2018年 11月 12日 ( 1 )

十分不十分

早速の話、先日伺った浅草の日本一安い鰻(笑)「九寅」に行く。ここは夜11時までやっていて年中無休。これはもう困ったときの「九寅」ということになるね。この前も言ったように異常に鰻が安い。その割には特上2000円はまあまあ。これは駅弁やマーケットの鰻より安いから、この程度でも許せるという範囲ではあるのだけど。でも鰻好きだから通ってしまいそうだ。居酒屋さんだからいろいろメニューがある。
a0041150_11421976.jpg
a0041150_11422887.jpg
そして鰻重も一筋縄ではない。
a0041150_11423793.jpg
今回はワンランク下げて上の鰻重1800円。
a0041150_11424710.jpg
ありゃりゃ。やはりそれなりの大きさ。薄いし。これは残念だ。200円足せば特上というのもスゴイよね!特上にするしかない。というわけで物足らないので「カキフライ」追加。
a0041150_11425642.jpg
これは思い出す!今は無き小林ベーカリーの「カキフライ」。これも割に旨い。多分揚げ物の注文は少ないだろうから、油がきれいなんだよね?おそらく。それとお惣菜では「カキフライ」は油が悪くない限りは、そこそこどこでもOKだったりするのだ。近所のお惣菜はことごとくマズイ「マルエツ」でも「カキフライ」と「たこ焼き」は大丈夫だったりするからね。

さて前回は不十分だったけど、今回は良かったのが「豚一」の串焼き重である「炭火やきとん重」のランチだ。お安くてお味も良いけど、上に乗っている串がお任せ4本なので、ちょっと足らなかったのだけど、今回は2本追加、「なんこつ」「しろ」を加えて6本にしたから、これはもう充実。サイドの小鉢も良いよね、ここは。
a0041150_11434210.jpg
a0041150_11435418.jpg
十分すぎるのが浅草の「葵丸進」の「金龍かきあげ丼」だ。かき揚げデカ過ぎて丼からはみ出して、ハマグリ君みたいなことになっている。
a0041150_11431116.jpg
この風情はなかなか好きだね、ちょっとかわいいし。だが中身は大変だ!凄いんだよね、この「金龍かき揚げ」が。まさに半端ない大きさと厚み。
a0041150_11432100.jpg
写真だとわかりづらいというか美しくないけど(笑)、ご飯までの距離が厚さ5センチぐらいはあるのだ(爆笑)。
a0041150_11433057.jpg
まあ大変なんだけど、昔ながらのお店だから、昔なじみのお爺ちゃんやお婆ちゃんがいっぱい来る店。そしてその人たちはみんな、バリバリ完食しちゃうんだよね。大喝采。そしてまた時々食べたくなるんだよね、恐るべし浅草天丼。

by masa-hilton | 2018-11-12 11:47 | 趣味&グルメ