそれで良いのかもしれない。そういう意味ではベーシックなシラス、昆布、お新香などが美味しく、むしろ朝食としては一番ここが美味しかったかも(笑)。
a0041150_20401426.jpg
面白いもので、多少安いということもあるのだろうけど、朝食会場としても一番賑わっていた、面白い。みんなわかっているということか。

そこから急ぎ松山空港、そして羽田に帰りました。羽田でお昼を。お気に入りの「ウェストパークカフェ」でハンバーガー!これは文句なしに旨い!!
a0041150_20404472.jpg
そして家に戻り、萩原貴子さんのコンサートへの準備となるわけです。ここからの続きがこちらです。夜のご飯は「冨士㐂」でしたね(笑)。

by masa-hilton | 2017-07-20 12:10 | 日々の出来事

萩原貴子さん25周年記念リサイタル大成功にて

ピアニストにとっても難曲ばかり、東京での記念公演ということでのプレッシャーもあって、とても力も入りました萩原さんのリサイタル、おかげさまで大成功で終えることが出来ました。本当にありがとうございました。炎のフルーティストというニックネームからさらに大きく、深い音楽を奏でた素晴らしい演奏でしたね。ピアノもヤマハの全面バックアップを得て、良い楽器で多様な音色で演奏することが出来ました。皆様の応援の賜物です。
a0041150_03155877.jpg
CDも好評をいただいておりますし、さらなるものを目指して、それぞれ今後とも頑張ってまいりたいと思います。心から感謝申し上げます。

私は今月だけ(笑)なぜかメチャメチャに忙しく、萩原さんとの浜松のコンサートの後は高松に出かけ、そのあとは赤坂達三さんと四国でコンサートをやっていました(また後程アップいたします)。その四国から帰ってきたのが、この萩原さんの東京コンサートの前日です。帰って急ぎ整えて翌日にこの難曲コンサートですから、四国でも折を見てコソコソ(笑)練習はしていました。

四国から帰ったその日はさすがに疲れていますから、本当は寝てしまいたかったですね(笑)。夜はトンカツの「冨士㐂」に行きました。「骨付きロースカツ」、これ物凄いボリューム!そして旨い!この大きさで1580円はお安いですよね?超オススメですよ。まずはこの厚さです。
a0041150_03154803.jpg
そしてデカい!!!
a0041150_03153474.jpg
さぞやスタミナが付いたことでしょう(笑)。楽屋弁当は「柿安のすき焼き弁当」でした。良いですね。
a0041150_03161460.jpg
コンサートにはたくさんの友人や関係者が応援にいらして下さいました。冨永愛子さん、布能美樹さん、中村あんりさん、おなじみの皆さんも。フルート吹ける管理人さんは、さすが譜めくり完璧。
a0041150_03210708.jpg
暑い中のコンサートですから、それだけでもなかなか大変ですね。終演後は人形町で「香港美食園」。前よりかは高くなりましたね。味もまた変わったかも。
a0041150_03252510.jpg
ピータンと海老チリソースは前のほうが美味しかったね。特にピータンは残念。
a0041150_03245597.jpg
a0041150_03234580.jpg
酢豚は美味しかったです。まろやかな感じ。揚げレバーはオツな感じで、これもOK!
a0041150_03232929.jpg
a0041150_03231443.jpg
あと昔はNGかもだった「かた焼きそば」がとても旨い!これはまた食べたいです。
a0041150_03223791.jpg
しかしバタバタしているときは中華はありがたいですね。その後も「夜中の天下一」で行っている「天下一」さんに、昼間行ったりして、定番の「餃子」と「天津丼」を食べたりしています。
a0041150_03144127.jpg
a0041150_03145500.jpg
これがね、夜中に食べるから美味しいということが、またまた判明。昼間食べたらちょっと無理な感じでしたね(笑)。何でかなあ?暑いせいかな?「冷やし中華」は毎年平均的に美味しく思う「佳華」さんで食べました。ランチだからチャーハン付。
a0041150_03141365.jpg
やはり美味しいですね。昔ながらの味に近いです。
a0041150_03142641.jpg
定番と言えば「夜中のジョナサン」にも行ってますよ。「トンカツ定食」(笑)。結構最近トンカツ比率が高いですね。
a0041150_03132591.jpg
ファミレスにしては美味しいトンカツでしたよ。満足!
a0041150_03134085.jpg
でもきっと夜行ったからですね。コンサートをして夜中にジャンクなものを戴くのって、実はとても楽しいのです。

by masa-hilton | 2017-07-18 23:24 | 日々の出来事

暑中お見舞い申し上げます、そしてありがとうございました

皆さん、暑いですね。暑すぎます!!!暑中お見舞い申し上げます。そして四国での赤坂達三さんとのツアーも、東京での萩原貴子さんのコンサートも大成功にて終えることが出来ました。皆様にも喜んで戴けたようで、本当にありがたく、心から厚く御礼申し上げます。

すぐブログに書こうとしましたが、大量の写真の整理が手間取っています(笑)。またフランス行きが迫り、コンサートのリハーサルや取材などでばたばた、嬉しい悲鳴状態で遅れてしまっています。すみません。追って必ずアップしますのでお待ちください。本当に楽しい充実した時間が続き、皆様に感謝いたしております。ありがとうございます。

本日もリハーサル、白金高輪に行ってきました。そしてランチはおなじみ「タランテッラ・ダ・ルイジ」さん。いつも美味しいですが今回は私の好みとバッチリ!超美味しかった!いつものバラエティ豊かな前菜盛り合わせ。
a0041150_08433398.jpg
フリットやレバーのパテなどが、相変わらず素晴らしいですね。パスタはパッケリ!イベリコ豚の肉をふんだんに使ったソースも旨し!!
a0041150_08435118.jpg
a0041150_08440914.jpg
デザートも冷製で暑さを癒してくれました。

夜は管理人さんと打ち合わせで「江戸浜」さん、もうフランスは来週ですからね。リサイタルもあるし!!!いやはや!頑張らねば!!!!「はた」「クロダイ」超旨いです。
a0041150_08442457.jpg
「かに」「焼浜」こうしたものも良いですね。
a0041150_08443972.jpg
a0041150_08445590.jpg
「かんぱち」「たいら」に続いては貝づくし。
a0041150_08450938.jpg
a0041150_08452426.jpg
a0041150_08453930.jpg
a0041150_08455526.jpg
「うに」も美味しく大満足。いつも美味しく大満足です。

「江戸浜」さんもそうですが、忙しいときこそ「中山」さんで癒しの時間を。美味しいお刺身、煮魚、天麩羅、最後のお餅の磯部巻まで、楽しい会話とともに四国ツアーの前の安らぎのご飯でした!
a0041150_08413324.jpg
a0041150_08420488.jpg
a0041150_08422422.jpg
a0041150_08423938.jpg
a0041150_08425597.jpg
a0041150_08431659.jpg
今日も暑そうですね。引き続き頑張ります!

by masa-hilton | 2017-07-16 23:22 | 日々の出来事

第3回 下校時間のクラシック ティアラこうとう

9月17日日曜日はティアラこうとうの大ホールで「下校時間のクラシック」の第3回目のコンサートがあります。第3回まで続くとは思ってもいませんでしたが、おかげさまで、いつも温かく迎えて下さり、好評を戴きまして今回の公演につながりました。本当にありがとうございます!!

またこのコンサートは、私のデビュー40周年を記念するコンサートでもありまして、今回は「ラプソディ・イン・ブルー」を1966カルテットとのセッションでお聞きいただきます。こちらもどうぞお楽しみに!
a0041150_17514137.jpg
a0041150_17521328.jpg


by masa-hilton | 2017-07-13 18:47 | コンサート・イヴェント告知

マグロのメンチにはだまされない(笑)

ふとサバの味噌煮が食べたくなった。で、どこで食べようかな?と思うと人形町は大変だ。飲み屋のランチの定番でもある「サバミソ」は、おそらく人形町だけで100軒ぐらいありそう(爆笑)。

ここ10年ぐらい行っていないけれど、家の近くの老舗「京家」。ランチ時の混雑はすさまじい。手頃で如何にも昼食という感じのメニューが並ぶ。
a0041150_09385456.jpg
昔「生姜焼き」を食べたことがあるんだよね。あまり感動もなく(笑)そのまま行かなくなってしまった。カウンターのところにかわいい生簀などもアリ。
a0041150_09393667.jpg
こういう温かみのある小さな店なら、とりあえずの「サバ味噌」っていいかもしれない!と思ってしまう。定食の定番ですもんね。
a0041150_09364639.jpg
サバ味噌!これはなかなかお味が良い。さすが人形町だ。でもサバが少し硬い?作り置きで味が染みちゃったという印象。
a0041150_09372939.jpg
もう少し「煮てすぐ」みたいな(笑)感じが欲しいかな。でもランチじゃ無理だよね。ここの「日替わり」はおかずの数が多い。「マグロメンチが半分、コロッケ、肉団子」それに「マグロの切り落とし」が小皿についている。これは楽しめる。
a0041150_09392843.jpg
よく見ると、ちょっとチマチマした感じはあるけど温かみがあるので、毎日盛況なのもうなづけるね。
a0041150_09392259.jpg
ポイントが高いのはマグロがついているところだな。
a0041150_09390268.jpg
で、気になったのは「マグロのメンチ」なるもの。不思議な食感、不思議なお味のするものだった。日曜日に開いているので時々行く「築地食堂・源ちゃん」でも、「マグロのメンチ」はあった(笑)。
a0041150_09375404.jpg
余りものでもあったのだろうか、お刺身がいっぱいついて1000円ぐらい。これだけのお刺身は質のどうこうがあっても、大出血サービスだ。
a0041150_09381032.jpg
さらにお気にいりの「アジフライ」。管理人さんがなぜかここの「アジフライ」を気に入っている。それもまた面白い。
a0041150_09383680.jpg
確かに前回食べたときは肉厚で美味しかったけど、今回はそこそこ。衣も多い感じだった。これが真実のお味だろう。それにしても更なるB級な感じの「マグロメンチ」!原価はいくらなんだろう?というか、「京家」さんとも変わらないお味だったから、これ築地で売ってる惣菜なんじゃないかなあ?
a0041150_09380366.jpg
予感的中。あるマーケットでは(笑)。
a0041150_09425095.jpg
あったあった(爆笑)。やはりアリ物か。それにしてはこれ、高いんじゃない?原価は30円ぐらい?もっと安いかもしれないよ。そういえば「京家」さん、コロッケもアリ物かもしれないね。「六文そば」のコロッケに似ているような。
a0041150_09580690.jpg
コロッケはさておき、「マグロメンチ」にはもうだまされない(笑)。ちょっとまだ満足感がないので、「サバ味噌」を続けざまに行きました。このビルの2階に何でもランチが全部580円!超安くて話題のお店がある。
a0041150_09341323.jpg
みなもと屋」さん。入ると何と学食みたい!セルフサービス!つまり作り置きのおかずが出来ていて、好きなのを取っていく。参ったな。さすが中国人の人のお店だね。
a0041150_09342911.jpg
電子レンジ使ってもOKみたいな(笑)。いくら安くても冷め放題のご飯を食べる気にはならない。「サバ味噌」も薄いね。味噌のコクはどこに行った?
a0041150_09343847.jpg
申し訳ないけど2度と行きません。評価が高いのはその「安さ」のみのことですね。

さてさて「サバ味噌」にこだわると、やはり長く営業しているお店「東八」に行くことになる(笑)。飲み屋さんだけど、おでん屋さん?焼き鳥屋さん?その辺りがメインらしい。
a0041150_09350395.jpg
充実したランチメニューも魅力だ。注文したのは「サバ味噌&コロッケ定食」。凄いボリュームだし美味しい。これはあたりだ!
a0041150_09354103.jpg
人形町らしい濃いお味の煮魚、多少の作り置きはあるとしても柔らかみも残っている。コロッケも手作り感があってとても美味しいのだ。
a0041150_09353127.jpg
それでは!と頼んでみたのが「ミックスフライ定食」。これもボリューミー!
a0041150_09332389.jpg
お値段が千円以下ということで、当然エビフライはそれなりのもの。これは仕方がない。確かに注文している人は少ないね。
a0041150_09331192.jpg
また某日にはカレーを。これが想像以上に美味しかった。イカフライカレー。
a0041150_09342133.jpg
カレーせっかく美味しいから、300円とかでカレー皿があると良いのにね。いつでもご飯にお好みでかけられると嬉しいよね。

人気のメニューのドッキングは「マグロ丼」「から揚げ」のセット。
a0041150_09415059.jpg
セットだから単品よりは少ないのだろうが、マグロはぶつ切り!厚切りで満足。
a0041150_10035894.jpg
「唐揚げ」もジャンボで、味もしょっぱくなく、これ良いですね。やはり人気メニューはちゃんと理由がありますね。
a0041150_10100480.jpg
「から揚げ」と言えば「ザ・築地」も美味しいよね。何しろここもボリューミーだ。
a0041150_09403475.jpg
「鶏南蛮」とか改まった感じじゃなくて、ただの「から揚げ」にタルタルソースをかけただけ!って感じが好き。
a0041150_09401988.jpg
お刺身も悪くないから良いんだよね。
a0041150_09402612.jpg
これからさらに暑くなって食欲も落ちる。そういうときこそ食べ歩きだね。ただ「マグロ・メンチ」にはご用心。

by masa-hilton | 2017-07-10 22:34 | 趣味&グルメ

萩原貴子さん、浜松でのリサイタル大成功にて

萩原貴子さんのリサイタルで浜松に行ってきました。今回はコンサート初出のレパートリーもあり、楽しみでした。

まずは東京駅の駅弁から(笑)。やはり不味いですね、鰻は鰻でしたが。これなら普通の鰻弁当のほうがずっとマシですね。
a0041150_01381237.jpg
回転寿司のほうが美味しいですよ。
a0041150_01380062.jpg
浜松駅に到着してからは、まずは帰りのチケットを準備(笑)。それも大事なことですよ。そして私は楽屋弁当を買いに行きました(笑)。そのあと会場へ。暑かったね。
a0041150_01374876.jpg
ヤマハの鍛治町ホール。私も何度かここではお世話になっています。ステージでレパートリーを試すとまた新たなアイデアも浮かんできて楽しいですね。リハーサルが終わって楽屋弁当。また鰻です。
a0041150_01373942.jpg
そうそう、浜松は大河ドラマの舞台でしたね。浜松は鰻と言いますが、全部が全部美味しいというわけではありません。お店では最近知った「藤田」に行きます。この直虎弁当の鰻はなかなか美味しかったですよ!
a0041150_01372806.jpg
萩原さんの演奏が冴えまくり、プロコフィエフでは本番ならではの充実感、お遊び満点のダマーズも面白かったです。お客さまも大喜びで、毎年ここでプロコフィエフやってください!とリクエストされました(笑)。ライネッケなど前半の内容豊かな曲も、ステージだとより美しく感じますね。心の活力です。

コンサート後はフルートクラブ主催で大宴会。「庄や」さんです。飲まないから普段行かないお店、ランチは食べたことがあるけどあまり戴けなかった。やはり飲み屋の本領は夜でしょ。普段行かないお店なので、目移りしちゃって楽しいね。
a0041150_01371635.jpg
お刺身もあるけど、和洋折衷です。揚げだし豆腐みたいなの?これだけはマズ(笑)、さすがに大量に残りました。見た目良い感じなのになあ。
a0041150_01370573.jpg
a0041150_01365352.jpg
a0041150_01363999.jpg
この時期に牡蠣フライ(笑)、でもこれがなかなか美味しい。味噌カツなどは名古屋が近いから?手羽先もタレ味、これ名古屋風ですよね。
a0041150_01360433.jpg
a0041150_01361414.jpg
a0041150_01362692.jpg
お気に入りは「イイダコ」の唐揚。これ美味しい。あと「ガーリック・ピザ」はチーズ多めで好き。
a0041150_01355485.jpg
a0041150_01354430.jpg
〆は鶏肉の焼きそばで。とても楽しいひと時でした。
a0041150_01353380.jpg
翌日はリハーサルがあったので早朝に東京へ。朝ご飯は浜松の自笑亭の駅弁で。これが不味い!残念!
a0041150_01352082.jpg
自笑亭で美味しいのは「シラス弁当」だと思うのだけど、朝早すぎて売っていなかった。幕の内に「わさび漬け」があるのは嬉しいけど、おかず類はお味が濃くて不味いね。
a0041150_01351025.jpg
リハーサルもサササと終るタイプの人ではないので、全員で疲れちゃった(笑)。リハーサルなんて、お互いの手の内を読ませないために、チャチャッと終えるものだと思うのだけど、それは個人個人のお考えで仕方がない。十人十色、これも面白い。

せめて夜は美味しいものを!ということで新富町の「青葉」さんに行って「鰻」。見るからに違うよ!美味しい!
a0041150_01345121.jpg
a0041150_01350155.jpg
この間の「ナラ≒デキ」見たそうで、職業がばれてしまった。そう言う女将さんも、元は宝塚でガンガンやっていた人だから、お着物姿も実にキレイ。ご主人のワイルドに美味しい鰻と素晴らしいハーモニーだ。
a0041150_01343905.jpg
お嬢ちゃんが折り紙でチュ-リップを折ってくれました(笑)。鰻はバッチリ口直し。そしてこれから最高に忙しい1か月が始まります。まずは成功からスタートできてめでたし!これも皆様の応援のおかげです。萩原さんも私も大感謝です。ありがとうございました。

by masa-hilton | 2017-07-07 23:41 | 日々の出来事

初めて行った3軒

銀座にあるおでんの老舗「お多幸」は前に接待で連れて行ってもらったことがある。ずいぶんお味が濃くてびっくりしたが、さすが深みのある味だったね。このお店は日本橋が本店のようだ。ならばご近所、お出かけしよう。
a0041150_03064115.jpg
老舗、そして人気店なのに行列になっていないのは、4階まであるから(笑)。もちろんお客さんはいっぱい。ここで食べてみたいのは「牛タン」と「トウメシ」。今回は「トウメシ」、これをランチで戴いた。600円ちょっとで大満足だ。
a0041150_03065314.jpg
まさにお味の沁みた豆腐がご飯に乗って、ほど良い感じ。それ以外の言葉はいらない。やはり美味しいね。言ってみれば肉の切り落としのような、おでんのアラ、大根を中心とした煮物もついている。こちらは普通。
a0041150_03070593.jpg
「トウメシ」はマジ旨い。食べるべき逸品だ、安いし(笑)。これは近所なんだからもっと頻繁に行くべきだったな。

横浜の超・有名店「サローネ2007」の支店にあたるカジュアルなイタリアン「ロットチェント」、こちらも恐ろしく評価が高いので視察。割と目立たないね。お店もなんかシンプルで簡単な作り、今どきはこういうのがお洒落なのか?
a0041150_03055327.jpg
本家のほうは高いから美味しくて当たり前、支店の渋谷のバカリ・ダ・ポルタ・ポルテーゼみたいに安くて美味しい感じなら良いなあと思って行ったけど、オステリアとしてもランチメニューも少なかった。パスタは浅草開花楼との共同開発の麵、モチモチだけど私にはあまり意味がない(笑)。まずはゴマがいっぱいのパン、フォカッチャなどが来る。
a0041150_03060526.jpg
確かに素材は良さそうだ。3種類のパスタからはラグーのパスタ、ミートソースに近いからね。つい選んでしまう。
a0041150_03061623.jpg
この香辛料のきき方が苦手。いかにも最近の日本人が喜びそうなテイストだ。そしてこういうのが、私はど真ん中でダメだ。素材も良いしお店の人たちの感じも良いから、好みが合えばオススメなお店だけど、これはたぶん本家のイタリア人もダメだと思う(笑)。もっとシンプルに美味しいのがいいね。デザートはレモンのソルベ、酸っぱいデザートはイタリアンらしくないような(笑)。
a0041150_03063026.jpg
やはり「らしさ」って必要だと思う。再訪はないな。

相撲茶屋みたいな店や飲み屋がつぶれて、裏通りに出来た「なごみ」。関西料理のお店だ。人形町には「なごみや」という庶民的な飲み屋もあるけど、こちらの「なごみ」のほうは、ランチもうどんなどの関西風テイストを崩していない。ややメニューが少ない感じなのが、私には物足らなさがあるけれど、今回は「はも」の小さなコースを戴いた。2800円。
a0041150_03071716.jpg
生きている鱧くんは、やや苦しそうにしているね(笑)。
a0041150_03073066.jpg
先付はうざく。これが美味しい。これでここのお店が大丈夫だとわかりご機嫌。
a0041150_03145059.jpg
「はも」のほうは梅肉などと一緒に刺身風。
a0041150_03074709.jpg
酢味噌和え、これが一番美味しかったかな?
a0041150_03075980.jpg
鍋で、しゃぶしゃぶ風に。
a0041150_03081093.jpg
a0041150_03082185.jpg
天麩羅。関西だから天つゆがない?これがイカン(笑)。関西人の管理人さんは、塩で美味しく頂いているのだからこれは好み。最近は東京人も塩で食べる人が増えているよね、う~ん。
a0041150_03083387.jpg
この店は大将が面白くお話も弾む。お料理もメチャ高くもないし、上手くメニューを扱えば私も通えるお店だと思う。ちょっと少なめご飯だったから、番外編で「ジョナサン」で白桃プリン!安くて旨い!
a0041150_03084876.jpg
今年は果物屋さんで買っても、もう桃が美味しいね。桃とブドウが大好きな私です。

by masa-hilton | 2017-07-04 22:18 | 趣味&グルメ