人気ブログランキング |

で、鮨ばっかり食べてるよ

浜松コンクールでは牛田くんが頑張っているようだ。辻井くんだけじゃ大変だから(笑)スターが出るのは良いことだよ、がんばって~。それで日産のゴーンさん、不謹慎だけど笑っちゃったよ、まだまだお金が欲しいのかってね~(笑)。きっと欲しいんだね。と、そうやってみんな凄いことになっている中、私はひたすら鮨を食べてる(笑)。ま、平和であるっていうのも良いさ。

人形町で寿司といえば「太田鮨」さんで決まり、この癒しの空間で美味しいお寿司をまたパクリ。まずはいつものモズクの酢の物から。
a0041150_17022731.jpg
魚の厚みが違うんだよね。
a0041150_17024041.jpg
a0041150_17025275.jpg
この「イカゲソの粕漬」!!そもそも私が「魚久」のイカゲソを「さし入れ」したことから始まってんだ。裏メニュー筆頭、超旨い。
a0041150_17030598.jpg
この日は珍しく置いてあった「トロ」に「煮はま」。この「煮はま」は看板だよね、これも超旨い。
a0041150_19182258.jpg
「ウニ」も良かった~~、「いくら」乗せで。
a0041150_19174305.jpg
「アナゴ」は日本一。日本橋の穴子屋なんて食べてらんないよ。
a0041150_19184355.jpg
かんぴょう巻は江戸の華。太田さんのかんぴょうの量が芸術の域。ワサビ入れるやつの気が知れない。あ、でもワサビ入れる「てっぽう巻」も私が嫌いなだけで伝統あるものだ。
a0041150_19202282.jpg
さて常連になっているお寿司屋さん、もう1軒は「江戸浜」さん。こちらも旨いよ、常連の皆さんも個性的で楽しい。「真鯛」に「あいなめ」、旨し。
a0041150_19204132.jpg
「大トロ」に「ヒラメ」、美味しいね。こちらは釣り人の大将の目利きがあるから、いろいろな種類の旨い魚が揃う。
a0041150_19205102.jpg
a0041150_19210371.jpg
「江戸浜」さんといえば貝類。「あおやぎ」を焼いてもらったり「サザエのつぼ焼」も美味しい。「ツブ貝」も良いものが置いてある。今回は「アジ」も旨かったなあ。
a0041150_19211368.jpg
こちらは「かまとろ」、美味だよね、イカはスルメで。
a0041150_19212496.jpg
そして同じく「かんぴょう巻」、もちろんワサビなし。同じくもちろん!東京風のお味噌汁も、甘エビ仕立てで美味しいよ。
a0041150_19214945.jpg
お寿司は私はそこまで高級店に出かけていく必要はなく、むしろ楽しく食べられるのが一番。忙しいときは回転寿司だって行きますよ、それもあちこちで。御徒町ならば「大江戸」さんだ。でも何となく好きになれないお店。特別にまずいものもないが平均的な安いお寿司という感じがするからか。その中のネタでは車海老ではないけど大海老!これがお気に入りだ。
a0041150_00233480.jpg
御徒町も行く場合は買い物のついでだ、昔は「かっぱ寿司」というのが細い路地にあって、学生時代よく行ったよ。懐かしい!閉店しちゃって残念だ。

やはり若いころからずっと行ってるのが秋葉原の元祖寿司。昔は石丸電気があって、そこにいっぱい珍品のレコードやCDがあったのだ。便利に使っているが、昔からのファンも多いようだ。「ブリ」などが美味しいがイチオシはマグロの3種盛。
a0041150_00232357.jpg
これで600いくらだったね。というわけで回転寿司に行くと大抵2000円を超える。これがネックだよね。もう少し出せば、普通にお寿司屋さんのランチにありつけるんだから。

そんな中、安くても旨いのが人形町清洲橋通りにある「一徹鮨」さんだ。この前食べたのは上寿司のほうで1.5だから1800円ぐらいしているけど、並は800円ぐらいで並の1.5は1000円ピッタシだ。それがこちら。
a0041150_00360899.jpg
a0041150_00361953.jpg
もちろん並の寿司ネタだけど、ここは魚を「太田鮨」の次ぐらいに厚く切ってくれている。だから、普通に見えるマグロ等も十分に美味しいのだ。味噌汁もデカい!
a0041150_00362901.jpg
この前みたいに上を食べるより、この並のほうがむしろありがたみが深い。上だともっとこうだったら良いとか考えるけど、この並は人形町最安値でありながら、十分に旨いので、よりすばらしく感じる!普段のランチはお客さんでいっぱい。当然のことだと思う。あとこの辺では「おひげ寿司」さんも良いね。また行こうと思っている。

by masa-hilton | 2018-11-23 16:53 | 趣味&グルメ
<< 夜会シリーズ大阪、ノリノリで終了 実はおこもり状態 >>