<   2018年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

まったり会

盟友のフルート萩原貴子さんの息子さんが、見事受験成功!ということでお祝い会をしました。受験はね、ホントに大変だよね。自分のことしか思い出せないわけだけど、それでも嫌だった(笑)。もちろん人生を切り拓くことだから大事だけど、人から審査されるっていうか試されるっていうのは、うれしいことではないよね。試さないでちゃんと信用してくれってさあ(笑)。そうはいかんか、世の中。

打ち上げは「トーキョー・パスタ」さん。温かい家庭的な宴会はピッタリだ。
a0041150_13520015.jpg
色もきれいだし、なんていったってたくさん来るんだよね。美味しいサラダも。
a0041150_13522669.jpg
貝のスープも美味しい。このウィンナーもかわいらしく、優しいマスターの心が伝わります。
a0041150_13524923.jpg
a0041150_13531447.jpg
とにかく夜も昼も満員。賑わってますね。こういうお店が人気なのが人形町の真骨頂だと思う。
a0041150_13533505.jpg
この盛り合わせで、けっこうおなか一杯になってきているけど、さらにチーズが旨い!!ピザというよりはチーズ!いい感じだ。
a0041150_13540128.jpg
いつもはミートソースだけど、クリームパスタも美味しい。
a0041150_13542681.jpg
「トーキョー・パスタ」さん。いつもコンサートにいらしてくれて、家族のように温かい。人形町にいるとこういう嬉しいおつきあいができる。萩原さんも大満足!

人形町と言えばい天麩羅の「中山」さん。まさにお江戸なお店だが、最近、若旦那と食べ歩きに行くことがある。今回はお茶の水にある「エイジング・ビーフ・ワテラス」。とても使いやすい私のお気に入りの焼肉屋さんの1つだ。まず小ぎれいだし。サイドの漬物・野菜なども旨いのだ。
a0041150_13551028.jpg
a0041150_13553385.jpg
上質なお肉を、適度にあっさり適度にガッツリ!お味が良いんだよね。
a0041150_13560428.jpg
a0041150_13562909.jpg
そしてこの冷麺が大好き!!何度でも食べに行きたい。
a0041150_13565753.jpg
次は「東京イカセンター」に行きたいということで(笑)、さらに盛りあがりました。

by masa-hilton | 2018-03-15 13:24 | 趣味&グルメ

NHKベスト・オブ・クラシックの公開収録

チェリストの新倉瞳さんの伴奏で、NHKの公開収録をしてきました。新倉さん、非常に純度の高い演奏をする、私が常に高く評価している演奏家です。一緒に演奏できるのは楽しい。肝心の番組はミューズの弾くドビュッシーということで、若くて美しい女性たちを集めた企画。伴奏は誰でも良いとはいえ、私のようなおじさん(笑)、おまけに男1人でした!それも良いではないですか(笑)。

で、男1人ということもあってか、私には個室がありました。ここでのんびり。ちなみに私のお隣にはMayJさんでした。
a0041150_00230470.jpg
割と早い時間に入ってリハーサル。待ち時間がたっぷりあって、まずは食堂でお寿司。よく見ると大した肴は乗っていません(笑)。でもなんかきれいだし!安くて美味しい社内食堂です。
a0041150_00221893.jpg
演奏は夜の7時半ぐらいが本番でしたが、とても楽しく演奏できました。新倉さんも絶好調です。
a0041150_00252535.jpg
めでたしめでたしで記念撮影。やはりおじさんは一人だ。放送は30日です。
a0041150_00240812.jpg
新倉さんはまた海外に帰られるそうです。次の共演を楽しみに。
a0041150_00253848.jpg
家に帰ったら、結構遅い時間でした。夜中のファミレスかなあ~~ということで、サイゼリヤに行ってしまいました(笑)。
a0041150_00263869.jpg
でも私この大きなサラミの乗ったピザは結構好きですね。頑張っていますよ、ファミレス。
a0041150_00265859.jpg
a0041150_00271999.jpg
ステーキを戴いてホッと一息。演奏は気が抜けません、一生そうなんでしょうね。

by masa-hilton | 2018-03-13 00:05 | 日々の出来事

2018 ロゼコンクールの予選

毎年恒例の富士市のロゼシアターでのピアノコンクール「ロゼコンクール」の審査に行ってきました。
a0041150_23541348.jpg
今年は参加人数が少ないうえに、レベル的にもどうか?という感じがあり、大学生以上の部は二つとも4人しか選べませんでした。上手下手とかいう問題以前に、ちゃんとした下仕事と言いますか、基礎の部分が全然作りこめていない感じの人が多かったようです。時間がなかったのかな?ミスしたり、いろいろ支障があるのは誰にでもあることですが、根本の部分だけはちゃんとしてないと、このコンクールでどうこうより先々が心配ですよね。

最近はパワハラだのなんだので、先生たちの腰が引けてしまっているというか、生徒さんたちがそんな感じならば(笑)まともには教えてあーげない!という先生も多いようですね。ちゃんと教えられてない生徒さんがどんどん増えるかもですね~。困ったことです。それも仕方がないのかもしれません。人前で弾くというのも「四月は君の嘘」のような、気持ちの問題だけでは解決できません(笑)。

審査は朝から。朝は新幹線で牛肉弁当!これがまたイマイチです。
a0041150_23522217.jpg
お昼は地元の駅弁の幕の内。お弁当三昧です。
a0041150_23531372.jpg
また帰りが新幹線が停電を起こして止まってしまいました。待っている我々も疲れるけど、閉じ込められている人もお気の毒。この写真の新幹線は駅で臨時停車している新幹線。2時間ぐらい止まってました。
a0041150_23543518.jpg
2~3時間の遅れですかね、ようやくきた新幹線はギュウギュウ詰めでしたね。グリーン車で少しは避難できましたが大変なことでした。そんなこんなで夜も駅弁になってしまいました。新富士駅の駅弁の「牛肉弁当」。
a0041150_00011059.jpg
朝と同じようなものを食べてしまいました。こちら、東京のよりは良かったです(笑)。

by masa-hilton | 2018-03-11 23:30 | 日々の出来事

山野楽器でのイベントは大成功にて

月刊「ショパン」と山野楽器のコラボ企画 のコンサート、かなり大々的に告知をしていただきましたこの演奏企画も、皆さんに大変喜ばれて大成功で終わりました。ホッとしました。

当初「絶対いくからね」と言っていた友人の25人は殆ど来なくて(笑)、新しいお客さまで賑わいました。この方が実はありがたいことです。感謝いたします。もともと無料でコンサートをやる会場として有名な場所なので、そういう場所で有料コンサートって、たとえ小規模であっても難しいんですよね。本当にお越しいただいて厚く御礼申し上げます。山野楽器の方々からも「いつもと違う音色がした」と興味を持っていただいて(笑)、それも嬉しい。

終了後はピアノの解体ショーです。私はてっきり調律の方がリードされて、私は相槌を打つ程度だと思っていたのですが、なんと私主導でした!!!いやいや、それはちょっと・・・(笑)。
a0041150_15512918.jpg
ま、いつものように適当なことを言って(笑)
a0041150_15493227.jpg
けっこうウケたので良し!としましょう。ちょっと焦ったけど、大丈夫でした。この日は、3日後のNHKの公開収録のリハーサルを夜、新倉瞳さんとやることになっていましたのであわただしく帰宅!大変です。リハーサルも無事に終わって、一息ついて「龍盛菜館」に行って「エビチリの定食」「春巻」を食べました。
a0041150_15533369.jpg
a0041150_15540009.jpg
実は「エビチリ」あまり美味しくない。美味しくないけど、ちょっと味が濃くて、何しろニンニクが強めなので疲れているときは結構食べたくなります。というわけで、オススメではありませんが、私は食べることがあるメニューです。コンサートの前後は忙しいから、結構ワイルドなものになります。ランチが5時近くまである東日本橋の焼肉の「南大門」で前日はランチ。
a0041150_15502286.jpg
a0041150_15504517.jpg
レバーも追加。
a0041150_15495702.jpg
お安いし、量も多くできるので割と重宝しています。夜は急ぎ「マンチーズ・バーガー」でチキンの照り焼!これは安くて旨い!そしてお手軽!お手軽のなのが大事なんです。
a0041150_15560823.jpg
こんなバタバタも楽しいですね。

by masa-hilton | 2018-03-10 23:31 | 日々の出来事

月刊「音楽現代」4月号で

月刊「音楽現代」4月号で私のCD「ナゼルの夜会」が推薦盤になりました。またここに書かれた批評は、かなり深く聞いてくださった上で褒めてくださっているので、とてもうれしく思いました。引き続き頑張ります!!
a0041150_02215303.jpg
6月には名古屋で関連のコンサートがあります。また告知いたしますね。

by masa-hilton | 2018-03-09 02:18 | ニュース

季刊誌「ピアノの本」で「ナゼルの夜会」が紹介されています

季刊誌「ピアノの本」、楽器店で手に入るフリーペーパーの雑誌ですが、こちらで私のCD「ナゼルの夜会」が紹介されています。
a0041150_02115701.jpg
「ピアノの本」2018年3月号No257です。本当にありがたく感謝いたしております。ぜひご覧ください。

by masa-hilton | 2018-03-08 02:09 | ニュース

高松に行ってきました、また牡蠣三昧

2月の末ですが、また高松に行ってきました。いつものように羽田で空弁。新しいのを買ってみましたが不味いですね(笑)。銀座「福ひろ」の「玉ちらし寿司」です。
a0041150_01290010.jpg
お店に行けば美味しいのかな?この卵焼もこれで「東京玉ちらし寿司」って、そのお江戸が泣きますね。甘さとコクがないです。
a0041150_01291764.jpg
そしてこの卵の下にある具の貧弱なこと。まるでゴミのように小さく悲しい・・・お値段の問題があるのでしょうけど、もっと大きくなりませんかね~~。残念。
a0041150_01293410.jpg
これを途中であきらめて、こちらを購入!
a0041150_01371805.jpg
こちらもイマイチ!ううう。
a0041150_01373532.jpg
見るからにいけません。やはり空弁はロクなものがありませんね、駅弁もそうですが。お金がもったいなかった。またこの日は飛行機のお客さんもあつかましい感じの方が多く(笑)、居心地が悪かったね。もう少し他人に対する遠慮というものが必要だと思う。で、高松到着。

楽しみにしていた「牡蠣焼き」のお店は予約が取れなかったけど、いつもの「水仙」で「牡蠣焼」をやってもらった。やはり美味しいよね。これでゴキゲン復活。
a0041150_01415180.jpg
a0041150_01422254.jpg
a0041150_01425468.jpg
a0041150_01433081.jpg
a0041150_01440110.jpg
美味しい牡蠣ですよ!お安いし!幸せだ。あっという間に20個ぐらい食べられちゃいますね。でもこの日は「天麩羅の定食」を頼みましたので、牡蠣はほどほどに。
a0041150_01444715.jpg
この海老がプリプリしていて美味しいんですよね。
a0041150_01451709.jpg
レッスンは皆さんそれぞれに。ピアノは難しい。丁寧に時間をかけて・・・・ですね。

夜ご飯は久しぶりに「グラッチェ」に行きました。このお店も高松ではお気に入りのお店の1つ。ここの「ビーフカツ」はメチャ旨い。最近「牛カツ」ブームですが(おまけにあっさり系)、こういうのが本当に旨い「ビーフカツ」だと言いたい。
a0041150_01455754.jpg
美味しかったよ~~。「グラッチェ」は本当に良いお店だ。翌日もお昼は水仙。徳島のお弟子さんの加林さんが、私が今年も行くアルザスの講習会「ムジカルタ」に参加することになったので、その打ち合わせもかねて3人で。でも牡蠣だよ!!
a0041150_01491471.jpg
a0041150_01484213.jpg
a0041150_01472226.jpg
a0041150_01481326.jpg
美味しい。そしてメインは「天丼」とお刺身のセット。定番でいつも美味しい。
a0041150_01465301.jpg
a0041150_01494508.jpg
また「いいだこ」の天麩羅も!なんてったって産地だからね!旨いよ!
a0041150_01501637.jpg
牡蠣のおかげでゴキゲンの高松でした(笑)。そして皆さん、ぜひ「ムジカルタ」ご一緒しましょう!楽しくて充実していますよ。また告知いたします。

by masa-hilton | 2018-03-07 01:27 | 日々の出来事

月刊「ショパン」3月号は間近に迫ったイベント号

a0041150_00404206.jpg3月号の「ショパン」は表紙を開くとビックリ!!私のイベントのチラシがそのまま1面に掲載されていました。1ページ目ですよ!最初はチラシが挟み込まれているのかな?などと思いましたが、全然違いました。これは目立ちますね。ありがとうございました。

海外の若手ピアニストの特集、いやあいろんな人がいますね。あまり知らなくて(演奏をです)これは勉強不足かなあ?とか。いや、まだ聞く必要もないかなあ?とか。いろいろ考えさせられます。中にトリフォノフとかがいたのがまた意外な感じ。彼はかなり先を走っているんじゃないですかね?次世代の一流どころという感じがしますね。特にデビューしたころは、才能が光っていたように思います。最近の演奏は、個性的というよりは恣意的になってしまって、正直楽しめません。悩んでいるのか、例えばカティアとかも個性的過ぎて伝統とは外れているのに人気者ですから、そういう人たちと競合するには、この恣意的な路線なのかなあ?彼らを聴いた後だと、例えばキーシンだってある意味正当な演奏をする人ではないですが、だいぶ正当に聴こえてきますものね。

でも、絶対に伝統音楽ですから、何年かして残っている人は正当的な要素を持っている人ですよ。フランソワとか評論家は個性的と呼ぶけど、彼は実はフランス的なピアノ奏法の様式の継承者です。そこには説得力が生きてきますね。

さて今回の対談は日本で最も正統的なショパンが弾ける人、楊麗貞さんでした。何と対談した日が東京のすべてが止まった大雪の日です。でも我々運が良いので、全然影響もなく楽しくお話ができました。

場所は銀座の和食「香季庵」。リーズナブルに美味しく食べられる穴場なんです。とても良いんです、お気に入り!
a0041150_01040998.jpg
お洒落なお店にふさわしく出てくるものも気が利いています。まずはナマ湯葉と豆乳の濃厚ロワイヤル。
a0041150_01015815.jpg
サーモンと豆腐の冷菜。これがなかなか良いお味。
a0041150_01021064.jpg
バーニャカウダソースによる野菜。
a0041150_01022621.jpg
鮮魚のカルパッチョ。昆布醤油がスプレーしてあります(笑)。
a0041150_01024737.jpg
牛肉のステーキ。全体的に見た目にも美しい、気持ちの良いコースですね。
a0041150_01030462.jpg
ここでカレイの天麩羅が!
a0041150_01031824.jpg
〆は炊き込みごはん。そしてデザート!メッセージも書いてもらいました。
a0041150_01033624.jpg
a0041150_01035206.jpg
とても美味しかったです。また行きたいお店ですね。次回はクラシックニュースの主宰、薮田益資さんです。お楽しみに。

by masa-hilton | 2018-03-05 00:39 | 連載対談@お江戸で連談

web「音遊人」の「ライターの眼」で掲載されました!そして季刊誌「音遊人」にも

Web音遊人の伊熊よし子さんの「ライターの眼」で大きく取り上げていただきました。特別にインタビューがあったわけではありませんが、CDを制作するときにご相談にも乗って戴いたので、インタビューしたかのように私の思いを書いてくださっています。ぜひぜひご覧くださいますように、お願いいたします。


そして季刊誌「音遊人」2018年春号でもCD「ナゼルの夜会」が紹介されています。
a0041150_01371016.jpg
こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

by masa-hilton | 2018-03-04 01:28 | ニュース

ゴールデンウィークは福山のばら音楽祭にフル出演です

今年のゴールデンウィークは、よく伺っている福山にて音楽祭に出演します。ばら音楽祭ということで、バラの町福山を象徴する大きな音楽祭です。

こちらではピアノも弾きますが、総合司会から街角司会まで(笑)、「ピーターと狼」のナレーションにも初挑戦いたしますよ。ぜひぜひお楽しみになさってくださいね。
a0041150_01461822.jpg
a0041150_01463108.jpg
演奏のほうはおなじみの名ヴァイオリニストのシン・ヒョンスさんとの共演、若手のフルーティスト、マチルド・カルデリーニさんとの共演も!とても楽しみです!

by masa-hilton | 2018-03-02 01:42 | コンサート・イヴェント告知