人気ブログランキング |

2019年 07月 01日 ( 1 )

病気の時は自作でカバー

外食100%と言っても具合が悪くて外に出られないと、自作のメニューになりまする。熱が出ても食欲さえあれば、何でも食べられる。なくても少量にすればよし。

私は蕎麦やそうめん、冷や麦などのゆで方は、付きっきりで行うのですばらしい(笑)。食感だけね。お気に入りの商品もある。例えば「揖保乃糸」も美味しいが、こちらの「小豆島」がお気に入り。
a0041150_16453958.jpg
というように、自作と言ってもインスタント止まり。がんばって、お惣菜にチョイ足しのレベルだ。お得意の「ミートソース」は牛肉のひき肉とマッシュルームを炒めて、「キューピーの缶詰」を一緒に火を通したソース。これが旨い。面白いことに「キューピーの缶詰」でないと美味しくない。でも最近あんまり売ってないんだよね。
a0041150_16585626.jpg
野菜は「ブロッコリー」と「にんにくの芽」が好き。これと豚肉を炒めて、簡単調理の日清などの濃いソースの「太麺の焼きそば」と。この「グリーン焼きそば」は見た目は悪いが、私の自作のものの中ではかなり旨い。
a0041150_16480824.jpg
もちろん牛肉でも旨い。「にんにくの芽」をやめて「いんげん」にしても美味しかった(笑)。ブロッコリーは欠かせない。
a0041150_16504827.jpg
冷凍の「カキ」、そして「にんにくの芽」を炒めて、セブンイレブンの「ナポリタンソース」で水気がなくなるまで炒める「ナポリタン」。カキは大きな「むきエビ」でも。これもいける。
a0041150_16484056.jpg
この「にんにくの芽」がなかなか便利で、冷凍の「お肉ごろごろチャーハン」にさらに「甘めの焼豚」を足して炒めても美味しい感じだ。
a0041150_16491223.jpg
チャーハンは、冷凍の「お肉ごろごろチャーハン」に小さい「むきエビ」を入れて炒めて、型に入れると本格的に見える。
a0041150_16471089.jpg
かた焼きそばの麺を買ってきて、冷凍の「中華丼の具」をかけるのも悪くない。この時は肉よりウィンナーのほうが旨いことが、何回かの試行錯誤の末に発覚!ちょっと見た目は悪いが。
a0041150_16584371.jpg
でもね、病気の時は、洋野菜の冷凍にベーコン入れて炒めたやつとか、このくらいのものだ。思いのほか美味しく、便利でもあるね。
a0041150_16494154.jpg
あとはカップの味噌汁をもとに雑炊を作るとか、その程度。しかし最近は冷凍やレトルトも美味しくなっていて、セブンイレブンのレトルトの「和風ハンバーグ」に冷凍ほうれん草を炒めて敷けば、これは立派なもんだ。非常食としてよい。同じく冷凍のオムライスも食べられないこともない。こちらには冷凍のコロッケなどを添えてみる。
a0041150_16514266.jpg
a0041150_16473581.jpg
セブンはレトルトの牛丼、サバの味噌煮も美味しいよね。ただ冷凍のパスタに関してはファミリーマートのほうが美味しい。1人用のチャーハンも。ものすごく美味しいかどうかは別として、便利だから、チキンライスもファミリーマートのが良い。でもこういう食事は長くは続けられない。

by masa-hilton | 2019-07-01 16:15 | 日々の出来事