人気ブログランキング |

カテゴリ:海外の活動あれこれ( 34 )

パリから無事帰りました

無事にパリから帰国しました。音楽祭も楽しく充実して、皆さんに喜んでもらえましたし、中国トランジットのフランスへの旅行もことのほか満足。のんびりといたしました。帰国して仕事は山積みです。何から手をつけていいか、まだ整理がついていませんが、とりあえず荷ほどきは徹夜で完了。旅行の後始末は今日の午前で終えて、アレンジだの練習だの、今度は自分の演奏に関わることにベストを尽くします。

しかし1年にゆっくり外国で時を刻める時期を持てるのは良いことですね。今年はとても涼しかったんですよ。11℃とか13℃とか、それでもお日様が出ると暑いのがヨーロッパ。日本の暑さとはまた種類が違いますね。
a0041150_08534813.jpg
引き続き1つ1つ頑張ります!またよろしくお願いいたします。

by masa-hilton | 2019-08-14 23:56 | 海外の活動あれこれ

備忘録、2018年のムジカルタ音楽祭

日本、毎日暑いですね。ホントに嫌になりますが、これは世界的傾向です。ここんとこ毎年異常気象が続いていますが、2018年!つまり1年前のお話なんですが、フランスのアルザス地方で行われたムジカルタ音楽祭は、ひたすら暑かった。男も女もほとんど裸だよ(笑)。ひたすらアイスクリームや冷えた飲み物を捜し歩きましたね。懐かしい思い出になりました。

このブログでも何回も紹介していますがムジカルタ音楽祭は、来日したこともあるフランスの名ヴァイオリニストであるフランシス・デュゴワさんがひらいたもので、心優しく教養溢れる人柄に、良心的な教授陣と世界各国から優れた演奏家が集い、招かれて夏に開催されています。
a0041150_03012931.jpg
ルーファックというコルマールの隣町がその場所ですが、音楽祭は農業学校を夏の間に借りて、行われるわけです。
a0041150_03013725.jpg
中庭の日陰で練習する人たちも。良い環境ですね。
a0041150_03014524.jpg
ちゃんとしたヤマハなどの楽器がレッスン室に配備されているんですね。ヤマハのピアノが圧倒的に多いのに、ヤマハが後援していなくてベヒシュタインが後援しています(爆笑)。後援しましょうよ、ヤマハさん。
a0041150_03015267.jpg
街の中心に大聖堂があります。雰囲気も良く!
a0041150_03111031.jpg
街のシンボルでもありますね。
a0041150_03104760.jpg
歴史を感じます。
a0041150_03105657.jpg
この中でコンサートがいくつも行われます。私も弾きました。
a0041150_03110321.jpg
生徒たちも音楽祭の最後に演奏します。
a0041150_03015878.jpg
仲良しのアレクサンダー・レジェ教授と。彼には日本からの学生をお世話していただきました。フランス人ならではの繊細な感覚をバッチリ教えてくださったと思います。
a0041150_03020560.jpg
この音楽祭の特徴としては、しょっちゅう日本にも来る、確かに政治力もあるけど金儲け主義みたいな先生たち、これがいない(笑)。大変良心的。純粋に音楽だけを学べる環境ですね。

ルーファックという町は古き良きヨーロッパという感じの田舎町で、これが良いんですよ。鳥の声とか教会の鐘しか聞こえてきません。
a0041150_03150279.jpg
もちろん車は走ってますが、ほとんど歩きです。タクシーが見当たらないし。
a0041150_03140936.jpg
こんな街角ですから、マスネやセブラック、ドビュッシーがふと出てきても違和感がありませんね。
a0041150_03142326.jpg
アルザスの象徴と言えばコウノトリ。本当にいるんですよ、この屋根の上に。
a0041150_05084743.jpg
そして何とムジカルタの会場でも飼って飼育している(笑)。
a0041150_05093745.jpg
この年は暑かったから、コウノトリもしょっちゅう怒って鳴いてました。猫ちゃんも完全にだらけてます(笑)。
a0041150_03152671.jpg
この猫はパン屋さんの猫らしい。いつもいるんですよね。パン屋さん、フランスですから間違いなく美味しい。
a0041150_05061665.jpg
朝5時からやっています。良い感じです。
a0041150_05062923.jpg
そしてソフトクリームの営業もしているんですよ。このバニラアイスはちょっとバナナの味がする(笑)。
a0041150_05064117.jpg
料理はアルザス料理ですから、まずは鍋のベッコフ。旨いけど量が多くて食べきれない。これ東京で食べた時あるんですけど、全然違うというか、パッとしなかったね。本場はこんなに美味しいのに。
a0041150_05102960.jpg
美味しいと言えば、オランジーナもフランスだと旨い。何か輸入するときに、日本では有害物質とされているものが抜かれているらしいのですね。それで味が落ちる(笑)。
a0041150_05112897.jpg
本場だからクレームブリュレも旨い。
a0041150_06022494.jpg
そうそう、フランスだから生肉も食べちゃう。生肉大好き。でも翌日おなかは少しやられる。だから抗生物質を持参で食べに行くんです(笑)。そのくらい旨い。
a0041150_05100989.jpg
あ、これはアルザスの話ではないですね。アルザス料理と言えば豚とか鳥とか蒸したものにサラダが付いてくるようなのもあります。あとはフランス風ピザ、タルトフランベ。これもこちらで戴くとバカ旨ですね。
a0041150_05130832.jpg
a0041150_05095516.jpg
でも大抵、私はレストランではコルドンブルーを食べます。「チキンチーズパン粉焼」みたいなものですね。「コルドンブルー」はお店によって全然違う感じのものが出てくるので、それも面白いんです。
a0041150_05105539.jpg
「トスカーナ」というレストランによく行き、「エスカルゴ」などもあります。お姉さんが抜群のスタイルで颯爽としているのも気にいって、通ってました(笑)。
a0041150_05115994.jpg
大好きなミートソース。日本のレトロな喫茶店系のお味なんですよ、お気に入り。そしてステーキなど。便利に使いました。
a0041150_05114897.jpg
a0041150_05121475.jpg
朝ご飯は毎日決まり。パンとハムが美味しければ全然大丈夫。日本のホテルももっと美味しいパンを置いてほしいですね。
a0041150_05111394.jpg
湧水があり。リスベスというミネラルウォーターもあります。水があるからブドウ畑もあるんでしょうね。裏手は全部ワインのブドウ畑です。
a0041150_03151122.jpg
a0041150_03151892.jpg
ワインはご存知ミュレ。ルーファックのワインなんですね。飲まない私も飲める美味しいワインです。
a0041150_05041518.jpg
a0041150_05043582.jpg
隣町のワインも置いてあります。なんとこれ、スーパーマーケットに安い値段で売ってるんですよね。
a0041150_05044881.jpg
そしてムジカルタの会場もワインセラーがあります。ワインを作っているんですよ。
a0041150_05050382.jpg
私たちはこれを通称でムジカルタワインと呼んでいましたが、これもめちゃめちゃ旨いワインなんです。
a0041150_05055232.jpg
音楽のことだけを考え、見つめ、落ち着いた環境で学べるムジカルタ。さらなる発展を望んでいます。

by masa-hilton | 2019-08-04 02:58 | 海外の活動あれこれ

備忘録 2018フランスへの往復

中国のことを書いたので、中国の飛行機つながりで、去年の備忘録、2018フランスへの旅の行程を(笑)。とにかくボーっとしているから、珍道中なんですよね。ま、さらに面倒くさがりだから自分で飛行機選べるときは羽田発!!
a0041150_07490643.jpg
だって家から車だったら20分!!近い。直行便も疲れるので程よくトランジットができるものと中国南方航空を選んだ。友達には反対されたけど、割と良かった。
a0041150_07491527.jpg
機内食も美味しい。ま、日本からだからね、特に。
a0041150_07492303.jpg
そして広州でトランジット。空港もきれいだ。
a0041150_07493380.jpg
そしてここで中華を食べる。やはりチャーハンは本格的な味だ。初めてのテイストだが旨い!
a0041150_07494722.jpg
a0041150_07494088.jpg
鶏肉も美味しかった。飛行機に再び乗れば、また機内食が出るけど問題なし。朝食はこんな感じだね。ま、これはまあまあ。
a0041150_07495698.jpg
フランス、パリのド・ゴール空港に早朝に着くので、まずはコーヒーね。時間をつぶしているわけです。色々わがまま言ってるから、お兄さんも呆れて笑顔だし。
a0041150_07500774.jpg
ここからTGV、フランスの新幹線に乗ってコルマールへ。この駅も何回も来てるので懐かしい感じもする。
a0041150_07503694.jpg
a0041150_07504485.jpg
駅前のホテル、ここのギャルソンのおじさんと友達なんだよね。だからランチはそこにする。快適!!
a0041150_07520201.jpg
a0041150_07520929.jpg
時間があるからコルマール市内を観光。2017年もこの辺は歩いたから、もう楽しく歩ける。治安も良い感じだし美しい街だ。ただこの時は腰痛が治ったばかりで、ちょいキツかった。
a0041150_07510380.jpg
a0041150_07512138.jpg
a0041150_07511288.jpg
a0041150_07513182.jpg
ここが有名な場所。近くのホテルにはアルゲリッチも泊っている。
a0041150_07505479.jpg

コルマールからは普通列車に乗るんだけど、アルザスの列車だから自転車優先だったり面白いね。
a0041150_07521706.jpg
そして目的地ルーファック!ここで音楽祭を2週間!!
a0041150_08082772.jpg
そのことはまた後日書くとして、帰りも同じルート。コルマールからパリ、ド・ゴール空港に向かう。そういえばこの時はTGVにトラブルがあって、途中駅でずいぶん待たされたよ。ディズニーランド駅で数時間・・・・
a0041150_08110036.jpg
で、夜に着いたので空港近くの、いわゆる空港ホテル?ビジネスみたいなのに泊まって時間調整。でもこのホテルが便利なんだよ。ノマド・ホテル・ロワシー。
a0041150_07522630.jpg
パリ市内は遠いけど交通網がはっきりしているから、私のようなボヤボヤの一人旅でも、ここを基点にすれば迷うことないし(笑)、安いし、食事が朝ご飯も夜ご飯も長い時間ビュッフェで開いていて、前払いでフリー状態。
a0041150_07523203.jpg
a0041150_07523901.jpg
a0041150_07524520.jpg
全然悪くないんだよね。さすがにパンは美味しいし。フルーツも!いつでもどうぞ!って感じ。
a0041150_07525612.jpg
なのでここは定宿の1つにキープ。安心だ。空港まではシャトルバスがあるので、慣れれば楽チンだしね。
a0041150_07530486.jpg
ド・ゴールからまた中国南方航空で広州へ、そして日本に。機内食はなんとなく欧米人向き?
a0041150_07531038.jpg
a0041150_07531778.jpg
もちろん悪くないし、ちょっと中華な味がした。

by masa-hilton | 2019-07-28 07:45 | 海外の活動あれこれ

中国でコンサート(その2)

二日目の夜ですね。この日は宿泊しているお家の人たちの心尽くしの手料理になりました。とにかく魚介類が豊富だから、例のザリガニ君もいるし、シャコも!!
a0041150_00194398.jpg
シャコは身があるやつとないやつがあって、お寿司屋さんって相当頑張って仕事しているんだなあとここで感心。
a0041150_00264226.jpg
あとは名物の「ザリガニ」「海老」。
a0041150_00250801.jpg
辛めの野菜に「なす」。細長いんだね。
a0041150_00270639.jpg
a0041150_00273631.jpg
a0041150_00280998.jpg
もちろん水餃子は忘れずに。
a0041150_00293461.jpg
こうしてみると、塩味のシンプルな食材だけど、皮や殻をむいたりしなきゃないものが多く、明日本番のピアニストはケガをしそうだな…この段階で気づきました(笑)。

次の日は朝、肉まんを食べて、お昼はジャージャー麺を家で。
a0041150_00300913.jpg
サラダに湯葉。
a0041150_00305196.jpg
a0041150_00311081.jpg
ミミガー美味しいね。
a0041150_00350186.jpg
そして渡り蟹の塩ゆで。美味しそうだったけど本番前、指ケガするの心配だったからスルーしました。残念。
a0041150_00352228.jpg
大好きな「あっかんベー」の貝もありました(笑)。
a0041150_00355171.jpg
そしていよいよ本番へ。
              
a0041150_00362294.jpg
中国のサックスプレーヤーとのデュオもあったので、リハーサルをしました。とても好青年で楽しくアンサンブル。
a0041150_00363315.jpg
本番は上手く行きましたよ。終わってから多くの人に取り囲まれて「ぜひレッスンをしてください」とのこと。これはまた来ることになりそうですね。楽しみ!!!
a0041150_00364917.jpeg
打ち上げは大連の中でも1番のカラオケレストランで。豪華でしたね。
a0041150_00381377.jpg
a0041150_00383979.jpg
お料理も豪華。まず大連ではお刺身食べられますが、とても高いんだそうです。
a0041150_00420278.jpg
やはり大連の名物、春雨と貝のアンサンブル。確かに旨い!!
a0041150_00422369.jpg
またシャコがいました。そして海老も旨いですね、料理のアクセントにもなっています。
a0041150_01081453.jpg
a0041150_01010041.jpg
a0041150_00413854.jpg
ミミガー、ここでも旨かったです。肉よりは魚かな?
a0041150_00394661.jpg
a0041150_00400515.jpg
a0041150_01090206.jpg
オードブル的な味付けも違和感がない。キノコも旨かったです。
a0041150_01070126.jpg
a0041150_01125002.jpg
そして水餃子はここでも。一つは中身の餡がサバでできています。これは珍しいですね。
a0041150_01181177.jpg
そして目が合ったらすぐ乾杯。ここでも50回ぐらい乾杯を続け、青島ビールの空き瓶の山。
a0041150_01184954.jpg
皆さんに喜んでいただけて本当に良かったですね。

帰りの日は5時起き、空港で朝ご飯は冷麺を!!これが旨し!やはり北朝鮮も近い立地だから、美味しさのコツがあるのだろうね。
a0041150_01260389.jpg
機内食は魚のフライもどき(笑)。
a0041150_01271032.jpg
往路のときと作り方は一緒だけど、やはりちょっと味が落ちている(笑)。
a0041150_01265328.jpg

by masa-hilton | 2019-07-26 16:38 | 海外の活動あれこれ

中国でコンサート(その1)

ご縁があって中国・大連でコンサートとなりました。中国っていっぱい飛行機あるんですよね、国営でも。ヨーロッパに行く中国南方航空はお気に入りですが、今回は中国国際航空です。まず成田に行きましたよ。けっこう空いてた。
a0041150_14253926.jpg
すぐ機内食が出るという話だったんですが、どんなのかわからないから「すし京辰」。カウンターは高いね。でもそんな良いものが出てくるはずもないと踏んで、お弁当。鰻です。
a0041150_14270556.jpg
1500円。まあ良い方だと思った。で、飛行機はかなりせまい。短い時間だからね、贅沢することもないでしょう。
a0041150_14273991.jpg
CAさんたちは余裕がない感じでしたね、忙しそう(笑)。で、出てきました機内食。和風の幕の内に魚のオイスターソース風な・・・でした。微妙だけど食べられないことはないね。私が若いころの、昔の機内食って不味かったからね。全然いける。
a0041150_14280575.jpg
a0041150_14283564.jpg
そして着きました大連。良い感じ。
a0041150_14291347.jpg
昔の満州、それらしい香りの建物もあるけど、なんか大阪に似てますね。大都会です。
a0041150_14294511.jpg
a0041150_14303710.jpg
a0041150_14310147.jpg
ちょっとピアノ練習させてもらいました。初めて見るピアノ、音色は明るい。マークは中国(笑)。
a0041150_14313430.jpg
a0041150_14321308.jpg
そしてごはんは「牛魔王」。
a0041150_14332985.jpg
このおはし入れの中に、おしぼりやなんかも全部セットされている。
a0041150_14335084.jpg
中国は朝が早くて夜も早く食べちゃうみたい。もちろんラーメンに行ったり夜遊びもできるけど、基本的に晩御飯は早い時間だった。主食は水餃子、もしくは肉まん(笑)。
a0041150_14393032.jpg
テールスープみたいなの、美味しいお味でした。
a0041150_14341670.jpg
あと大連は海が近いから魚介類も豊富。アワビやエビなど、海産物類が美味しいです。
a0041150_15333542.jpg
a0041150_15342644.jpg
味付けはシンプルに塩ゆでが多い。また日本に中国人多いので、味に違和感が少ないですね。人形町の中華も中国本土のような味だったのでした。
a0041150_15352716.jpg
a0041150_15394706.jpg
a0041150_15355804.jpg
茸はよく食べられるらしい、美味しい!
a0041150_15414669.jpg
a0041150_15402702.jpg
ミミガーみたいな豚の部位も美味しいよね。
a0041150_15441362.jpg
小さいザリガニみたいなの、これが特産品らしいですね。
a0041150_15452252.jpg
お気に入りはこの「あっかんべ~」している貝。ハマグリのようでもあり、なんだ????
a0041150_15464460.jpg
a0041150_15460944.jpg
とにかく熱烈歓迎!ありがたい。そして目が合うとすぐ乾杯。もう1回の食事で50回は乾杯するんじゃない?静かには食べられない(爆笑)。青島ビールも70本ぐらいあいた?スゴイスゴイ、毎回だからね。青島ビールは一大産業だね。お部屋も熱烈歓迎の飾り付け。
a0041150_15475990.jpg
a0041150_15484128.jpg
a0041150_15493118.jpg
あたたかいお心尽くしを戴き、感謝。

翌日、朝ご飯に肉まんを戴いて町なかへGO。
a0041150_15503540.jpg
吉野家、ケンタッキー、マックと何でもある。ブランドの店だって。
a0041150_15531868.jpg
そもそも東京の銀座を歩いていたって、きれいな女性だと思うとみんな中国人。富裕層はやはり美しくして闊歩していますよ。お迎えに車で来てくれる普通っぽいおじさんも10億円稼ぐ資産家だそうで(笑)。
a0041150_15544382.jpg
この日のお昼は周主席が大好きなお店だということ。同じようにお箸セットが置いてあります。お皿はビニールでパックしてあり、思わぬところができれい好きなんだね(笑)。
a0041150_15553687.jpg
ふかひれのスープ、特に旨し!!
a0041150_15564558.jpg
いわゆるバンバンジーかな?蒸し鶏も美味しいですよ。
a0041150_15572920.jpg
ここは馴染みがあるというか、日本人向けの味というか、インターナショナルな感じの中華だね。私も好き。
a0041150_15581018.jpg
お馴染みのメニューもあります。鶏カシュー、海老とイカの炒め物、酢豚、角煮だ。
a0041150_15584937.jpg
a0041150_15595598.jpg
a0041150_15592317.jpg
a0041150_16040666.jpg
トウモロコシの粉を使った料理は個性的。
a0041150_16061975.jpg
そして肉まん、水餃子。これを忘れてはいけません。美味しいね。
a0041150_16065754.jpg
この日は温度が高くなりました。暑いね。そんな中、会場視察。立派な音楽院でした。
a0041150_16073421.jpg
その音楽院のホールで、ピアノがビックリのグロトリアン!ドイツのピアノだね。
a0041150_16080932.jpg
グロトリアンはクララ・シューマンが好んだピアノとして知られるが、現代においてはパワー不足。これがホールにあるというのも珍しいですね。ヤマハのほうがずっと良いよ。
a0041150_16083399.jpg
とりあえず大丈夫!暑いけど、それも頑張ろう。
a0041150_16084770.jpg
とても楽しい中国旅行(つづく)

by masa-hilton | 2019-07-24 16:16 | 海外の活動あれこれ

この夏はご一緒にフランス!ムジカルタに

今年、8月1日から10日までフランス・アルザス地方の音楽祭ムジカルタに招聘されました。夏のひと時、アマチュアの人は音楽三昧に、学生さんはスキルアップ、経験値をあげて、先生方はキャリアアップにぜひご一緒しませんか?
a0041150_16241372.jpg
期間中ホテル住まいもとても楽しいですが、寮もあり、寮のほうで過ごせば宿泊・食費・レッスン代を含めて10日間で1050ユーロぐらいです。私とご一緒してくだされば外国人教授レッスンと私のサポート、毎日音楽三昧で忙しい10日間になり、とても充実します。またほかの楽器で行かれる方も是非一声かけてください。何かあれば便宜をはかることができると思います。治安も良く、このように安価で、古きヨーロッパの空気を満喫できますので、おすすめしたい企画です。
a0041150_16250254.jpg
a0041150_16251101.jpg
a0041150_16252572.jpg
a0041150_16253406.jpg
そういえば2年間伺いましたが、詳細レポートはまだ書いていませんでしたね(笑)。4月以降は時間もありますので、ゆっくり備忘録を書きたいと思います。アマチュアも大丈夫ですし、年齢にもうるさくないです。外国不慣れな方はいっしょの飛行機で行きましょう!今ならまだお安いです。

ご興味のあるかたはご遠慮なく!!メールやライン、お待ちしております。

by masa-hilton | 2019-02-13 16:29 | 海外の活動あれこれ

ムジカルタへ、壮行会(笑)

壮行会は大袈裟です。最終打ち合わせ。久々に鰻の「青葉」さんに行きました。値上げは仕方ないですが、美味しかったです。肝焼きも最高なんですよね。
a0041150_02503115.jpg
そして「青葉」、鰻丼ですがこれも豪快で旨いです。大満足!毎日食べたいくらい。
a0041150_02503922.jpg
方向音痴ではないのですが、危険地帯も平気な私。ピアノの本番以外は怖いものはありません(笑)、私の見た目がマフィア感が漂っているのも、そこらあたりの無謀さゆえです。外国へ行く上での注意や空港での迷わない行きかたなどを、管理人さんからご指導を受けました。息子さんの響くんがフランスに入るので、助っ人で訪ねてくれるそうで、すっかり安心しきって終わり(笑)。

そしてこちらはプチ壮行会、打ち合わせで「トーキョー・パスタ」さんです。十分にリーズナブルにやってもらったのに、すごく豪華にしてくださり大感謝。こちらもめっちゃ旨い!!まずはお昼でもおなじみの美味しいサラダ。
a0041150_02505213.jpg
おつまみ風に、パーティー風に小皿がいくつも。
a0041150_02510041.jpg
a0041150_02510844.jpg
お肉もしっかり、味付けも良いね。
a0041150_02511604.jpg
流行りのチーズ、ラクレットのような風味のピザ。これが旨い!
a0041150_02512389.jpg
サービスで出してくれるハムソーセージ。これだけだって十分満足!手作りパンも美味しい。
a0041150_02513146.jpg
a0041150_02513987.jpg
〆は大好きなミートソース!たまらないね。時代的にミートソース好きのほうが少数派かもしれないが、もったいない話だ。
a0041150_02514855.jpg
元気百倍。美味しいものに限ります(笑)!!

by masa-hilton | 2018-07-07 02:45 | 海外の活動あれこれ

短時間の打ち合わせ

音楽祭「ムジカルタ」に行くための打ち合わせ、参加者それぞれや私の関係者などにも。留守をするしその間のこともお願いしないと。といってもなかなか忙しいので短時間の打ち合わせ。

そんな時に便利なのは「トーキョー・パスタ」さん。いつもながらお洒落で気が利いている。いつも宴会でほとんどいっぱいだけど、その人気ぶりも理解できるよね。
a0041150_16131841.jpg
メインのパスタに、ちょっとサイドをつけて短時間。アヒージョも美味しいね。
a0041150_16140451.jpg
ペペロンチーノも良いけど、私はミートソース派!これは最高だよ。
a0041150_16171498.jpg
a0041150_16175962.jpg
話が続いているので、デザート代わりにハム・ソーセージ!これが有難い。そしてとても旨い!
a0041150_16190396.jpg
わがままが言えるのは「江戸浜」さん。年中無休だし、夜遅くにパパっとやるのにも向いている。
a0041150_16202098.jpg
a0041150_16220740.jpg
a0041150_16232459.jpg
a0041150_16253171.jpg
お寿司はもちろん美味しいし。大満足。

お昼間、短時間に、でも大満足の打ち合わせは「宇田川」さんの「トンテキ」だよね。ランチの王様!このポークソテー食べたらもう他所じゃ無理だ!というグレードの高さ。
a0041150_16272880.jpg
横からも見てみよう(笑)!この脂身が上質なゆえにもたれず美味しく戴ける!ホントに旨い!
a0041150_16282084.jpg
こういうお店と仲良しだから普段から幸せ!時間がなくても幸せ~~。

by masa-hilton | 2018-05-25 02:00 | 海外の活動あれこれ

ムジカルタ、着々と

昨年も招かれたフランスの音楽祭「ムジカルタ」。今年も参りますよ。昨年の要綱ですが、日にちを今年の7月26日から8月4日と変えれば中身は一緒です。
a0041150_04041685.jpg
そのことでフルートの萩原貴子さんが来ました。優秀なお弟子さんの松岡さんが参加してくださるとのこと。さっそく打ち合わせを「江戸浜」さんで。
a0041150_03531143.jpg
a0041150_03524174.jpg
やはり「江戸浜」さんは良いね。ここにはアップしていませんが頻繁に行っているのです。
a0041150_03521113.jpg
a0041150_03511185.jpg
a0041150_03514139.jpg
a0041150_03504167.jpg
a0041150_03501143.jpg
意外かもしれないけど、息子さんのダイちゃんのファンです。彼の握りは優しくそして美しい。「大ちゃんなめこ」という大きな「なめこ」でお味噌汁を!
a0041150_04020233.jpg
打ち合わせも無事完了。楽しい夏になると良いですね。

by masa-hilton | 2018-04-13 03:33 | 海外の活動あれこれ

フランス紀行~~ストラスブール その2

前回のレポートから少し間が空きましたが、フランス紀行、ストラスブール滞在の後半をご覧いただきます。

書きましたように前日は大聖堂に大感激!ただ暑いこともあってそれだけで終わってしまった感じでした。ストラスブールと言えば旧市街や水路での舟遊びもできますので、2日目は日曜日で観光客も多いのがネックではありますが、はりきって出かけました。國頭さん親子が美術館をいっぱい見たいという希望もあって、まずは大聖堂のある広場のほうに向かいます。
a0041150_07403283.jpg
大聖堂は今日も気高く!
a0041150_07410944.jpg
多くの人で賑わっていました。
a0041150_07404495.jpg
私たちはマリー・アントワネットも訪れた「ロワン宮殿」目指して歩いていましたが、ここで私が行列を発見。何と日曜日はこの大聖堂にタダで登れる。「これは登らなければ」若い響くん、山が好きな母・管理人さんはお手の物。私も高いところは大好きです。気軽に考えてはいけなかったのですが・・・・(笑)。入り口は側面のほうにあります。
a0041150_07584420.jpg
細いらせん階段をグルグル。一歩一歩、踏みしめて上っていきます。
a0041150_07420301.jpg
ほぼスシ詰め状態ですね。
a0041150_07423963.jpg
管理人さんたち・・・速い。年の差をを感じる。
a0041150_07422831.jpg
というか、もうゼイゼイになり吐きそうになり、ダウン。途中で私は止まってしまいました。そこで休んでいますがスシ詰めなので、後から来た人に「どうぞどうぞ」とジェスチャーで「先に行ってくれ」とお願いします。息が切れて言葉にならないのです。ところが後から来た人が、私よりも年寄りのおばあさんで、おばあさんもゼイゼイヒーヒー「いえいえ、先に行って」とジェスチャーで会話。この二人のパントマイムが「ミスター・ビーン」並みに面白かったらしく、かなり大爆笑され続けました。こういうときに「早く行けよ!」とかイライラする人が一人もいないのが、さすが外国!フランス人ですね。

ということで、ゆっくり上に上がる写真を撮って休み休み行きました。
a0041150_07425787.jpg
a0041150_07430653.jpg
a0041150_07431377.jpg
a0041150_07432164.jpg
a0041150_07432887.jpg
a0041150_07433681.jpg
先に上がった管理人さんたちも、さすがに私が上がって来ないのを心配して途中で待っていたそうなのですが、次々と上がってくるフランス人たちが「おお、下でくたばっていたぞ」「ゆっくり上がっていたぞ」「休んでいたぞ」と伝令のようにみなニコニコ報告してくれてたそうです。フランス人はこういうところが優しくて良いですね、面白い。

上がってしまえばこんな感じ。
a0041150_07434662.jpg
大パノラマですね。世界遺産の旧市街の風景が広がっていきます。
a0041150_07440824.jpg
a0041150_07442501.jpg
a0041150_07435672.jpg
大聖堂の先っぽです(笑)。
a0041150_07443232.jpg
大聖堂、見ると細かくいろいろなものが!
a0041150_07443976.jpg
a0041150_07445255.jpg
ゆっくり休んで降ります。降りるのもひと苦労。上がるときよりは幾分楽ですが、今度は目が回りそうです。
a0041150_07422432.jpg
改めて見上げればやはり高い。
a0041150_07450642.jpg

このときパリに行っても「凱旋門」などは登らないと心に決めたのでした。そしてロワン宮殿に向かいます。こちらは18世紀に司教の住居として建設されたものです。
a0041150_07451584.jpg
a0041150_07452297.jpg
a0041150_07453473.jpg
この中にあるのは、まずは装飾美術館。王の間などと芸術的なコレクション、陶器や金細工なども置かれていますね。
a0041150_07454267.jpg
a0041150_07454922.jpg
a0041150_07460098.jpg
a0041150_07461175.jpg
a0041150_07463338.jpg
a0041150_07462341.jpg
a0041150_07464299.jpg
さらにヨーロッパの名画が歴史とともにジャンル別に展示されています、ストラスブール美術館があります。あ、この絵見たことがある・・・・何だっけなあ・・・・ま、私の知識ではその程度。
a0041150_07471657.jpg
a0041150_07472500.jpg
a0041150_07473627.jpg
a0041150_07474803.jpg
a0041150_07480521.jpg
a0041150_07470708.jpg
a0041150_07465841.jpg
a0041150_07482992.jpg
a0041150_07490218.jpg
a0041150_07484371.jpg
a0041150_07485152.jpg
彫刻類も数多く。
a0041150_07492095.jpg
実際には入れない空間にも絵が飾られています、圧巻ですね。
a0041150_08182823.jpg
見終わると結構お疲れな状況でした。ダメだ~~!それにパリに行く時間も迫っていました。お土産品などをとりあえず物色しますが、これにも時間がかかりますね。
a0041150_07502339.jpg
早々にホテルに戻り荷物をまとめ、ストラスブール駅へ。パリに向かいます。
a0041150_07532202.jpg

ところでストラスブール!ここは当然観光地ですので、お土産品も数多いです。
a0041150_07521826.jpg
クグロフのようなお菓子から、ベッコフ(ポトフ的な料理です)に使う鍋、象徴であるコウノトリのグッツ、民族衣装を着た人形や魔女のグッズ。
a0041150_07523600.jpg
a0041150_07524611.jpg
a0041150_07522794.jpg
あとは特徴あるアルザスのおうちの模型です。
a0041150_07530544.jpg
これは精巧なものからお土産品レベルまで多彩にあり、管理人さんはこれとにらめっこすること1時間、息子の響くんと私はその間お茶をしていました(笑)。彼女は結局買わずに帰りましたが私は買って帰りました。今や我が家には欠かせぬ備品です(笑)。
a0041150_07531529.jpg
民族衣装を着た女の子の人形ともども、私のうちはこうしたがらくたが多いので、違和感なくマッチしています(笑)。ではまた次回につづく!

by masa-hilton | 2017-10-15 06:38 | 海外の活動あれこれ