人気ブログランキング |

2019年 08月 04日 ( 1 )

備忘録、2018年のムジカルタ音楽祭

日本、毎日暑いですね。ホントに嫌になりますが、これは世界的傾向です。ここんとこ毎年異常気象が続いていますが、2018年!つまり1年前のお話なんですが、フランスのアルザス地方で行われたムジカルタ音楽祭は、ひたすら暑かった。男も女もほとんど裸だよ(笑)。ひたすらアイスクリームや冷えた飲み物を捜し歩きましたね。懐かしい思い出になりました。

このブログでも何回も紹介していますがムジカルタ音楽祭は、来日したこともあるフランスの名ヴァイオリニストであるフランシス・デュゴワさんがひらいたもので、心優しく教養溢れる人柄に、良心的な教授陣と世界各国から優れた演奏家が集い、招かれて夏に開催されています。
a0041150_03012931.jpg
ルーファックというコルマールの隣町がその場所ですが、音楽祭は農業学校を夏の間に借りて、行われるわけです。
a0041150_03013725.jpg
中庭の日陰で練習する人たちも。良い環境ですね。
a0041150_03014524.jpg
ちゃんとしたヤマハなどの楽器がレッスン室に配備されているんですね。ヤマハのピアノが圧倒的に多いのに、ヤマハが後援していなくてベヒシュタインが後援しています(爆笑)。後援しましょうよ、ヤマハさん。
a0041150_03015267.jpg
街の中心に大聖堂があります。雰囲気も良く!
a0041150_03111031.jpg
街のシンボルでもありますね。
a0041150_03104760.jpg
歴史を感じます。
a0041150_03105657.jpg
この中でコンサートがいくつも行われます。私も弾きました。
a0041150_03110321.jpg
生徒たちも音楽祭の最後に演奏します。
a0041150_03015878.jpg
仲良しのアレクサンダー・レジェ教授と。彼には日本からの学生をお世話していただきました。フランス人ならではの繊細な感覚をバッチリ教えてくださったと思います。
a0041150_03020560.jpg
この音楽祭の特徴としては、しょっちゅう日本にも来る、確かに政治力もあるけど金儲け主義みたいな先生たち、これがいない(笑)。大変良心的。純粋に音楽だけを学べる環境ですね。

ルーファックという町は古き良きヨーロッパという感じの田舎町で、これが良いんですよ。鳥の声とか教会の鐘しか聞こえてきません。
a0041150_03150279.jpg
もちろん車は走ってますが、ほとんど歩きです。タクシーが見当たらないし。
a0041150_03140936.jpg
こんな街角ですから、マスネやセブラック、ドビュッシーがふと出てきても違和感がありませんね。
a0041150_03142326.jpg
アルザスの象徴と言えばコウノトリ。本当にいるんですよ、この屋根の上に。
a0041150_05084743.jpg
そして何とムジカルタの会場でも飼って飼育している(笑)。
a0041150_05093745.jpg
この年は暑かったから、コウノトリもしょっちゅう怒って鳴いてました。猫ちゃんも完全にだらけてます(笑)。
a0041150_03152671.jpg
この猫はパン屋さんの猫らしい。いつもいるんですよね。パン屋さん、フランスですから間違いなく美味しい。
a0041150_05061665.jpg
朝5時からやっています。良い感じです。
a0041150_05062923.jpg
そしてソフトクリームの営業もしているんですよ。このバニラアイスはちょっとバナナの味がする(笑)。
a0041150_05064117.jpg
料理はアルザス料理ですから、まずは鍋のベッコフ。旨いけど量が多くて食べきれない。これ東京で食べた時あるんですけど、全然違うというか、パッとしなかったね。本場はこんなに美味しいのに。
a0041150_05102960.jpg
美味しいと言えば、オランジーナもフランスだと旨い。何か輸入するときに、日本では有害物質とされているものが抜かれているらしいのですね。それで味が落ちる(笑)。
a0041150_05112897.jpg
本場だからクレームブリュレも旨い。
a0041150_06022494.jpg
そうそう、フランスだから生肉も食べちゃう。生肉大好き。でも翌日おなかは少しやられる。だから抗生物質を持参で食べに行くんです(笑)。そのくらい旨い。
a0041150_05100989.jpg
あ、これはアルザスの話ではないですね。アルザス料理と言えば豚とか鳥とか蒸したものにサラダが付いてくるようなのもあります。あとはフランス風ピザ、タルトフランベ。これもこちらで戴くとバカ旨ですね。
a0041150_05130832.jpg
a0041150_05095516.jpg
でも大抵、私はレストランではコルドンブルーを食べます。「チキンチーズパン粉焼」みたいなものですね。「コルドンブルー」はお店によって全然違う感じのものが出てくるので、それも面白いんです。
a0041150_05105539.jpg
「トスカーナ」というレストランによく行き、「エスカルゴ」などもあります。お姉さんが抜群のスタイルで颯爽としているのも気にいって、通ってました(笑)。
a0041150_05115994.jpg
大好きなミートソース。日本のレトロな喫茶店系のお味なんですよ、お気に入り。そしてステーキなど。便利に使いました。
a0041150_05114897.jpg
a0041150_05121475.jpg
朝ご飯は毎日決まり。パンとハムが美味しければ全然大丈夫。日本のホテルももっと美味しいパンを置いてほしいですね。
a0041150_05111394.jpg
湧水があり。リスベスというミネラルウォーターもあります。水があるからブドウ畑もあるんでしょうね。裏手は全部ワインのブドウ畑です。
a0041150_03151122.jpg
a0041150_03151892.jpg
ワインはご存知ミュレ。ルーファックのワインなんですね。飲まない私も飲める美味しいワインです。
a0041150_05041518.jpg
a0041150_05043582.jpg
隣町のワインも置いてあります。なんとこれ、スーパーマーケットに安い値段で売ってるんですよね。
a0041150_05044881.jpg
そしてムジカルタの会場もワインセラーがあります。ワインを作っているんですよ。
a0041150_05050382.jpg
私たちはこれを通称でムジカルタワインと呼んでいましたが、これもめちゃめちゃ旨いワインなんです。
a0041150_05055232.jpg
音楽のことだけを考え、見つめ、落ち着いた環境で学べるムジカルタ。さらなる発展を望んでいます。

by masa-hilton | 2019-08-04 02:58 | 海外の活動あれこれ