人気ブログランキング |

2017年 12月 14日 ( 2 )

ステップのアドバイザー

気が重いピティナのステップ、これのアドバイザーにお出かけ。今回は私の子供のころの師匠・松尾英美先生のご依頼だからお断りするわけにはいけません。なぜ気が重いかというと(笑)、普段営業で「音楽は楽しい」とか言っているのに、楽しみながら舞台に出てくる人を実際に見るとね、これは微妙です(爆笑)。正直に言えば、そういうのは聴いたところでしょうがないんですよね、別物だから。覚悟と悲壮感をもって、締め付けられるような苦しみから絞り出される雫みたいなものでないと。それだって舞台では成功と失敗は半々で明日は我が身だから、偉そうなことは何も言えない。だから、毎日ひたすら身を削っている・・・・それが音楽家だよね。でも達人はそれを超えた喜びが伝わってくる!言ってみれば、人にアドバイスしている場合じゃないってことなんです(笑)。

松尾先生は、私が子供のころ本当に厳しく育ててくださったので、現在の私があるんです。特に田村先生からの厳命で「あのアホにちゃんと基礎を教えろ」ということで、みっちりとやって戴いた。そのことには先生自身は色々反省をされていて、私に一度謝りたいとか盛んにおっしゃっていたが、ちょっと意味不明(笑)。恨んでるとでも思ったのかな?私には感謝の気持ちしかないです。あのぐらい厳しく教えなくてはモノにはなりませんよ。先生とのめぐりあわせは「運」だから、私の運が良かった。先生はあの当時30歳にはなっていないような年齢だったと思うので、今どきの20台と比べたらお話にならない。当時から真面目な気高い人でした。

さすが松尾先生のステップは無駄に長く演奏させないので、審査も無益に疲れることはなくこちらもありがたかった。スタッフのお弟子さんたちも、私の周りには見たことがないような(笑)真面目な女性陣で、これもまた恐縮してしまうほどすばらしい。

人数は多い。池尻パーシモンステーション、いつも大盛況だそうだ。朝早いから京樽で「茶巾寿司」を買っていった。
a0041150_16101079.jpg
場所が用賀中学校ということで、こちらも転校してしまったが通った中学校で懐かしい。だから子供のころ好きだった茶巾寿司にしちゃったのかもしれません。お昼は今半のお弁当。スタッフの人が気を遣って「今日は今半のお弁当ですぅぅぅ!」とかなりありがたやの様子だったのが面白い(笑)。確かに老舗だし、ありがたいのかもしれないけど人形町在住だから(笑)、歩いて2分もかからない「今半」だから(笑)・・・・「あああ、今日は何も食うもんないなあ、仕方ない、今半の弁当にでもするかぁぁ」みたいなノリのものだから、予想外の冷たい対応しちゃったかもだ(笑)。あ~あ!
a0041150_16104243.jpg
a0041150_16105568.jpg
もちろん「金兵衛」の高血圧推進弁当に比べれば美味しく安心(笑)。「金兵衛」じゃなくてホッとしました。間のおやつはアップルパイ。パイ生地がバームクーヘンと合体していました。
a0041150_16112467.jpg
終わってから近所の「木曽路」で先生とご飯。いろいろ楽しいお話を。
a0041150_16114178.jpg
a0041150_16122236.jpg
「木曽路」はあまり行かないけど、チェーン店ながら丁寧な作りでした。
a0041150_16180318.jpg
a0041150_16183498.jpg
a0041150_16190015.jpg
ステップはとにかく拘束時間が長いので本当に疲れてしまうのだけど、今回は大丈夫だった。先生も私が破天荒な性格に成長したのを見て、さぞかし驚かれたことだろう。先生とはまたお会いできることを楽しみにしています。

by masa-hilton | 2017-12-14 13:55 | 日々の出来事

クラシックニュースに出演

日本を代表するプロモーターで、かつてのフォルデス、チェルカスキー、ワイセンベルグ、フランソワ、ホロヴィッツなども手掛けた薮田さんが、演奏家たちのために広報的な活動をされていて、みんなが助けていただいている。

そんな薮田さんのインタビューサイトで新しいCD「ナゼルの夜会」と私の40周年に関する取材動画を撮っていただきました。それがこちら。表紙のサムネイル、ちょっと爆笑しすぎ(笑)。でもこれはユーチューブがセレクトしちゃうらしいんだよね。笑顔が基準なんだろか。

                  

実はこれは撮りなおして2回目。1回目はレストランで行ったんだけど、やはり暗くて雰囲気も悪かったのです。でもそのレストランで撮ったので、何回もお会いしている薮田さんと初めてゆっくりお話ができた。で、懐かしい大演奏家のエピソード、それも全く表に出ていない話ばかり、いっぱい聞くことができました。それは敏腕マネージャーだったんだからこそのお話です。楽しかった。レストランはお友達の淵本さんがやっているイタリアン「イル・プロフーモ」。お友達が経営だし美味しくないはずはないので、しょっちゅう行きたいのだけど普段使いがしにくいレストラン、コースしかないし、どちらかと言えば高い。でも最近シェフが変わり、少し人形町的に譲歩した値段で営業。今度のシェフのほうがワイルド感もあって、私も好み。今後もしっかり利用したいお店だ。
a0041150_13215366.jpg
もちろん素材はピカイチ。新鮮でジューシーですよね。
a0041150_13221627.jpg
何と私の大好きなパッケリ。それをラグーソースの味付け、最高!パッケリの中にお肉を入れた感じで戴く!!これは旨い。
a0041150_13245510.jpg
鶏肉を柔らかく調理したメイン。丁寧だしお味もしっかりしている。デザートも美味しかった。
a0041150_13252635.jpg
でも取材動画的にはNG。2回目は浜町に行くところの緑道で。これがその映像。やはり爆笑が気になるか(笑)。この日は「ぐるとん」さんでオムライス。薮田さんは「オムライス」みたいな昔ながらのものが好きなんだそうだ。それではメンチカツも。
a0041150_13261332.jpg
メンチカツって懐かしいメニューの部類かもだよね。
a0041150_13263899.jpg
オムライスも大変美味しく、お話も面白かった。そんなわけで薮田さんには逆に、私の「ショパン」誌の対談に出ていただくことにしました。

by masa-hilton | 2017-12-14 12:51 | ニュース