ダニエレ・ザンファルディーノさんのコンサート

次は16日に名古屋のヤマハでコンサートがあるのですが、新しい機種のお披露目ですね。「世界初!一番早いですよ」~なんてヤマハの人におだてられまして(笑)、行ってきます。それを超えるとダニエレ・ザンファルディーノさんがやってきます。チラシにはピアニストの名前がありませんが、私がやることになりました。よろしくお願いいたします。ずらっと名曲を並べましたね(笑)。こりゃ楽しみです。

一般に、通俗名曲をプログラムに並べるのはすごく勇気が要ります。人々の頭の中にあるイメージや思い出が曲とともにあるのですから、そこそこ上手でも不満を言われてしまうし、演奏者側が新しいイメージで上書きしたくてもホロヴィッツほどのランクじゃないとなかなか。そのホロヴィッツが「ショパンのマズルカ1曲のほうがベートーヴェンのソナタよりも難しいんだ。」みたいなことを言っていたと思うのですが、「難曲は練習と時間が行き届いていれば凡人でも何とか形になるけれど、ショパンのメロディひとつでコロリとイカせるのは名人にしかできないんだぞ!」とでも言いたかったのでしょう。あはは、巨匠の一言はキツい!でもその通りで、その「ひと節」で才能のすべてがバレてしまいますよね。

だからザンファルディーノさんは超エライ(笑)!ぜひ期待いたしましょう!楽しそう~!あれ?お手紙にピアノソロ3曲と書いてあるぞ・・・・!ナポリ民謡ばっかりの間に何を弾けば良いんでしょうかね?マジ困ったな・・・・古典的なものも他国の民謡ってわけにもいかないでしょうし。これはご本人がいらして、リハーサルしながら考えるしかなさそうですね(笑)!ではお楽しみに!
a0041150_12369.jpg

by masa-hilton | 2009-05-11 01:29 | コンサート・イヴェント告知
<< 松戸森のホール、斎藤雅広プロデ... 神田といえば「きくかわ」の鰻 >>