人気ブログランキング |

カテゴリ:日々の出来事( 963 )

病気の時は自作でカバー

外食100%と言っても具合が悪くて外に出られないと、自作のメニューになりまする。熱が出ても食欲さえあれば、何でも食べられる。なくても少量にすればよし。

私は蕎麦やそうめん、冷や麦などのゆで方は、付きっきりで行うのですばらしい(笑)。食感だけね。お気に入りの商品もある。例えば「揖保乃糸」も美味しいが、こちらの「小豆島」がお気に入り。
a0041150_16453958.jpg
というように、自作と言ってもインスタント止まり。がんばって、お惣菜にチョイ足しのレベルだ。お得意の「ミートソース」は牛肉のひき肉とマッシュルームを炒めて、「キューピーの缶詰」を一緒に火を通したソース。これが旨い。面白いことに「キューピーの缶詰」でないと美味しくない。でも最近あんまり売ってないんだよね。
a0041150_16585626.jpg
野菜は「ブロッコリー」と「にんにくの芽」が好き。これと豚肉を炒めて、簡単調理の日清などの濃いソースの「太麺の焼きそば」と。この「グリーン焼きそば」は見た目は悪いが、私の自作のものの中ではかなり旨い。
a0041150_16480824.jpg
もちろん牛肉でも旨い。「にんにくの芽」をやめて「いんげん」にしても美味しかった(笑)。ブロッコリーは欠かせない。
a0041150_16504827.jpg
冷凍の「カキ」、そして「にんにくの芽」を炒めて、セブンイレブンの「ナポリタンソース」で水気がなくなるまで炒める「ナポリタン」。カキは大きな「むきエビ」でも。これもいける。
a0041150_16484056.jpg
この「にんにくの芽」がなかなか便利で、冷凍の「お肉ごろごろチャーハン」にさらに「甘めの焼豚」を足して炒めても美味しい感じだ。
a0041150_16491223.jpg
チャーハンは、冷凍の「お肉ごろごろチャーハン」に小さい「むきエビ」を入れて炒めて、型に入れると本格的に見える。
a0041150_16471089.jpg
かた焼きそばの麺を買ってきて、冷凍の「中華丼の具」をかけるのも悪くない。この時は肉よりウィンナーのほうが旨いことが、何回かの試行錯誤の末に発覚!ちょっと見た目は悪いが。
a0041150_16584371.jpg
でもね、病気の時は、洋野菜の冷凍にベーコン入れて炒めたやつとか、このくらいのものだ。思いのほか美味しく、便利でもあるね。
a0041150_16494154.jpg
あとはカップの味噌汁をもとに雑炊を作るとか、その程度。しかし最近は冷凍やレトルトも美味しくなっていて、セブンイレブンのレトルトの「和風ハンバーグ」に冷凍ほうれん草を炒めて敷けば、これは立派なもんだ。非常食としてよい。同じく冷凍のオムライスも食べられないこともない。こちらには冷凍のコロッケなどを添えてみる。
a0041150_16514266.jpg
a0041150_16473581.jpg
セブンはレトルトの牛丼、サバの味噌煮も美味しいよね。ただ冷凍のパスタに関してはファミリーマートのほうが美味しい。1人用のチャーハンも。ものすごく美味しいかどうかは別として、便利だから、チキンライスもファミリーマートのが良い。でもこういう食事は長くは続けられない。

by masa-hilton | 2019-07-01 16:15 | 日々の出来事

体調が色々

高松へ行って以来、体調が悪くなり、熱が出るのが痛い。お医者さんから薬をもらいすぐ良くはなったけど、バタバタするからまたすぐ悪化。こういうときは「かきたまうどん」、美味しいのは「東嶋屋」さん。
a0041150_07170912.jpg
この濃さも絶妙。そして卵のときかたが上手いから良いんだ。温まるしね。

それで小康状態で宴会へ。評論家の真嶋雄大さんが仕切る某音楽事務所の女子会。私も仲間に入れていただき、お店の選定などで貢献している。今回はここのハンバーグが前から食べたかったので、六本木の「カフェ・ルージュ」へ。お洒落な場所にある店だし、客層が業界チック!美男美女が多いし、フロアの女の子も大変可愛い!!とまあ、3重丸なお店なのだが、立ち退きにあって年内限りということ。寂しいね。前菜は無難ながらも美味しく仕上がっている。
a0041150_07173426.jpg
キッシュも良い感じだ。
a0041150_07175860.jpg
チーズもとても美味しかった。ここで写真を撮り忘れたサラダが来た。
a0041150_07190062.jpg
メインは「飲めるハンバーグ」。要するにフランス風の「ステーク・アッシュ」で肉密度の濃いハンバーグ。すなわち私の好みだ。
a0041150_07192724.jpg
a0041150_07194795.jpg
本当に毎回楽しく過ごさせていただいて、感謝。
a0041150_07120936.jpg
真嶋さんと言えば、お孫さんが誕生された。ハッピーハッピー!おめでとうございます!そしてその誕生を人形町で待機されていたので、お寿司屋さんでお話したり、「冨士㐂」でトンカツなどを。
a0041150_07204763.jpg
このトンカツ300gもあって、写真でもデカそうに見えるけど、実体はこんな骨がついていた!!!
a0041150_07212555.jpg
味はまあまあ(笑)。というのは、もっと厚切りに切って欲しいんだよなあ。ここの職人、何回言っても1口サイズに切るんだよ、それじゃ大きなカツ食べる意味がないって言ってるのに。また体調が悪くなったぜ。

by masa-hilton | 2019-06-28 06:58 | 日々の出来事

高松に行った、今回はついてないぞ

高松に行ってきたけど、今回はついていないことしきり。本体のレッスンは楽しくできたし、皆さんも上手になったし、喜んでいただけたので、仕事はまあまあ上々だろう。これで良しとすべきだ。でも今回は運のツキを感じた(笑)!!

ツキが落ちた最初のきっかけは、やはり自分の甘さだな。先日新規うどん屋さんの「鬼やんま」が結構美味しかったので、以前絶対ダメだと思っていた「谷や」さんも美味しいのではないかと、うっかり行ったのがいけなかった。相性が悪いのは、これは致し方ないモノなんだね。
a0041150_05294510.jpg
ホントに私はダメだよなあ。ミシュランでも評価されたり人気で2号店も出ているから、好きな人も多いし不味いとかそういうことではないと思うけど。好みの問題だが、まず冷たいうどんがぬるい。そしてコシもイマイチのような気がする。
a0041150_05303582.jpg
ちゃんと踏みしめて作っているし、厨房はキビキビ。ま、若い人たちだけど一生懸命作っている。
a0041150_05291666.jpg
天麩羅だって注意深く1つ1つきちんと揚げていた。でも衣が針金のように硬い!!(笑) なぜ?こういうもの?
a0041150_05301088.jpg
良い具材のはずなのだがそれも伝わらなかったし、そもそも油が合わないから胸やけを起こす。超一流店の天麩羅屋さんでも合わないことがあるから、お店のせいではないけど。ま、そんなこんなでこれが四国行きの前日。あははは。

出発の日は、いつもより早起き。何かと事務処理が忙しくて大変なことが多く。これでも色々ヌケヌケで落ち込んでいるくらいだ。そんなこんなで朝は羽田の空弁ではなくて、人形町の「富士そば」で済ませる。最近わりとお気に入りのセットがある。
a0041150_05345094.jpg
お蕎麦まあまあだし、この海老、期待していないせいか悪くなく思う(笑)。油ももたれないしね。そしてバタバタと高松へ。

色々と気を遣ってくれて、私の好きな「焼肉」をセッティングしてくれてたんだけど、ネットで見た感じは絶対嫌いなタイプの焼肉の気配。結構抵抗したんだけど、結局ここに行くことに。「ピコピコ精肉店」だって。ランチのメニューは限定で、中途半端に高級肉。それほどでもないから旨くもない。大体タレが不味いよ。
a0041150_05351443.jpg
さらにホルモンは塩で食えと!タレもないんかい。聞いたら出来ないという。そんなことも出来ないならやめちまえ!!とイカリマックス。
a0041150_05353536.jpg
ひどい目にあった。だから嫌だって言ってるのに。ここは二口三口で撤退した。二度と来たくない大嫌いな店。

で、近くを散策、おなか空いちゃうもんね。で、パン屋さん「ル・レーヴ」。何か良さそうな予感!カフェになっているからここで食べられた。
a0041150_05360318.jpg
カフェと言っても全部セルフ。水道があって手を洗って、トースターで勝手に焼いて・・・みたいな緩さが大好き。
a0041150_05383383.jpg
餃子パンとか、なかなかアイデアが面白く美味しい。
a0041150_05362795.jpg
メロンパンの紅茶味も、意味が解らないけどよろしい(笑)。
a0041150_05365047.jpg
というわけでこちらはお気に入りで満足。また来るよ。夜はお気に入りの「来来餃子館」に行く。以前ここの冷やし中華が美味しいと思ったのだが、これが大外れに。なんだこれは!
a0041150_05390797.jpg
酢がない?いれ忘れ?これは超不味かったなあ。サイドにとった「酢豚」はいつもながら美味しい。
a0041150_05424704.jpg
この酢豚は薄い肉を使ってお菓子のような味わい。これは良かったけど「冷やし」は悪夢の味だった、参った。これじゃおなかが空いちゃうので、高松随一の鰻屋と言われる「南風」へ。これがまた不味くって死にそうな鰻だった。
a0041150_05431456.jpg
もともとそんなには美味しくない店だ。だけど許せるかも?のレベルではあったはず。鰻の高騰でますます貧弱になり、見るからに不味そう。「吉野家」の「ゴミ鰻」に匹敵するほどの激マズとも言える。これを食べていたら鰻嫌いになるだろう。そして高松の人は何とかわいそうなんだろう。こんな不味いモノ食べて「これが鰻だ」などと思っていたら、教育上も良くない(笑)。そして安くもないんだから。こうして悪夢のような1日が終わる、ホントに後味が悪いよな。なので、帰りに「びわ」と「桃」を買う。産地なのか激安。
a0041150_05434140.jpg
「びわ」は期待倒れ。「桃」は季節前だけど、十分に甘くて満足。

さて朝食の目玉焼はそれ用の鉄板みたいなので焼かれているので、美しく焼けていた。まあ合格だ。
a0041150_05445067.jpg
他のおかずは無難。決して満足とまでは言えないけれど、他の「リーガロイヤル」の小汚さと「クレメント」の不味さ、前は良いところもいっぱいあったけど、どんどん質が低下しているのだ。それから考えて「東急イン」は合格。だからわざわざここに泊まっているわけだ。
a0041150_05440650.jpg
おうどんにイカの天麩羅がトッピングできたのは良かった。朝食のうどん等、置きっぱなしなので不味いことも多いけど、ここは割と大丈夫。お味も「谷や」よりマシ(笑)。
a0041150_05442968.jpg
この日のお昼はいつもの「水仙」。私が長らく通って高松で見つけた最初の美味しいお店。それだけのことはあって、いつも激混。他所が不味すぎることもあるけど、確かに「水仙」、やっぱり美味しい。「ウニともずくの酢の物」最高!
a0041150_05451768.jpg
はまちを炙りで戴く。
a0041150_05454269.jpg
定番の天丼。海老も良いしね。
a0041150_05461592.jpg
これは良かったね。落ち着いたよ。

夜は「ムジカルタ」に参加する生徒さんがいたので、橋本先生たちと「グラッチェ」で大のお気に入りの「ビーフカツ」 で宴会。これは旨いんだよ。見るからに美味しそうだし。これもまた高松の数少ない旨いメニューの1つだ。
a0041150_05463721.jpg
a0041150_05465987.jpg
今回はレッスン生が多いので三日在住。レッスンは皆さんそれぞれに上手くなっていった。一応はめでたし。ただ、このレッスン、私としては当たり前の注意しかしていない。ホントはそれ以上のことを伝授することがレッスンだと思うのだけど。いかがなものなんだろう。

もともと音楽はやることは決まっている。確かについつい忘れがちになることを、確認の意味で教えてもらうことも大事かなと思う。それはフー・ツォンがショパンの前奏曲のレッスンをしている動画があるけど、まさにそんな感じ。その情感で弾かねばいけなかったなあと、誰しもが納得することだろう。さらにルフェビュールのレッスンなど、伝統とスタイルの継承を打ち出したレッスン、こういうものが本当に受ける価値のあるレッスンだと思う。でも生徒がどのようなものを持ってくるかで、先生のほうは妥協を強いられることが多いのが、昨今のレッスンだろう。何しろ、理解できない生徒には真意が伝わらず、パワハラ呼ばわりされてしまうので深入りはせず!に限る。

次の朝も、機械的に焼かれる目玉焼はとりあえず美しく。
a0041150_05471910.jpg
変わり映えしないおかずの数々。うどんは飽きてしまった。ま、人生そんなものだ。
a0041150_05475328.jpg
昼は「ミオ・パエーゼ」に行く。ここも高松にしては美味しい創作系のイタリアンのようなスペイン料理のようなお店。ミシュランがついても良いと思うのは、ここだけかもだよね。と、お気に入りなんだけど、できれば夜に行きたい。
a0041150_05481438.jpg
とりあえずカルパッチョも素材も生きて美味しく。ただランチコースはもろもろ選べない。だから夜に行きたいのだけど、例えばペスカトーレが美味しいお店だが、ランチだからあまり嬉しくはない塩パスタが出てくる。あとは無難にサラダだし。
a0041150_05491028.jpg
a0041150_05493760.jpg
メインはフォアグラ。バルサミコ酢のソースで戴く。これは定番で満足。
a0041150_05500043.jpg
a0041150_05502252.jpg
私のような偏ったわがまま人間、ほっといてくれれば、適当に勝手にイライラしてるだけ(笑)。それにしても今回は外れが多くて参った。そのせいではないけど、この後、東京に帰ってから熱を出し、これがまた治ったかと思えば再発といった具合に長びいた。とりあえず高松から帰った夜はまだ元気で、ホッコリとしたく「トーキョー・パスタ」さんへ出かけた。やはり美味しい!そして心が安らぐ。ホントに良いお店だ、幸せだね。
a0041150_05504325.jpg
オニオンリングも大量。そう、ここは少量が出来ないお店(笑)。そこへまたビッグなサラダが出てきて(笑)。そのサラダが美味しいんだよね。おそらく人形町というか、東京でこれだけ美味しいサラダを豊富に食べられる店はここしかない。
a0041150_05510629.jpg
で、東京ミートソース!!大満足。
a0041150_05513258.jpg
これで幸せになって、ツキを戻したと思ったんだけど、この後は発熱。久しぶりに寝込んだのでありました~~。

by masa-hilton | 2019-06-25 11:21 | 日々の出来事

中国へ?

中国で7月にコンサート。これが詳細がまるで分らない(笑)。まあ、中国だから、、、みたいにこちらものんびりしてたんだけど、だんだん日程が近くなってきて、さすがに準備もしないとね。最初は室内楽と言われ、リサイタルと言われ、両方と言われ、日程もまだふわふわり!とにかく、フランスの音楽祭に行く前には帰ってこないと(笑)。

スッキリ決まらないと練習も始めようという気分にならないが、そろそろそうも言ってられない。色々仮定してやっておかないと。そしたら室内楽はサックスと?サックスとは1回だけ共演したことがあるが、知らないレパートリーばかり。まだ弾くかどうかおぼろげながら、これはやむを得ない!と楽譜を銀座に買いに行くと15000円もした(笑)。いずれにしても演奏できるのは楽しみ!!美味しい中華を食べてこよう!

さてこの楽譜を買った日は中華ではなく、いつものように松屋デパートの「宮川」で鰻!!これがまた旨かった!大満足。
a0041150_03180182.jpg
a0041150_03180635.jpg
いいよね、大ぶりの鰻は。やはり鰻は美味しかった!!毎日でも良い。

by masa-hilton | 2019-06-20 03:05 | 日々の出来事

ムジカルタの打ち合わせ

毎年夏に伺うフランス・アルザス地方の音楽祭ムジカルタ。今年も参加者の人に会って事前の打ち合わせをしている。私よりもしっかりしているお嬢さんで(笑)安心した。

ムジカルタ!来月ですけど直前まで募集中。興味のある方はぜひ連絡ください。業者と違うので、できるだけ安く充実プログラムで行けるように、お手伝いしますよ。
a0041150_11222620.jpg
パスタが好きという話なので、とりあえず銀座の「オーラム」にて。前回行ったときは内容が良くなかったんだけど、反省してくれたらしく、メニューも改善されていた。ちなみにコースにしないとパスタやピザで、普通にランチがお安く食べられる。場所もいいし頑張って欲しいレストランなのだ。
a0041150_11194157.jpg
サラダ仕立てもちょっと工夫があって良いね。パスタもサッパリと、美味しかった。
a0041150_11195246.jpg
メインはステーキになって良かった。これなら無難だけど旨い!
a0041150_11200030.jpg
a0041150_11201198.jpg
今年はパリにも滞在しようと思う。フランスにいる人、誰か遊んでくれないかな(笑)。

by masa-hilton | 2019-06-08 11:10 | 日々の出来事

新しいCDリリースの打ち合わせ 

約束通りにすぐ「鳥かど家」さんに!!新しいCDのための打ち合わせで行きました。

新しいCDは今まで「79年のリサイタル」「NHK放送録音セレクション」と続いたアーカイブアルバム、いよいよ今回が最後になります「83年のリサイタル」。ベートーヴェンのピアノソナタ第32番ハ短調作品111とプロコフィエフのピアノソナタ第7番変ロ長調作品83「戦争ソナタ」を中心に、ショパンのアンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズなどが入ったライヴ・アルバム。これも記録用の録音が奇跡的に残っていて、順次データに復元中です。またしっかり告知していきますね。リリースは秋になると思います。

それでその第1回目の打ち合わせなど、「鳥かど家」さん相変わらず旨かったです。まずは鳥焼き!これがまた格別。
a0041150_22121988.jpg
煮こごり、「鳥かど家」さんオリジナル。「汽車ポッポ」、これも食べるたびに美味しくなっていますね。
a0041150_22123021.jpg
それで出ました鰻重。ヘビー級のチャンピオン!!!!
a0041150_22124614.jpg
後ろから撮るとさらに素晴らしい!美味しすぎる!
a0041150_22125919.jpg
そしてこの時代に「鳥かど家」さんは一番安いかもしれない。
a0041150_22135318.jpg
そして一番美味しい(笑)。

by masa-hilton | 2019-06-06 21:43 | 日々の出来事

富士川町ますほ文化ホールでのコンサート

以前に告知した山梨のますほホールでのコンサートも楽しく無事終了。パパス弦楽四重奏団は新しいメンバーだったけれど、以前よりも充実したサウンドを展開、これは芸術鑑賞会としてのコンサートだったけど、シューマンの五重奏から始まり、格式の高い一面もあったから、なお一層良かった。最近はこの手のものも、お楽しみ会みたいに終わることが多いようだ。やはり伝えるべきことは伝えるという筋は必要だと思う。

自由自在に動けるので、前日に池袋の芸術劇場の裏手から大きめの車をレンタルしていくことに。これが午後3時だったので、お昼ご飯は丸井の近辺で何かを探そうと思った。面倒くさいから「ジョナサン」とも思ったけど、階段で地下に降りなければならない。なぜ「ジョナサン」が良かったかというと、ドリンクバーがあって、待つ間を過ごすのはもってこいかなと思ったから(笑)。ふと上を見ると中華、それもドリンクバーがあるよ。で、「東明飯店」に入店した。これが何と池袋では有名な老舗の台湾料理だった。面白そう、そして美味しそうなメニューもあったので、ここは近々再訪してみたい。で、とりあえず食べたのが「冷やし中華」。
a0041150_16461056.jpg
これがまた個性的なお味だ。お醤油基盤だけど、普通のとは違うね。そして麺のほうもツルツルではがなくゴワゴワ。現地っぽいアレだ。これはなかなか良かった。

ゆっくりとしてから待ち合わせ、車で山梨に向かう。2時間ぐらいかな?
a0041150_16461772.jpg
ドライブインではお団子などを食べた。これがおばちゃんに「美味しいよ」とだまされて食べたが、名物に旨い物なし!大したことはないね。日本橋の和菓子屋さんだって全部が全部美味しいってわけじゃないんだから、やはりこういう所でだまされちゃいけない(笑)。そしてますほ文化ホール着。リハーサルも着々。
a0041150_16480110.jpg

今回のパパス弦楽四重奏団はメンバーが随分入れ替わっていて、ヴァイオリンの青山英里香さんは旧知だけど、あとの皆さんは初めまして。演奏はとても安定していてリハーサルもすぐ終わった。ヴィオラを弾いてた中村響子さんは小学校の1年生の時、私が頼まれて企画した東京駅の大丸デパートでのイヴェントに出演してくれていたらしい。ご縁ですね、しかし年月とはなんと恐ろしいことだろう(笑)。ちなみに彼女のヴィオラはとても上手だったが、ヴィオラでソロ曲を弾くのは初めてだったとのこと。

夜はマネージャーさんが博多っ子ということで、近所の博多料理の居酒屋「ごちやの花道」に行く。博多料理とは書いてあるが、博多料理ではなかった。博多風?なところはあるけど、メインの鶏は宮崎だよね。ま、九州料理的というぐらいの感じだけど、とても美味しく戴けて正解。
a0041150_16462708.jpg
先付けでいきなりパリパリサラダが(笑)!そして思いの外これが美味しい。お刺身も海のない山の場所にしては、良い感じだった。ハマチとか特に美味しい。
a0041150_16463539.jpg
博多の鉄鍋餃子ではないけど、博多風な餃子。味は良いし普通に餃子としても旨い。けっこう良いお店かもしれないね。
a0041150_16464324.jpg
宮崎のいわゆる地鶏焼だよね。レア風で、お味も良かった。
a0041150_16465017.jpg
そして「とんぺい焼」。ええ?「とんぺい焼」ってこんなオムレツだったっけ。広島で食べた時は、もっとお好み焼きに近い感じであったけど。でもお味は美味しい。オムレツのお好み焼風味だ。
a0041150_16465994.jpg

さて子供たちのコンサートだから翌日は朝が早い。便利の良い場所のビジネスホテルにして大正解。10時にはシューマンの五重奏を弾かなきゃないんだからね。シーラックパルというこのホテルには朝食が無料でついているらしい。おかずらしきものがあるので、色々とってみるとこんな感じ。パスタなどは不味い。
a0041150_16470746.jpg
だからメインはカレー。カレーに関しては悪くはないと思った。あまりにも普段食べているような、一般家庭の味というか、もしかすると缶詰やレトルトに手を加えただけかもしれないけど、いかにも近所のおばちゃんというような人たちが熱心に働いていたから、おばちゃんの家庭料理のような気もする(笑)。
a0041150_16471733.jpg
目玉焼はないけど、おかずのほうの麻婆豆腐がまあまあだったので、これで麻婆丼にしてみたら、わりとイケる。丸美屋の麻婆豆腐かもしれないが、こちらも一般家庭の味だ。
a0041150_16472441.jpg
ホールに行って調律を待って、あっという間にコンサートは終わる(笑)。二回公演だから合間にお弁当だ。
a0041150_16473371.jpg
とても種類が多くて、これは美味しく戴けた!
a0041150_16474289.jpg
そして二回目も楽しく終わる。昔と違って、子供たちがちゃんと聞いてくれるので、やりやすいしこちらも楽しい。コンサート内容としても、とても良かったと思う。
a0041150_17034349.jpg
帰りは渋滞に巻き込まれたので、そのまま池袋で「東明飯店」再訪にするか迷ったけど、雨が降ってきそうだったのですぐ人形町に帰る。人形町では私の馴染みの中華「京華楼」で、この店では初めての「冷やし中華」を食べる。
a0041150_16474883.jpg
つけ麺風に汁が別。ちょっと味は濃いけど酢も利いていて、好きなタイプの冷やし中華だったのでゴキゲン!。サイドで小皿の「酢豚」480円をつけた。これがまたカリカリ揚がっていて、甘くて私好みだった。
a0041150_16475560.jpg
楽しく良い仕事だったけど、そうは言っても強行軍だったので、この日は酢で癒す!!

by masa-hilton | 2019-06-02 14:06 | 日々の出来事

中華で打ち合わせ

うちにある電子ピアノをどうするか?とか、あとは演奏会などの企画について、それこそ個人的な打ち合わせだ。楽器店のIさんが根っからのラーメン好きと聞いて、果たして「私の大好きな「頤和園」のタンタンメンを何と思うであろうか!」という、これまた密やかな楽しみ企画(笑)。あれはとてもゴマ風味が高く、美味しい!・・・・と思っているのだが。

お気に入りの「頤和園」。中華としては程よくモダンに、美味しいものを出してくれる。焼き物のクラゲなどのオードブルも、好みの味わい。
a0041150_17293892.jpg
ふかひれ、あさり、鶏団子の壺蒸し、これは見るからに美味しいね。今回は当たりのメニューだ。
a0041150_17294679.jpg
土鍋仕立てのイカと野菜のハムユイジャン炒め。ちょっと和の感じで、これもいい感じだ。味が強すぎず弱すぎず、とても美味しい。
a0041150_17295466.jpg
海老のすり身のフリッターに続き、鶏肉のトマトソース仕立て。イタリアンのほうなテイストだけどXOジャンがちゃんと効いているから、これもまた旨い。
a0041150_17300079.jpg
a0041150_17300740.jpg
点心は小籠包。普通に美味しいが何とも上品だ。そしてタンタンメン!
a0041150_17301282.jpg
a0041150_17301983.jpg
I氏は美味しいとは言っていたが、大感激されている感じではなかったなあ(笑)。そっかーー!まろやかすぎるかな?もともと辛いの苦手な私だから、これは違ったかもしれない。でもなかなか個性もあり逸品には違いないのだ。ぜひ皆さんもお試しあれ!!

意外にこうした店ではなく、街中の何気ない店のほうが美味しかったりするよね。特に、ラーメン、日本蕎麦、カレー、トンカツ等々。しかし、私は基本的にラーメンはそれほど思い入れはないから、ここはジャンル違い。これが「冷やし中華」となると、毎日でも食べたいというものになるから、ちょっと好みが偏ってこだわってくる。このブログでもさんざん言ってきたが、子供のころに「銀座アスター」で食べた味がルーツとなっている!!と思っていたのだ!!!が、改めて食べに行くと全然違った。何じゃこりゃ!がっかりだ!
a0041150_17311659.jpg
「銀座アスター」の冷やし!そりゃ2200円するから、具は確かにイイもの使っているし、不味いことはもちろんない。ないけど、薄味で酢のほうもパンチがないんだよ。これは私のルーツではない~~、参った。

というわけで、これは今後も食べることもないだろうよ(笑)。じゃ、ルーツはどこだ?リンリンランラン留園!!留園はもう倒産しちゃったからなあ・・・・ルーツは消えた?では仕方がない。中華厨房「福」に行けば良いね。
a0041150_17342552.jpg
おお、これだこれだ。甘くて酸っぱい!きっと嫌いな人も多いと思うけど。今回は大盛りにしたら、大根おろしが入っていた。味が薄くならないための工夫だろうか、汁が染みて美味しい!大満足!それにしてもだ!この混みようは一体?スゴイな。
a0041150_17343274.jpg
ちょっとブログで宣伝し過ぎたか!いやいやランチタイムは麻婆豆腐定食650円だし、もともと人気満点のお店なのだ。

by masa-hilton | 2019-05-22 17:20 | 日々の出来事

わーい、冷やし中華

今年は嬉しいことに「冷やし中華」の始まりが早かった。いつもは6月ぐらいからだけどね、もう5月頭から始まった。毎年これが始まると、あちこちのお店に行って食べ比べをしちゃうんだけど、今年はちょっと考えが変わった。前にも書いたように人生ももう短いから、無駄な時間は遣わない!最初から好きな&美味しい「冷やし中華」を食べようと、毎年私の好みに近い2軒を狙い撃ち作戦だ。

1軒は清洲橋通りの「中華厨房・福」。ここのはね、甘いんだよね。この甘さが良い!!これがまたなかなかないんですよね、この感じが。本当に美味しい、大満足。
a0041150_04582613.jpg
甘くて酸っぱい。これが私のルーツの味だ。お醤油味がキラキラしている。去年フランスから帰ってきて、一番食べたかったのが、この「福」の冷やしだ。そもそもラーメンはほとんど食べない、でも冷やしなら毎日でも!なのだ。

もう1軒はもちろん「佳華」さんの。こちらは甘さよりは酸っぱさが立っていて、細麺でこれも旨い。大好きだ。
a0041150_04574242.jpg
ランチに行くとチャーハンがついている。以前はこのチャーハンが苦手だったんだけど、最近は美味しい。しっかりとした味が良いね!
a0041150_04575028.jpg
甘いのと酸っぱいのと!今年もこの2軒で決まりだ。あと「京華楼」がどんな冷やしを出すかは楽しみ。

by masa-hilton | 2019-05-18 04:39 | 日々の出来事

未来打ち合わせシリーズ

私の住む中央区、そしてお隣の江東区の活性化について、役割を担える機会をもらえそうだ。地元のために何かができるのは、大変うれしいこと。そのために中央区や江東区のピアノの先生方にもいろいろ場を提供したり、または助けて戴いたりして、これを盛り上げられないかと考えている。

そんな未来的な打ち合わせの第1弾で、友人でもありピティナの實方氏とランチ。色々なお話ができて楽しかった。場所は新丸ビルのフレンチ「ル・レモア」、私のお気に入りだ。ピティナは丸の内でよくオープンなコンサートもやっているのでお馴染みかと思ったら初めてとのこと。
a0041150_03213079.jpg
ムース上になったサラダともいうべき野菜のハーモニーや冷製ポタージュ、さすがに本格的な味わいが嬉しい。
a0041150_03213782.jpg
イタリアンならばカルパッチョだが、サーモンのマリネはやや重で美味しい。
a0041150_03214386.jpg
鶏のコンフィにしたが、全体的にワインを意識する味付けだから、このランチコースはやや塩が強い感じだった。メインは甘いソースのものにした方が良いね、きっと。
a0041150_03214974.jpg
でももちろん大満足。
a0041150_03215502.jpg
そしてイヴェントの話もあって帝国ホテル方面。ちょっと食事は「すしざんまい」ではなく(笑)私の好きなドイツ料理「JSレネップ」へ、久しぶりだ。まずはホワイト・アスパラガス。
a0041150_03220261.jpg
トリッパの煮込み、これは美味しいね。
a0041150_03220704.jpg
ソーセージは欠かせないでしょう。やはり旨い!
a0041150_03221466.jpg
鹿肉のグヤーシュ。このグヤーシュはヨーロッパで戴くのとは全く違うお味だが、日本人向けにやや薄くしてあるかな?お肉と共に美味しい。
a0041150_03221984.jpg
さて打ち合わせだけでなく、すべて実現すると嬉しいのだけど。

by masa-hilton | 2019-05-16 16:12 | 日々の出来事