2018年 05月 23日 ( 1 )

楽しくにぎやかに

NHKの番組のためにリハーサル。アレンジもあがったので試して、さらに他のレパートリーも検証しないと。というわけで松浦梨沙さんがやってきて、にぎやかに楽しく、良いリハーサルができた。

ロックなイメージの彼女だけれど、一緒にレパートリーを試していると、温かみのあるレパートリーに本領があるようだ。ちょっと意外な感じだけれど、ご本人の実は細やかな優しいお人柄が反映しているのであろう。きっと彼女は円熟のアーティストの道を歩むことができる。そしてキャラクターはとても明るく楽しい。そんな関西人なのでたぶん喜んでくれるかと、関西といえば串揚げ「でらじろう」 だね。
a0041150_16123259.jpg
a0041150_16125493.jpg
東京人が食べても旨い!イイダコは最高!そしてソースの2度漬け禁止(笑)。
a0041150_16132189.jpg
a0041150_16141671.jpg
そしてにぎやかに楽しいと言えば、三舩優子さんがやってきて二人で明治座に行ってきた。「なぜそこに日本人?」という名前の番組があるが「なぜ明治座にこの二人」という感じで、見つかったら爆笑もんだ。いいじゃないの、芝居見物。遊び人の基本だ。

明治座、なかなか行かない場所。入場料も高いし、お食事代も高い。それにもかかわらずこの集客力!!これは凄いね。
a0041150_03143021.jpg
お芝居の方は、やはりお芝居は「芝居」じみていた。我々がイメージしているような「お芝居」、大げさでかたく、やはりこういうものなんだなあと観劇する。でも大女優・山本陽子さんが出てくると空気が一変。そのうまさが最初の一声で伝わる。所作も専門的に型通りにされているのだろうけど、それが芸術の域だ。選ばれて舞台に立てるだけでも大変なことだが、さらに一生懸命そつなく完璧にこなしたとしても、ほとんどそれでは意味がないかもしれないというのは、こちらのジャンルとも通じることだね。
a0041150_03150675.jpg
お弁当は鰻弁当を予約。レストランは何と学食?社食?みたいなところ。名前で用意されていて、すでに冷めている。まあまあの鰻だった。そして幕間の休憩時間に食べるから、よほど早食いでもない限り、完食はできない仕組みになっている。そうなんだ、驚き!
a0041150_03154274.jpg
a0041150_03163907.jpg
だからついつい売店で余計なものも買ってしまう(笑)。やはりここは、お金をふるまう気持ちで来ないといけない場所だ。
a0041150_03171475.jpg
終わって、お気に入りのイギリス風カフェ「タイニー・トリア・ティールーム」で現実的な話を。こちらも楽しかった。いつもながら手作りケーキも美味しく。
a0041150_03174452.jpg
三舩さんとは来年1月関西で3台ピアノのコンサートをやる。もう1人は實川風くんだ。これも楽しみ。

by masa-hilton | 2018-05-23 04:38 | 日々の出来事