人気ブログランキング |

月刊「ショパン」12月号では懐かしの再会

a0041150_11242502.jpg月刊「ショパン」12月号はなかなか深い内容だ。特集も切り込んだ感じがあるね。

紙媒体がネットに押されているせいと、なんだかんだクラシック離れの傾向が重なって、昔は厚かった「音楽の友」「レコード芸術」とかも、今や薄い雑誌になっているし、ひょっとするとマニアックなアニメの同人誌にも負けちゃっているかもしれない。その割にはコアな内容にもできないし、苦悩の多い所だろうね。

その点、この「ショパン」は頑張っていると思う。ピアニストがいなくならない限り月刊「ショパン」あり!って感じで心強くもある。でもピアニストは増加の一方だから(笑)。ホントに知らない人がいっぱいいて、それも頼もしいような残酷なような、大変なことには違いない。

今回はピアニストの系譜が特集になっていて、私もチェルニー=ステファンスカ先生の系譜について書いた。ところが、系譜について書くのだと思って、先生のスタイルや芸風のルーツをたどって書いたのだが、他の人は自分の先生との思い出話を書いていて、ありゃりゃになった。1人だけ浮いているではないか(笑)!!個人的には、私はオタクだからね、他の人のも系譜ぽいことをもっと書いてほしかったな、それを読みたかった(笑)。

表紙の上原彩子さん、彼女と最初に会ったときが面白い。彼女が挨拶してくれたセリフが「斎藤さんこんにちは、私も斎藤です!」だった(爆笑)。子育てや演奏活動、すべてをしっかりこなせていて素晴らしいよね。

さて対談は学生時代、一番近くにいて楽しく遊んでいた山城浩一くんをお呼びした。奥さんの三井さんもよく知っている、当時はイケイケのギャルだったね。時のたつのは早い、あっという間だ。最近は訃報も多く、悔いのない余生を送らなくてはと思っているよ。また山城くんは「ショパン」の今や編集長代理になっているカルビーナさんの恩師、ここでも良い懐かしい出会いがあって、楽しいひと時だった。

場所はお気に入りのイタリアン「オーラム」だ。銀座ヤマハのすぐ近くの便利なお店。初めて夜に行ったが、夜のほうが断然美味しい。これは使えるお店だ。メニューは定番なものだが、味がマジに良いんだよ。サーモンやステーキかあ・・・・と思いきや美味しい!普通っぽいけど上手いっていうのは、ピアニストでも価値ある人だ、昔のチッコリーニみたいにね。とても楽しめた。ここは再訪、間違いない!すぐにでも行きたいね。
a0041150_11400102.jpg
a0041150_11400838.jpg
a0041150_11401445.jpg
a0041150_11402060.jpg
a0041150_11402789.jpg
ちょうど時期がハロウィンのころだったからお店もそんな感じで。
a0041150_11403302.jpg
対談は続く。お友達がどんどん登場で、次回は日本一売れっ子の作曲家、沢田完さん。ドクターXの音楽も彼だ!「私失敗しないので」(笑)。

by masa-hilton | 2018-11-29 11:48 | 連載対談@お江戸で連談
<< もう明日からは師走だ 夜会シリーズ大阪、ノリノリで終了 >>