カテゴリ:趣味&グルメ( 483 )

焼肉も好き

今更だけど、焼肉も好きである。で、中毒性があって、いったん食べ出すと続けて食べたくなる習慣がある。人形町は結構こまごまと焼肉屋さんも多いのだが、「燈花」が閉店なのかビルの建て替えなのか、なくなってしまったので、これ!というお店はない。新規の焼肉屋さんが「トーキョー・パスタ」さんのすぐ近くにできた。「みやもと牧場」、チェーン店ですね、早速ランチに。
a0041150_05324189.jpg
ランチはお店の厨房で焼いたものが出される形式だけど、自分で焼いても良いとのこと。リーズナブル。
a0041150_05324743.jpg
と言うか、リーズナブルなどころか、お昼のランチは2000円で食べ放題というのがあった。こうなると人形町では最安の焼肉と言うことになるね。もう1つ「焼肉105」というお店が、肉大盛りで安いんだけど、こちらはお店がちょっと汚いので、女性は洋服のこともあるから、気軽にはいけない。さらに何を食べても味が濃いので、それが許せるかどうか個人差があると思う。そこへ行くと、こちらの「みやもと牧場」はお洒落な店ではないけど、女性も入りやすいし実際女性客が多かった。
a0041150_05325316.jpg
a0041150_05330055.jpg
さてその食べ放題の内容だけど、ここから選べる。夜と同じだ。まずは「チョレギ・サラダ」とか、「ナムル」を頼んだら「もやし」が来た(笑)。
a0041150_05333263.jpg
a0041150_05333946.jpg
お肉のルールとしては1度に2種類ずつしか頼めない。なのでチョボチョボ頼んでいく。赤身、ロース、ハラミ、カルビ。やはり安いから、切り落としのような肉の感じは仕方がないね。肉を楽しむ満足感はやや低いけど、食べ放題でガンガン行けるから大丈夫。赤身が一番旨いね。カルビはややがっかりな感じだった。
a0041150_05331464.jpg
a0041150_05334978.jpg
a0041150_05332082.jpg
タレは甘さがないけど、ニンニクなども注文できるから味は整う。レバーとミノ。ミノと言うかホルモン系もちょっと落ちる。
a0041150_05342359.jpg
マルチョウにすると普通のホルモンみたいなのが来た。これは良い!大丈夫だけど、一般に言うマルチョウではないよね。
a0041150_05343027.jpg
大人しくお弁当のようなランチを食べている人を尻目に、ボウボウ焼く焼く!!あははは、焼肉はこうでなければ。
a0041150_05343526.jpg
赤身をもう1度。赤身が一番美味しかった。ライスなども食べ放題メニューの中にある(笑)。
a0041150_05345212.jpg
焼肉屋としては微妙な感じだけど、値段が値段だから満足!!でも再訪するかはわからない~(笑)。

そしてこちらはお気に入りの焼肉、「エイジング・ビーフ・ワテラス」に行く。この日は遅ればせながら始めたフェイスブックについて、いろいろ教わりの打ち合わせ。だいぶ理解したよ。お友達を増やすこと、見てもらえることが1番大事となると「お互いに仲良し」という以上に、気を遣ったお付き合いができる性格も必要だ。お互いの情報が洪水のように流れるわけだし、そこで本音を言ってる場合じゃない(笑)。気をつける必要がありそうだ。で、なるほどと思った。ここでのコミュニケーションが主体の人たちならば、我々のような濃い人間関係での言葉は、すぐパワハラ的に感じて当然だ。また耳をふさぐことができないから、内向きに円熟させていくことは難しくなる。人間も付き合いも、ドラマも映画も、そして演奏も「薄い」と感じるのは,この辺りに核がありそうだ。逆に私は他の雑用が忙しく、ブログ同様怠惰なかかわりしか出来ないことを心配していたのだが、ま、それでちょうど良さそう(笑)。どうなることやら、とりあえず肉を食おう!!(笑)

こぎれいなサラダ、キムチ、ナムルだけど、ディープな焼肉屋と同じくらいの美味しさがある。キムチのお味も好き。これがここの良い所。お客さんもいっぱいだ。
a0041150_05312387.jpg
a0041150_05313602.jpg
a0041150_05314344.jpg
肉前菜に続き、タンや、ロースなどすべてが熟成肉。熟成にはあまり興味がない(笑)。普通で良いんだよ。
a0041150_05314934.jpg
a0041150_05315697.jpg
a0041150_05320329.jpg
部位にもこだわっている。肉質が良いので不味いはずもない。
a0041150_05320974.jpg
a0041150_05321653.jpg
ただちょっと量が少ないというか、そういう意味では物足らない。きれいなところは「ワイルドではない」ということだから、それも仕方がない。冷麺はとても旨い!!これは大のお気に入り。
a0041150_05322245.jpg
こちらのお店は絶対再訪あり(笑)、ホルモン系も食べてみないとね。

by masa-hilton | 2019-01-05 23:44 | 趣味&グルメ

やはり「鳥かど家」さんは大満足の鰻

何となくむなしくなってしまって、ぼーっとしてたんだけど、ふっと思いついて、かねてから「鳥かど家」さんに行きたいと言っていた人を思い出し、お誘いして行ってきた。もう、大満足!!

まず鰻高騰のこの時代にこのお安さはあり得ない。そして安くても旨い!1・2を争う旨さなんだから、もうこれは凄いの何の。もちろんそんなことは百も承知です!ってね。

珍味も美味しい。大好きな梅クラゲ。これは外せない!!
a0041150_05181426.jpg
鳥焼き!!これも最高!この美味しい焼き鳥をいただきながら、鰻を待つのが定番。すばらしいのひと言!
a0041150_05174848.jpg
こちらも定番!酢の物に続けて、卵焼きも美味しい。お江戸流の甘い卵焼きだけど、甘すぎず上品に整えられていて、これなら関西人もイケるのでは?
a0041150_05165761.jpg
a0041150_05151479.jpg
大将考案の鰻のテリーヌともいうべき、鰻の「汽車ポッポ」、これも食べるたびに美味しさが増している。濃厚でいながら味わいは上品。
a0041150_05153762.jpg
そして鰻重。大ぶりの鰻、肉厚の鰻、美味しい!これぞ鰻だ~~~~~!
a0041150_05144166.jpg
人形町に支店を出してほしい~~~~(笑)。ホントに大満足。

by masa-hilton | 2018-12-21 23:04 | 趣味&グルメ

人形町で一番美味しい?

「人形町で一番美味しい●●はどこですか?」ってよく聞かれる。私のように偏ってる人間は、自分が気に入ったところにしか行かない。それはすなわち、自分の中では一番美味しいと思っているということになるのかもしれない。

かなり多い質問が「人形町で一番美味しいラーメンは?」で、とにかくラーメンは食べないのでわからないので困る(笑)。札幌や博多に行っても、まずラーメンを食べることがない。好きなのは東京のお醤油系のさっぱりとした鶏スープの、きわめて普通のものだ。昔で言う「日本そば屋のラーメン」みたいなやつ、その系統のワンタンメンなら好きかも。塩ラーメンは嫌い。大体塩が嫌い。お寿司や天麩羅、塩で出されるとうんざりするんだけど(笑)高級店ほどそうだよね。素材の味がわかるからって言うんだけど、私はしょっぱくされて迷惑にしか感じないんだ(笑)。味噌ラーメンやタンタンメンは食べないこともないけど、そんな私が食べる人形町のラーメンは、このブログでも何度も登場する「いし川」の「渡り蟹の内子入り上海蟹味噌ラーメン」だ。この上海蟹の味噌というのに惹かれる。濃そうに見えて、わりとあっさり。ここのメンマがまた好み。崎陽軒のシュウマイ弁当じゃないけど、甘いやつ。好きなので増量し、煮玉子を加える。
a0041150_17251566.jpg
これは旨いよ、よく行きます。「ラーメン嫌い」がすすめるラーメンだからどうなんでしょうね(笑)。私の価値観からいけばもっと大行列になって良いお店だと思っている(笑)。

「カレーで一番おいしい店は?」と聞かれたら迷わない。清洲橋通りの焼鳥屋さん「六ちゃん」の「バターチキンカレー」で決まり。これは美味しい。そして650円だ。と言っても、私は辛いカレーが苦手(笑)。本格的な現地カレーやアジアンテイストなやつも食べない。その上での判断だからどうなんでしょう(笑)。喫茶店の「ロン」のカレーも好きだったが、閉店も時間の問題の休業中。気まぐれに「グリルツカサ」がカレーを作ることともあるけど、いつもあって昼夜同じ値段で食べられるから、カレーは「六ちゃん」だよ。
a0041150_17264255.jpg
マイルドで鶏の旨味が凝縮しているよね。「六ちゃん」は最近ランチメニューが増えて「からあげ丼」「ヅケ丼」もあるということで、これもぜひ試してみなくてはいけない。「親子丼」も美味しいし、ここも私の価値観では大行列になって良いお店(笑)、カラーとしては「カキフライ」の「三友」さんと同じにおいのするお店だ。その数個のカキを団子にした「カキフライ」の「三友」さんを除外すれば、最近のお気に入りの「小春軒」さんの「カキフライ」も、「1粒もの」の「カキフライ」なら1番だと思う。

a0041150_17254550.jpg
大粒、そしてプリッとしていて明らかに他所より美味しい。満足感ということなら「三友」さんにも負けることはない。毎日食べたいなあ!というぐらい。
a0041150_17255641.jpg
「カキバター炒め」も人気だ。同じく大ぶりのカキがもう少し量が増えてやってくる。私も好きだが塩が利いているのでフライのほうを選んでしまう。
a0041150_17292232.jpg
レモンをかけると塩味が薄まって、私には良い感じ。お酒のつまみには最高なのでは?そして何回も言っているけど「エビフライ」は人形町で食べ歩いた結果、「小春軒」が1番になった。いつも注文するからおばちゃんに笑われている。お値段的にも海老の本数からも満足だ。
a0041150_17393756.jpg
ところで肝心の「鰻」だけど、現在の人形町ならば「喜久川」さんにはなるけれど、高くなってしまって、その値段に見合うものと考えると、新橋や銀座になってしまうね。「鰻」だけは人形町から離れてしまっている、残念だ。天ぷらの「中山」、「太田鮨」、「江戸浜」のお鮨などは飽きることなく伺っているので、当然そこには1番と思うものがある。ハンバーグはまちがいなく「ノブレス・オブリージュ 」、ミートソースは当然「トーキョー・パスタ」。私は1番好きな食べ物は「鰻重」だが2番目が「スパゲッティ・ミートソース。子供のころからこればっかり食べていた。だからおふくろさんの味なのだ。
a0041150_17253182.jpg
「トーキョー・パスタ」さんの濃厚で甘めな味はまさに母の味(笑)、これはもうはずせないよね。同じように子供のころによく食べていたものに「かきたまうどん」がある。このブログではおなじみの話だが、関西人の人はほとんど知らないのが面白い。その「かきたまうどん」と「天ぷらそば」なら「東嶋屋」、でも蕎麦全般は「うさぎや」さん。「厚切りのロースカツ」は「冨士㐂」さん、中華はしぼれないけど「エビと卵のチリソース炒め」は「中華厨房・福」になる。そんなこといったらジャンクだけど「六文そば」のゲソだってね!「でらじろう」の串揚げ、「いいだこ」も私の「狙い撃ち」のメニューだね。これらは他所にはないものだ(笑)。もう1つ地味だけど、日比谷線の駅の横にある「ちとせ屋」さんの佃煮「あみ」が大好きだ。マジ旨い!本当はお豆が有名だけど私には佃煮のお店!
a0041150_09033958.jpg
・・・・こんなこと書いていると「マイ・フェイバリット・シングス」が聴こえてきそうだけど、今はあれを聴くと「京都へ行こう」を思い浮かべてしまう人が多いんじゃないかな?よく考えてみると非常に良くないよ(笑)!!別物じゃないか。ホントは嘆かわしい!!と怒らなきゃいけないところだ(笑)。

by masa-hilton | 2018-12-15 11:35 | 趣味&グルメ

親の好みほどあてにならぬ物はない(笑)

前に銀行の両替がひどいことになっていると嘆いたが、それは今も変わらず。おかげさまで、演奏会場のCD販売のお釣り銭の両替に、何回か銀行に通わなければならない。人形町には前は三菱UFJ近くにあったけど、統合されちゃって今は小伝馬町1つ。テクテク歩いていかねばならぬ。ま、ダイエットしなきゃいけないから、このぐらいは楽しく歩こう。諦めた(笑)。

で、銀行の斜め前に「尾張屋」さんというお蕎麦屋さんがある。名前も歴史を感じさせる屋号だけど、このお店も昔からあるところで、ただ小伝馬町の住人である母親が「美味しくない」と言っていたので、一度も行っていなかった。銀行に行きつつ、そういえば母親とは趣味が真逆なことを思い出し「もしや」と思って行ってみたら、全然大丈夫じゃないの(笑)。そう、親の意見ほどあてにならない物はない。大体子供のことを心配して言ってくれるのだから、それに従っていると全然戦さにならない、相手に不戦勝をプレゼントしかねない。また我が家はそれぞれ趣味が濃いので、好みは真逆。こちらがうっかりオススメして後悔したこと山とあり(爆笑)。
a0041150_05063065.jpg
ランチの「尾張屋」さんはまず入り口で食券を買う。これも悪くない。大体もったいぶった蕎麦屋ほど嫌なものはない。普通な普段使いっぽくて美味しい蕎麦屋こそ、蕎麦屋の真髄があるよね。
a0041150_05064816.jpg
夜に来ると「飲み屋」のメニューがいっぱい。これも良いではないか。
a0041150_05065651.jpg
まずは「もり」と天丼のセットにした。これがまた大変お安い。でもお蕎麦はさらしな系のきれいな蕎麦だ。
a0041150_05063886.jpg
ツユはお江戸の濃い味だけど、私はもっと甘めが好き。でも普通ならこれで十分じゃないのかな。天丼も美味しい。これは三食天丼。エビもしっかりとしていて良いではないか。
a0041150_05064331.jpg
別日には「鰻」のセットを戴く。これが1200円くらいだから、鰻はもちろんマーケットで売ってるみたいなサイズだし、鰻屋さんみたいにはいかないけど、タレが不味くないので食べられた。鰻の禁断症状が出たら、安いしまた来ちゃうかもしれない(笑)。
a0041150_05070198.jpg
今回は温かい蕎麦で。さらしな系のお蕎麦は、やはり温かいとやや腰は弱いけど、それは想定内。ツユは温かいとカツオのお味も感じられるようになり、甘さが欲しいとは思わなくなる。天かすは100円増、卵は60円増で入れてくれる。
a0041150_05070709.jpg
厨房から出てこられたお爺さんの貫禄が良さげ。また来よう。あと私の好みでは「かつ丼」と「かきたまうどん」を食べないとね。また「尾張屋」さんだからの「きしめん」にも期待。

by masa-hilton | 2018-12-10 04:01 | 趣味&グルメ

で、鮨ばっかり食べてるよ

浜松コンクールでは牛田くんが頑張っているようだ。辻井くんだけじゃ大変だから(笑)スターが出るのは良いことだよ、がんばって~。それで日産のゴーンさん、不謹慎だけど笑っちゃったよ、まだまだお金が欲しいのかってね~(笑)。きっと欲しいんだね。と、そうやってみんな凄いことになっている中、私はひたすら鮨を食べてる(笑)。ま、平和であるっていうのも良いさ。

人形町で寿司といえば「太田鮨」さんで決まり、この癒しの空間で美味しいお寿司をまたパクリ。まずはいつものモズクの酢の物から。
a0041150_17022731.jpg
魚の厚みが違うんだよね。
a0041150_17024041.jpg
a0041150_17025275.jpg
この「イカゲソの粕漬」!!そもそも私が「魚久」のイカゲソを「さし入れ」したことから始まってんだ。裏メニュー筆頭、超旨い。
a0041150_17030598.jpg
この日は珍しく置いてあった「トロ」に「煮はま」。この「煮はま」は看板だよね、これも超旨い。
a0041150_19182258.jpg
「ウニ」も良かった~~、「いくら」乗せで。
a0041150_19174305.jpg
「アナゴ」は日本一。日本橋の穴子屋なんて食べてらんないよ。
a0041150_19184355.jpg
かんぴょう巻は江戸の華。太田さんのかんぴょうの量が芸術の域。ワサビ入れるやつの気が知れない。あ、でもワサビ入れる「てっぽう巻」も私が嫌いなだけで伝統あるものだ。
a0041150_19202282.jpg
さて常連になっているお寿司屋さん、もう1軒は「江戸浜」さん。こちらも旨いよ、常連の皆さんも個性的で楽しい。「真鯛」に「あいなめ」、旨し。
a0041150_19204132.jpg
「大トロ」に「ヒラメ」、美味しいね。こちらは釣り人の大将の目利きがあるから、いろいろな種類の旨い魚が揃う。
a0041150_19205102.jpg
a0041150_19210371.jpg
「江戸浜」さんといえば貝類。「あおやぎ」を焼いてもらったり「サザエのつぼ焼」も美味しい。「ツブ貝」も良いものが置いてある。今回は「アジ」も旨かったなあ。
a0041150_19211368.jpg
こちらは「かまとろ」、美味だよね、イカはスルメで。
a0041150_19212496.jpg
そして同じく「かんぴょう巻」、もちろんワサビなし。同じくもちろん!東京風のお味噌汁も、甘エビ仕立てで美味しいよ。
a0041150_19214945.jpg
お寿司は私はそこまで高級店に出かけていく必要はなく、むしろ楽しく食べられるのが一番。忙しいときは回転寿司だって行きますよ、それもあちこちで。御徒町ならば「大江戸」さんだ。でも何となく好きになれないお店。特別にまずいものもないが平均的な安いお寿司という感じがするからか。その中のネタでは車海老ではないけど大海老!これがお気に入りだ。
a0041150_00233480.jpg
御徒町も行く場合は買い物のついでだ、昔は「かっぱ寿司」というのが細い路地にあって、学生時代よく行ったよ。懐かしい!閉店しちゃって残念だ。

やはり若いころからずっと行ってるのが秋葉原の元祖寿司。昔は石丸電気があって、そこにいっぱい珍品のレコードやCDがあったのだ。便利に使っているが、昔からのファンも多いようだ。「ブリ」などが美味しいがイチオシはマグロの3種盛。
a0041150_00232357.jpg
これで600いくらだったね。というわけで回転寿司に行くと大抵2000円を超える。これがネックだよね。もう少し出せば、普通にお寿司屋さんのランチにありつけるんだから。

そんな中、安くても旨いのが人形町清洲橋通りにある「一徹鮨」さんだ。この前食べたのは上寿司のほうで1.5だから1800円ぐらいしているけど、並は800円ぐらいで並の1.5は1000円ピッタシだ。それがこちら。
a0041150_00360899.jpg
a0041150_00361953.jpg
もちろん並の寿司ネタだけど、ここは魚を「太田鮨」の次ぐらいに厚く切ってくれている。だから、普通に見えるマグロ等も十分に美味しいのだ。味噌汁もデカい!
a0041150_00362901.jpg
この前みたいに上を食べるより、この並のほうがむしろありがたみが深い。上だともっとこうだったら良いとか考えるけど、この並は人形町最安値でありながら、十分に旨いので、よりすばらしく感じる!普段のランチはお客さんでいっぱい。当然のことだと思う。あとこの辺では「おひげ寿司」さんも良いね。また行こうと思っている。

by masa-hilton | 2018-11-23 16:53 | 趣味&グルメ

新規お店の打ち合わせ

ディレクター氏に誘われて、浅草の「しみいる」という人気のレストランに行く。どちらかというとバルかな。1人なら絶対選択しない店だ。そりゃそうだよ、お酒飲まないんだから(笑)。またこの日は話に集中していてて、お料理の印象が全くなかった。飲むあてには良いメニューかなと思ったけど。
a0041150_03062172.jpg
a0041150_03061493.jpg
a0041150_03063380.jpg
確かにテリーヌは美味しかった。アワビと茸のソテーのほうがもっと好みだったね。
a0041150_03064987.jpg
メインは普通にお肉。シェフの料理の進行がカウンターで全て見れてしまう。食べる前におなか一杯になってしまうね(笑)。
a0041150_03065954.jpg
美味しいけど私は飲まないから、ちょっとメニューが限定している感じで、ここは苦手かもしれない。場所はわかりにくいというか、浅草の奥の方にあり、静か。和テイストな入り口で、まさに最近のお店っぽいね。お料理の質はさすが!ディレクター氏のセレクト、良いお店には間違いないし大人気のようだ。

私は基本的にはアラカルトがいっぱいあって、そこから自由に選べたり、その日の気分で融通が利く、ガチャガチャしたお店が好き。最近はお店が赤字経営にならないように、仕入れを限定して、限られたものしか出さないという店が増えているけど、私は好まないなあ。そんなビクビクしてやるなら店なんかやらなきゃいいのに~とか思って楽しめない。逆にお客さま限定2名とかね(笑)、それも絶対嫌だ~予約とれないし。身内で食べたいなら家で食べた方がいいんじゃないの?みたいな。いろんな輩がいて、たまにはイライラしたり、そういうのが外食の楽しみの一つ。これはただの貧乏性だ(笑)。何よりも、その日何が食べたいか?その日どこに行きたいか?それはその日に決めたいじゃない?できる限り。つまり食べることぐらい、他人の主導権で食べたくないというか、それが基本だと思うんだよね。

仮に限定されていても、メニューがこまごま出てきたり、店の風情が個性的なのは私の好み。そういう意味では和食の「銀座ロビー」はなかなか良かった。お料理も誰が食べても大丈夫という感じで、これはチェーン店の強みでもある。

前菜も色々で楽しい。「クジラのベーコン」「南蛮漬」「子持ち昆布」どれも間違いのない美味しさで良かった。
a0041150_03043076.jpg
それに白子の茶碗蒸し。これが美味しかったね。
a0041150_03043901.jpg
しめサバ。これは昆布でしめたもので美味しい。狭い空間に建っているお店なんだけど、椅子などはゆったりしていて、まさに打ち合わせ向き。いいね。
a0041150_03045688.jpg
さつま揚げはゴボウと蓮根を使ったもので好みだった。目鯛の麹漬け焼、豚の炭火焼きまで、庶民的なメニューな感じではあるけど、私の好み。美味しいしリーズナブルで言うことなし、こちらはまた来ようと思った。
a0041150_03050832.jpg
a0041150_03051732.jpg
a0041150_03052766.jpg
〆はカニの釜めし!
a0041150_03053474.jpg
やはり飲まないからね、飲まなくても楽しめるお店を選んでしまう!ということだよね。

by masa-hilton | 2018-11-14 23:06 | 趣味&グルメ

十分不十分

早速の話、先日伺った浅草の日本一安い鰻(笑)「九寅」に行く。ここは夜11時までやっていて年中無休。これはもう困ったときの「九寅」ということになるね。この前も言ったように異常に鰻が安い。その割には特上2000円はまあまあ。これは駅弁やマーケットの鰻より安いから、この程度でも許せるという範囲ではあるのだけど。でも鰻好きだから通ってしまいそうだ。居酒屋さんだからいろいろメニューがある。
a0041150_11421976.jpg
a0041150_11422887.jpg
そして鰻重も一筋縄ではない。
a0041150_11423793.jpg
今回はワンランク下げて上の鰻重1800円。
a0041150_11424710.jpg
ありゃりゃ。やはりそれなりの大きさ。薄いし。これは残念だ。200円足せば特上というのもスゴイよね!特上にするしかない。というわけで物足らないので「カキフライ」追加。
a0041150_11425642.jpg
これは思い出す!今は無き小林ベーカリーの「カキフライ」。これも割に旨い。多分揚げ物の注文は少ないだろうから、油がきれいなんだよね?おそらく。それとお惣菜では「カキフライ」は油が悪くない限りは、そこそこどこでもOKだったりするのだ。近所のお惣菜はことごとくマズイ「マルエツ」でも「カキフライ」と「たこ焼き」は大丈夫だったりするからね。

さて前回は不十分だったけど、今回は良かったのが「豚一」の串焼き重である「炭火やきとん重」のランチだ。お安くてお味も良いけど、上に乗っている串がお任せ4本なので、ちょっと足らなかったのだけど、今回は2本追加、「なんこつ」「しろ」を加えて6本にしたから、これはもう充実。サイドの小鉢も良いよね、ここは。
a0041150_11434210.jpg
a0041150_11435418.jpg
十分すぎるのが浅草の「葵丸進」の「金龍かきあげ丼」だ。かき揚げデカ過ぎて丼からはみ出して、ハマグリ君みたいなことになっている。
a0041150_11431116.jpg
この風情はなかなか好きだね、ちょっとかわいいし。だが中身は大変だ!凄いんだよね、この「金龍かき揚げ」が。まさに半端ない大きさと厚み。
a0041150_11432100.jpg
写真だとわかりづらいというか美しくないけど(笑)、ご飯までの距離が厚さ5センチぐらいはあるのだ(爆笑)。
a0041150_11433057.jpg
まあ大変なんだけど、昔ながらのお店だから、昔なじみのお爺ちゃんやお婆ちゃんがいっぱい来る店。そしてその人たちはみんな、バリバリ完食しちゃうんだよね。大喝采。そしてまた時々食べたくなるんだよね、恐るべし浅草天丼。

by masa-hilton | 2018-11-12 11:47 | 趣味&グルメ

リハーサルで白金高輪

リハーサルで白金高輪。ポピュラー寄りのリハーサルではアイデアやアレンジを提供しなきゃいけない、その割には制約が多いので、とても時間がかかる。電子ピアノでやらなきゃないのも、情感の純度が落ちそうで気が滅入るところだけど(笑)仕事だから。それを気分的にカバーしてくれるのに十分なものが、仕事前のランチだ。ここに行くと大好きなイタリアン「タランテッラ・ダ・ルイジ」のランチにありつける。これで気分爽快、お仕事もがんばれる(笑)。まずは現地っぽいイタリアな雰囲気が嬉しい。
a0041150_02245039.jpg
とにかく盛りだくさんの前菜が素晴らしい。
a0041150_02241710.jpg
イタリア人も厨房にいることもあってか、日本人的でないアイデアと多彩なお味が楽しめてうれしい。これが毎回楽しみなわけだ。
a0041150_02242228.jpg
a0041150_02244441.jpg
フォカッチャも毎回バリエションがある。
a0041150_02241189.jpg
ランチのメインはパスタ。牛肉とパッケリのトマトソースだ。私はパッケリが大好き。
a0041150_02240588.jpg
デザートも何気ないようでいて、とても美味しい。
a0041150_02235923.jpg
大満足なランチ。そして予想通りに時間がかかったリハーサル。疲れちゃったので、もう1度「タランテッラ・ダ・ルイジ」に行った。「昼も夜もダブルヘッダーで有難うございます。」とお店の人にも喜んでいただけた。
a0041150_02235487.jpg
実はお目当てがあってのことである。昼間来た時にメニューに「メッシが愛したピザ」というのがあって何とも美味しそうに思ったから。
a0041150_02234889.jpg
マラドーナの好きなピザもメニューにあるね。まずはフォカッチャ。これは昼間と同じだ。
a0041150_02234238.jpg
メッシはピザの食べ過ぎで調子が悪くなったそうだが、彼のピザは牛のタリアータとモッツァレラ・チーズによる素朴なピザだった。
a0041150_02233793.jpg
このお店だから当然具材も良く美味しく戴けた。満足満足!

by masa-hilton | 2018-11-10 23:08 | 趣味&グルメ

ちょっとばかし思いを遂げる

以前から気になっていた浅草の鰻屋さん、表通りにあり何といってもその値段がスゴイ!おそらく今どき、日本一安い鰻屋といっても過言ではないかもしれない。店名はネットでは「煙」となっていたけど「九寅」とも書いてある。名刺を戴いたら「九寅(くとら)」とあったので、これに統一しましょう(笑)。
a0041150_03042996.jpg
安いだけあって焼き鳥とハーフになったり、鰻アボガド丼とか不思議なメニューもいっぱい、居酒屋だからアジフライみたいなものもあったりする。
a0041150_03043796.jpg
とりあえず鰻だ。一番高いのを食べてみよう。普段だったら4500円から6000円ぐらいするよね、今だと。
a0041150_03044745.jpg
これが2000円、安い。駅弁より安いしマーケットよりも安かったりする。お味は専門店の鰻の味ではないけど、鮨屋とか和食の店だったらこのぐらいかもしれないし、少なくても居酒屋の鰻よりはイケる。外国人なら十分美味しいっていうだろう。その場で捌いた感じはないけど、柔らかいしタレの味も悪くない。お店の人は中国人だったけど、それもどうでもよい(笑)。たまにはアリじゃないかな、ここは。また絶対行くと思う

そしてこの間からずっと食べたかった美味しい海老フライ。ついにありつく。揚げ物が連敗で参ってたからね(笑)。もちろん人形町内だから「小春軒」。やはり旨かった!エビの厚みが違うし、よそよりはお安めの1400円もうれしいし、スイカで払えるのが面白い。
a0041150_03045542.jpg
少し思いを遂げた感がある。やはり「小春軒」、こまったときは「小春軒」だね。しかし海老フライについては、いつも悩んでるような。あちこちで食べるからいけないのかもね。

by masa-hilton | 2018-11-05 02:57 | 趣味&グルメ

気分転換は美味しいもので

またまた打ち合わせだ。打ち合わせには美味しいもの、頭も回るし楽しいし、これは必然だね。打ち合わせを終えて一人でぶらぶらとお店に入るのも良し。昔から一人で食べるのは慣れている。焼肉だって昔から一人焼肉はお手の物。

上野の「太昌園」のランチにチョコチョコ追加して食べるのは、特にお好み。この日は地方から出てきたヤクザのおじさんに、ずっと「アニキ」とまとわりつかれて(笑)、さらに奢ってくれると言うのを断るのに骨が折れた。前にもそういうことがあったんだよね。
a0041150_07521848.jpg
a0041150_07515954.jpg
a0041150_07513517.jpg
ホルモン、お味が良いよね。
a0041150_07523383.jpg
銀座はもうお庭みたいなもので、大体行くべき店も決まっている。お昼でフレンチとなると「ISHIDA」がお気に入り。アンティークな昔ながらのフレンチで、安定感もあり美味しい。特にパテ、テリーヌは定番だけど、これが昔風な感じのが好きなんだよね。
a0041150_07435464.jpg
スフレに続いて、お魚は濃くなく、良いお味がしみていて大満足。
a0041150_07440101.jpg
a0041150_07440750.jpg
メインは子牛のカツレツにした。
a0041150_07441735.jpg
デザートも選び放題。
a0041150_07443596.jpg
とても使い勝手が良いので、お客さまもいっぱいだ。

プロデューサーの方に教わっていったのが九段下の「あみじゅう」。お母さんの味というか、おばさん3人のキャラも素晴らしい。ちょっと渋すぎる傾向はあるね(笑)、私は飲まないから。飲む人には絶好のお店だ。またわかりにくい場所にある。
a0041150_08055618.jpg
なす、そしてサバの煮つけ。なかなかの濃い味でよろしい。
a0041150_08060380.jpg
a0041150_08061107.jpg
きのこのおひたし、そして湯豆腐。
a0041150_08061866.jpg
a0041150_08062648.jpg
温麺、これがサッパリとしていて良い感じ。
a0041150_08063207.jpg
飲まないから、あとトンカツぐらいは食べられるけど、ダイエットするにはちょうど良いお店だ。

浜町の焼鳥「六ちゃん」も渋くて良いお店。いつもの美味しい、ご飯で皮を作るシューマイ!これは外せない。旨い!
a0041150_07461623.jpg
おしんこに続いて焼き鳥。
a0041150_07463139.jpg
a0041150_07462379.jpg
a0041150_07463911.jpg
やはりたれが美味しいよね。ナンコツ最高!揚げなすの田楽、これもお気に入りだ。メチャ旨い。
a0041150_07464544.jpg
つくねに続いてぎんなん。そして絶品の鶏のスープ。
a0041150_07465485.jpg
a0041150_07470150.jpg
a0041150_07470791.jpg
最後はカレーだ!このカレーがまた大好きなんだよね。
a0041150_07471461.jpg
美味しいものを食べるのは好きだけど、それ以前に身近に美味しいものがあるっていうのがラッキーだね。

by masa-hilton | 2018-10-23 07:38 | 趣味&グルメ