銀座の新年会

CDのリリースの件もあり、人と会うことが必要なのに年末年始になって押せ押せになってしまう。ということで、新年会になってしまった。CDはヤマハホールでの録音、いろいろサポートもしていただいたヤマハの皆さんとの新年会はお店のすぐ前のイタリアン。と言っても、「イル・ピノーロ」は粗末な感じで懲りたので、今度は「ファビズ」にしてみた。個室のようだし、使い勝手の良さそうな店だなと前から思っていた店。実際、ビストロのようにでてくるものもそれぞれに美味しく、ここは当たりだった。美味しい。

アミューズは立食のパーティのような(笑)。でも何気に美味しい。
a0041150_16440491.jpg
スープのような感触で、イカが中に入って食感も良く。マスカルポーネのティラミス仕立て。お味が良いよね。これはヒット!旨し!
a0041150_16443812.jpg
この2つで十分な気がするけどさらに4つの品が前菜で登場。
a0041150_08162826.jpg
アナゴをごぼうのピューレーとあえたもの、ペコロス(小たまねぎ)白バルサミコノグラッサートハマグリのサフラン煮、サルシッチャを詰めたマッシュルーム、ハマグリのサフラン煮!
a0041150_17025223.jpg
a0041150_08153579.jpg
サラダ、バーニャカウダ風だけど、マヨネーズでシンプルにあえたもの。パスタはボルチーニ茸のクリームソース、これが意外なほど美味しかった。赤ワインソースとのバランスも良い。見た目があまりパッとしないのが欠点かな。でもここまで何を食べても美味しい。大満足だ。
a0041150_08215271.jpg
a0041150_08213414.jpg
メインは黒毛和牛A5のタリアータ。ここまでがボリュームがあったからものすごい量の肉が出てくるかと思ったら、普通だった(笑)。そりゃそうだよね。お味は満足!
a0041150_08220795.jpg
a0041150_08222470.jpg
とても良いお店でした。お皿を工夫し「見た目」が充実したら、もっと喜ばれるだろうね。実際はとても豪華なランチです。地下でちょっと入りにくいですが、また行きますよ。

もう1件の新年会は伊熊よし子さんと。情報交換や食べ歩きでも良くお目にかかっています。今回は新年会にはなってしまったけど、以前から私のお気に入りの「虎夢」さんを紹介したいと思っていたので、待ちに待ったお食事会。いつもの「夢屋銀兵衛・虎夢」さんの夢会席を戴きました。ホントに美味しいよね。

いつもの「夢冠」。「茶碗蒸」にあらず。アルコールを飛ばしたワインと周りはチーズがベース、美味しい。
a0041150_08232347.jpg
蝦夷鹿のロースト、干し柿とゴマ豆腐の白和え、蟹と白菜のムース。
a0041150_08235556.jpg
寄せ鍋にお刺身はタイのぶつ刺。旨し!
a0041150_08242391.jpg
a0041150_08243814.jpg
フォアグラのポアレ!大体好物ばかりだ(笑)。
a0041150_08245317.jpg

海老芋のオランダ煮。オランダ煮ってれっきとした日本のお料理です。大好き。そして定番のジャガイモとキャピアのアイスクリーム。
a0041150_08251197.jpg
a0041150_08252426.jpg
定番の「鴨の治部煮」。大のお気に入り、旨い。
a0041150_08254087.jpg
前回から始まったドライカレー。これは慣れたね。美味しく戴いています。
a0041150_08273568.jpg
デザートは2つ!豪華なんだよね。干し柿のアイスクリーム超旨いです。ここのパフェもお気に入り。
a0041150_08255791.jpg
a0041150_08261673.jpg
演奏家はもちろん自分の意志や考えも必要だけど、人の意見が大事。何しろ他人のために演奏するんだから(笑)、そこをはき違えてはいけないんだよね。ついつい練習とかが充実していると、ア-ティスティックなものは高まるけど、本来の意味を失いがち。でもその「他人のため」という感覚が嫌で演奏やめてしまう人もいる。それもわからないでもないよね。

by masa-hilton | 2018-01-19 11:42 | 趣味&グルメ
<< 月刊「ぶらあぼ」にインタビュー記事 新しいCD「ナゼルの夜」完成品が >>