2019年 02月 04日 ( 1 )

上野の「まんぷく」、ロースカツが凄い

上野はトンカツの激戦地であるけど、知る人ぞ知る名店「まんぷく」にやっと行けた。というのは、行くと閉まっていたり、開いていてもいっぱいで入れなかったりで、結局他店に行ってしまうことになっていた。高級トンカツもあるけど「武蔵野」さん「山家」さんのように、特に「山家」さんはロース定食が750円ということもあって、行列も凄い。

「まんぷく」は昔のかっぱ寿司の近くの、ホントにこんなところに!みたいな場所にあり、当然、お客さんはよく知っての常連が多く、「ご飯ナシの目玉焼きつき」とか注文の仕方も練れている。カウンターだけの8~9席ってとこだ。
a0041150_05000998.jpg
「生姜焼き」や「メンチカツ」も美味しいというが、まずは「カキフライ」。
a0041150_05001982.jpg
ここの「カキフライ」は人形町「三友」さん、かつての「ボントン」と同じ、小さいカキをカキ団子にして出して来る。
a0041150_05002475.jpg
揚げ方のこんがり感が良いね。カキ団子の中ではお味は一番良いかもしれない。

そして「ヒレカツ」は普通だった。いや、普通と言っては失礼過ぎる。お肉の厚さが普通だということで、お味は上野のとんかつ屋さんの中で負けることは全くないだろう。
a0041150_04592597.jpg
良い肉で美味しいが、1400円というおさえた値段、その最上級の感じではある。でもこれはあえてここで食べなくてもと思うのか、頼んでいる人は少ない。やはり「ヒレ」は2500円でも「宇田川」さんがいいかな。というのも「ロースかつ」。逆にこれが凄すぎる。同じ1400円でこれは日本一と言っても良い!!!実際のところ殆どの人が頼んでいる。肉の厚さがそれこそ普通でない!マジ旨い!
a0041150_04594379.jpg
揚げているときに、なんかブロックを揚げているような雰囲気。これは実にすばらしい。厚さが5センチはあるか?美味しいね。大満足。
a0041150_04595017.jpg
やはりカツは厚いのが一番だよね。これは美味しいから、毎日通っちゃうかもだ。まずは全メニュー制覇しないと。

by masa-hilton | 2019-02-04 23:28 | 趣味&グルメ