人気ブログランキング |

おい、人形町遅すぎないかい

日比谷線の「人形町」駅、工事していて不便なんですよ。でもよく見たら
a0041150_05090929.jpg
おいおい、オリンピック終えても2年先までやるんかい?何だ?早く作れよ(笑)。テナントでもめてる?明治座さんの注文?またいろんな噂が(笑)。

# by masa-hilton | 2019-02-05 22:06 | 日々の出来事

上野の「まんぷく」、ロースカツが凄い

上野はトンカツの激戦地であるけど、知る人ぞ知る名店「まんぷく」にやっと行けた。というのは、行くと閉まっていたり、開いていてもいっぱいで入れなかったりで、結局他店に行ってしまうことになっていた。高級トンカツもあるけど「武蔵野」さん「山家」さんのように、特に「山家」さんはロース定食が750円ということもあって、行列も凄い。

「まんぷく」は昔のかっぱ寿司の近くの、ホントにこんなところに!みたいな場所にあり、当然、お客さんはよく知っての常連が多く、「ご飯ナシの目玉焼きつき」とか注文の仕方も練れている。カウンターだけの8~9席ってとこだ。
a0041150_05000998.jpg
「生姜焼き」や「メンチカツ」も美味しいというが、まずは「カキフライ」。
a0041150_05001982.jpg
ここの「カキフライ」は人形町「三友」さん、かつての「ボントン」と同じ、小さいカキをカキ団子にして出して来る。
a0041150_05002475.jpg
揚げ方のこんがり感が良いね。カキ団子の中ではお味は一番良いかもしれない。

そして「ヒレカツ」は普通だった。いや、普通と言っては失礼過ぎる。お肉の厚さが普通だということで、お味は上野のとんかつ屋さんの中で負けることは全くないだろう。
a0041150_04592597.jpg
良い肉で美味しいが、1400円というおさえた値段、その最上級の感じである。これはあえてここで食べなくてもと思うのか、頼んでいる人は少ない。やはり「ヒレ」は2500円でも「宇田川」さんがいいよね、これは動かせない。ただ「ロースかつ」。これは凄すぎる。1400円という値段ではこれは日本一と言っても良い!!!この値段でこのカツは絶対に食べられない。実際のところ殆どの人が頼んでいる。肉の厚さがそれこそ普通でない!マジ旨い!
a0041150_04594379.jpg
揚げているときに、なんかブロックを揚げているような雰囲気。これは実にすばらしい。厚さが5センチはあるか?美味しいね。大満足。
a0041150_04595017.jpg
やはりカツは厚いのが一番だよね。これは美味しいし安いから、毎日通っちゃうかもだ。まずは全メニュー制覇しないと。

# by masa-hilton | 2019-02-04 23:28 | 趣味&グルメ

月刊「ショパン」2月号、追悼の号となりました

a0041150_01130664.jpg月刊「ショパン」2月号は大きくはページを割いてはいなかったけれど、創業者でもある内藤会長の追悼号でもあります。お葬式の様子とお悔やみの言葉なども掲載されていましたね。私もお葬式当日はピアニスト代表みたいな形でお別れの言葉も述べましたが、時が過ぎ、より寂しい感じが強まってきます。

さて特集のボディ・メンテナンスに関しては全く興味がありませんですが(笑)、ピアニストが楽譜に何を書いているか?と言うのも、面白そうではあるけど、興味がないですね。事細かく書き込む人もいます。ペルルミュテールとか、書き込み魔と言ってもいいほどだったようですし、ギーゼキングなども細かく指遣い(指番号)を書き込んでいたなどという話もあります。人それぞれと言うことですけど、あまり演奏とは関係ないような。

指遣いは書き込んだ方が、譜読みが倍ぐらい速くできますよね。急ぎ仕事の時は必須でしょう。試行錯誤と言うよりは書きなぐり、弾き倒しのようにして、一番効率の良い指番号を書き込み、次々処理。あとは読み違えやすい音の音名など、大きく書く。ミとかファとかね(笑)。プロの楽譜ってそんな感じでしょう?音楽的なものってほとんど書かないし、それ書くと表現が限定されちゃうし、私自身はむしろ「音楽的なイメージを楽譜に書いていかなければできない」っていうほうが、問題アリと考えますね。音楽的な造りは楽譜から浮き出て見えるものだし。

クラシックには約束事が多いですけど、それをいちいち書いているようでは何もできないし、最終的には自由な音楽、伝えるべき自分なりのイメージがそこに加わるんですが、それを忘れないようにメモするって(笑)どんなものなのか?(笑) 忘れてしまうようなことなら忘れて、その都度湧き上がってくるものを新たに表現する方が良いのでは?はてさて。でもここは個人的な領分で、人それぞれ。論じ合うことでもないし、興味もないというわけです。

対談は梅村知世さん。実は以前、伊藤恵さんから「知世ちゃんお願い」と言われて「じゃ、あなたも隠れゲストで来て3人でご飯しようよ」みたいなノリで企画しました。梅村さんが外国から、たまたまピンポイントで帰国したので、その日ジャストで対談は出来たんだけど、伊藤恵さんのスケジュールは合わなかった。残念(笑)。今回はお気に入りの鰻屋さん「青葉」で。すばらしく超美味しかった!最高だね。伊藤さん、ごめんね(笑)。
a0041150_01131391.jpg
梅村さん、おっとりした。クラシックピアニストらしいお嬢さんでしたね。さて次回はジャズの松永貴志さんです。

# by masa-hilton | 2019-02-03 01:11 | 連載対談@お江戸で連談

お正月はつまらなかったね

お正月はホントにつまらなかった。昔はテレビでも、お正月に向けての特別番組を作ったりしてたけど、今は再放送か番宣か、テキトーなお笑いか、池の水を抜くかでつまらない。音楽もね、最近のって薄いし全然楽しめない。

1月からはフェイスブックページも始めた。まだ初心者マークで本格始動していない。フォロワーもちょうど小学校の一クラスみたいな人数だから、こちらも感謝の目が届くというか、本来は良い数字だけど、私の友人たち~~そりゃもう10年近くやってるからだけど7000人とか1万人とか、それをもっと増やそうとしているのだからスゴイ!でもそんなにフォローされちゃうというのも怖い感じもするね、そういう時代なんだね。無理に広げることなく集まってきてくださる人たちこそ、何万人にもかわる重みのある大切な人たちだ。とりあえず、まずは1年目、ゆっくり進んでみよう(笑)。

さて1月前半、美味しいモノにもありつけず、そういう意味ではやや悶々とした日々となる。

ずっと開いていて便利なのは「富士そば」だけど「コロッケそば」と「かつ丼」をセットで食べてみて心が折れる。ま、「かつ丼」がイマイチなのは仕方がないとして、問題は「コロッケそば」だね。最近「富士そば」美味しくなっちゃったから(笑)。
a0041150_01064776.jpg
ジャンクな食べ物だから、最近むしろ上品に美味しくなってしまった「富士そば」には「コロッケそば」は物足らず。これは「立ち喰い蕎麦」本来のソフト麺みたいなのが合う。やはり人形町「六文そば」のが良いよね。ゲソにコロッケ。縁もゆかりもない2つの食べ物が繰り出すハーモニーは、まるでバルトークのように美しい(笑)。
a0041150_01065859.jpg
最近よく行く小伝馬町「尾張屋」さんでも「かつ丼」を試したが、何と超~味が濃い。ちょっと無理なくらいに濃かった、ビックリだ。
a0041150_01071305.jpg
これはいったい何なんだろうね。セットで戴いた「もり蕎麦」は美味しい。
a0041150_01071823.jpg
この味の濃い「かつ丼」は昔からあるようなのだが、ちょっとスゴイ。「天丼」とかは普通に美味しいから面白い。だからもしかしたら?と思って注文した「かきたまうどん」(笑)。もともと味の濃い、東京ならではのディープなメニューだ。
a0041150_01073775.jpg
あはは、やはりスゴイ!見た目、麻婆豆腐かと思ったよ。でも見た目の濃さに反して、お味は全然美味しく戴ける。好みとしてはもう少し卵の量が欲しいかな?そういう意味で、やはり「東嶋屋」さんの「かきたまうどん」が一番好きだ。

1月の上旬は買い物に良く秋葉原と御徒町に出かけた。秋葉原の回転寿司「元祖寿司」の隣に出来た、いかにも外国人観光客を狙った感じの「きづなすし」に行ってみる。
a0041150_01085834.jpg
意外に安くないんだよね。マグロ3種もお隣の「元祖寿司」に負けているし、貝の3種は見るからに良くない感じ。まあ、お値段からすれば仕方がないのかも。
a0041150_01090654.jpg
a0041150_01091367.jpg
白身魚の3種もネタの種類的にも、回転寿司と変わらず、つまらない感じで出された。
a0041150_01092090.jpg
ま、再訪はなし、メチャ安ければ別なんだけど。そして!おなじく最近出店の御徒町の「すしつね」。こちらは有名なチェーン店のようだ。天麩羅も出す、ということは、やはり外国人観光客向け?
a0041150_01093105.jpg
天麩羅もね、本格的ではなかったね。その場で作られたようなものが不足、個人的なことだけど、私にはもたれた。油も合わない。
a0041150_01094611.jpg
お寿司は見るからに普通だ。その割には安くもなく。
a0041150_01095109.jpg
これなら回転のほうが良くはないか?等とも思ってしまった。私自身はこちらも再訪はなし。ちょっと参った。
a0041150_01094057.jpg
お気に入りの「TGIフライデーズ」でハンバーガーを食べるも、メニューが変わってしまいシンプルに。ジャックダニエルズのソースもなく、何となく乾燥したものが出てきてがっかりだ。ベチョッとした奴も苦手だけど、ジューシーさは以前のほうがあったよね。
a0041150_01112463.jpg
メニューが変わらない限り、しばらくは行きたくないなあ。最近通ってた「冨士㐂」のランチの「厚切りトンカツ」も消えたね(笑)。
a0041150_01114201.jpg
これじゃねえ。つまらない。前はこんなだったのに。
a0041150_01120184.jpg
でも夜には「超厚切り」というメニューが出ていた、ここで相殺を図ったんだろうね。でも何となくがっかりだよね。やはり世の中、値上げしてるんだね~。好景気と言うけどホントなんだろうか。

そんなこんなで、特にお正月、よく食べたのがマーケットの中国鰻だ。980円(笑)。
a0041150_01123285.jpg
正直、美味しくはないんだけど(笑)、工夫すると少しマシになる。オリーヴオイルで焼くこと、そして少し焦げ目をつけると、マーケットの中国鰻の嫌な臭いが緩和される。
a0041150_01124651.jpg
そうは言ってもデカいから(笑)。とりあえず満足感はあるのだ。それに最近の駅弁などの鰻弁当のマズイヤツを思えば(笑)。
a0041150_01125355.jpg
食べた食べた。7匹ぐらいは食べたなあ。売り場の半分は私が買ったかもしれない。
a0041150_01130255.jpg
だから「江戸浜」さんが、お正月休みを終えて年中無休にスタートしたのは嬉しかったよ。
a0041150_01142762.jpg
a0041150_01143217.jpg
a0041150_01144514.jpg
もう、見た目からして違うし。間違いなく美味しいです。こうでなくては!
a0041150_01143891.jpg
この車エビが最高なのです。
a0041150_01145131.jpg
そして「小春軒」等も開いて、何とか欲求不満な日々から脱出できた。「小春軒」の「カキフライ」旨し!!涙が出る。
a0041150_01145877.jpg
そうそうお正月関係で唯一美味しかったのは「鈴廣のかまぼこ」。メチャ旨い。
a0041150_01151428.jpg
これはやはり優れものだね、ありがとう!

# by masa-hilton | 2019-01-31 23:44 | 日々の出来事

コンサートの打ち合わせを「妻家房」で

ファミリーコンサートの打ち合わせを、四谷三丁目にある有名な「妻家房」本店で。韓国料理も大好きだけど、辛いのが苦手。辛いのが食べられないのではなく、ちょっとでも辛いと大汗をかいてしまうのだ。代謝が良すぎるのだろうか?(笑) 好きだけどタンタンメンも大汗。エビチリだって大汗。ペペロンチーノも場合によっては大汗だ。

そして「妻家房」、もちろん「キムチ」だ。とても美味しいのだけど、冒頭から大汗で、打ち合わせが(笑)・・・・大汗状態ではアイデアも空振りしそう(爆笑)。
a0041150_14025319.jpg
ナムルなど、もちろん本格的な、でも家庭的なお味で美味しい。
a0041150_14030560.jpg
a0041150_14031920.jpg
チヂミも外せないね。
a0041150_14032610.jpg
でもなんといってもプルコギだね。美味しい!さすがだ。これはずっと食べていたい。
a0041150_14033934.jpg
「冷麺」は期待したけど、これはもっと美味しいところもあると思う。
a0041150_14034895.jpg
さすがの「妻家房」だった。打ち合わせも進んだし!めでたし。

# by masa-hilton | 2019-01-30 13:53 | 日々の出来事

杉並レポート

時系列がめちゃめちゃだけど、杉並レポート!3台ピアノのコンサートは皆様のおかげで、とても楽しく終了しました。細かいレポートはまだでしたので。
a0041150_13205719.jpg
共演してみると、ピアニストの思わぬ一面と言うか、意外な個性を発見できてこれも楽しい。

ピアノ位置を確認するためにリハーサルは、本番通りにやっていきます。調律さんも合間で大変ですが、わちゃわちゃしている空気がまた良いですよね。
a0041150_13345293.jpg
a0041150_13334684.jpg
恒例で駅のルミネの鰻を買ってきてました。年々小さくなっていく感じですが、それは仕方ない。一応宮川の鰻。
a0041150_13340885.jpg
準備には時間がかかりますが本番はあっという間に楽しく終わってしまいます。
a0041150_13203055.jpg
松永くんもピカピカ衣装で楽しかった。

人形町に戻ってご飯ですが、あまり落ち着かない感じだったので「東八」に行きました。何気に美味しいお店で、侮れません。例えば餃子とか(笑)、中華でもないのに旨い!管理人さんも絶賛。
a0041150_13344148.jpg
サラダにカキの天麩羅!
a0041150_13341929.jpg
a0041150_13343450.jpg
メンチカツが旨いんだなあ。普通はジャンキーになってしまいますが、いい感じ。
a0041150_13342364.jpg
シメはおでん。東京風ですよ、「ちくわぶ」があるね。
a0041150_13342846.jpg
色々発見があるし、終わってみればアレンジの作業も、大変ではあるけれど超楽しい3台ピアノ。またできると良いなあ。

# by masa-hilton | 2019-01-28 22:19 | 日々の出来事

声明のコンサート大成功にて

1月はライフワークにしているコンサートが3つ続き、大変でしたがどれも大成功で終えることができました。これも皆様の応援の賜物です。厚く御礼申し上げます。昨日の「声明とのコンサート」も今回が5回目と回数を重ねているだけのことはあり、アンサンブルの筆舌に尽くせぬ難しさを超えて、音楽的な内容も深まって良いコンサートになりました。
a0041150_01502809.jpg
他の声明コンサートのパターンとは全く違うので、例えばだれか違う人が手がけても、1回や2回のリハーサルではできないものだし、本番の合わせの難しさは編曲者が演奏もできて声明の知識が最低限あってこそ、それでもなかなか無理かな?(笑) 今ではほとんど誤差なく演奏も進めることができて、ソプラノの家田さんが言うように「これ以上の完成度は無理かもしれない」レベルに、たどり着いた感じですね。良かったです。

まずは3月10日に放送される日テレアップの収録。私もインタビューがあります。
a0041150_01523540.jpg
声明のリハーサル。今回は地獄の様子も、琵琶と共に語られました。
a0041150_01524614.jpg
その間は私たちは待ち時間、楽屋弁当は米八のおこわ。これ私、苦手なおこわがあるんですよ。あはは、今回は大丈夫でした。
a0041150_01525524.jpg
なので、万が一食べられなかった時のために「京樽の茶巾鮨」を持参してました(笑)。
a0041150_01531365.jpg
リハーサルの時には、せっかくのホールの響がカーテンで消されて残念に思いましたが、本番はPAも入っていたので問題はなかったようです。良かった。ピアノの鳴りも、調律師さんが調整してくださって、本来の輝きがありましたね。バッチリ!街中にこういう良いホールがあるのは、ホントにいい事ですね。次はぜひ普通のコンサートで行きたいホールですね。めでたし、めでたし。
a0041150_01504160.jpg
人形町に帰ってきて、何を食べようかさまよっていると、以前よく行った中華の「萬福楼」が違う中華に変わっていてビックリ。
a0041150_01532573.jpg
そうか、「萬福楼」さんはつぶれちゃったのか~。早いですね~。割と良い感じだったのになあ、天麩羅の中山さんの若旦那とも食べに行ったりした。で、今回の中華は外から見ると全く同じ。何となく薄暗い。そんなこんなで8月から変わっていたとは全く気がつかなかったよ。今回のお店「京華楼」は四川料理と上海料理、二刀流のようです。そして中身もいろいろ工夫がある。
a0041150_01534543.jpg
まず飲み物が安いね。宴会に向いてます。
a0041150_01533613.jpg
さらに小皿料理が充実。少人数でも色々なメニューが食べられる。これも安い。四川だから「麻婆豆腐」などはかなり辛いのでしょうね。
a0041150_01535538.jpg
食べたのは私の大好きなジャンクなメニュー「エビチリ卵」、これ意外に美味しいところ少ない。海老がプリプリしていて、卵は上質なスクランブルエッグ的な感触が理想。それを見事にクリア!これが美味しい「中華厨房・福」だと、レギュラーのメニューじゃないから、食べたいときに食べられないんだよ。これは良いぞ!合格。
a0041150_01540924.jpg
そして「酢豚」も美味しい。黒酢が嫌いなので「赤」酢豚ができる店が好き。これも合格。
a0041150_01541890.jpg
ちょっと癖があるけど「春巻」も旨い。普通パリッ&ツルンとした皮だけど、ここはそうじゃない。揚げ物的なコロッケ的な(笑)手作り風な皮で、中身も家庭的な感じのもの。はまりそう。
a0041150_01542743.jpg
「チャーハン」がまた好みのタイプだ。ご飯が柔らかくなく、じっとりと脂が染みているあの感じ。高松の「来来餃子館」を思い出させる大好きな「チャーハン」だった。そしてこの皿は「萬福楼」のお皿だ、完全に居ぬきなんだね。
a0041150_01543578.jpg
お客様は私一人だったけど、心配。このお店は良いよ~私的には(爆笑)。何とか、つぶれないように頑張って欲しいね。大満足!必ずまた行く。

# by masa-hilton | 2019-01-27 22:04 | 日々の出来事

声明コンサートのリハーサル

コンサートの前日ですが、声明の演奏会のリハーサルに行ってきました。フィリアホールです。場所は遠いようだけど、うちからは地下鉄で1本楽ちん、ゴキゲンですね。
a0041150_00462699.jpeg
萩原貴子さんや、中村あんりさん等もいっしょです。地下鉄で相乗り(笑)。

さて、そんなこんなで早起きしたので、この日の朝ご飯は松屋に(笑)。カルビ焼肉定食。これがお気に入り。
a0041150_00372585.jpg
みなさん、と言うか、松屋に行くみなさん(笑)。お分かりと思いますが、松屋ってお味噌汁が別売でなくついてくるのは良いんですが、これがイマイチですよね?でしょ?で、私はこのカルビ定食の時、必ず納豆をサイドで注文します。するとこの納豆にネギがついてきます(笑)。このネギを納豆に使わず、お味噌汁に入れましょう。
a0041150_00373595.jpg
何と言うことでしょう~~!!!かなりお味噌汁が改善されます。私は以前からそうしていますけど、ぜひお試しあれ!

そんなこんなで青葉台のフィリアホールへ。舞台に幕を作ったり仕掛けがあるので、全然響かなくなっちゃってますね(笑)。ま、お経が主役だから良いけど、ちょい残念です。
a0041150_00375818.jpg
あと場所のせいか、ピアノの音の抜けもあまり良くない、ひょっとしたら、まだ調律していないのかもね?
a0041150_00380946.jpg
でも全然大丈夫!!リハーサルはバッチリ上手く行きました。そんなに広くないので、心がこもれば音も届きますね。明日が楽しみです。合間に地下の食品売り場でお弁当を買ってきました。鰻にしようか、トンカツにしようか迷ったけど、ハゲ天に。
a0041150_00382147.jpg
具だくさんの天丼です。そう思って買ったのです。
a0041150_00383307.jpg
エビも中身は細いし、天麩羅は「衣だらけ」の印象。参ったな、これは大失敗。専門店と思って買ったんだけど、ちょっとひどい。また私のデスノートに1つお弁当が増えました~~。でも地下の食品売り場、ダロワイヨが入っていて久しぶりに食パンを買いました。萩原さんや中村さんに「そんな小さくて600円もするんだ~」って笑われましたが、これはね、美味しいはずなんです。5枚切りにして!!大のお気に入り。なわけで、私は楽しく帰宅。

# by masa-hilton | 2019-01-25 23:13 | 日々の出来事

「音楽の友」にインタビュー

3月9日の須藤千晴さんとのコンサートのことで、音楽の友にインタビューが決まり、さっそく須藤さんと出かけました。
a0041150_00051111.jpg
2月18日に発売される3月号に掲載です。お楽しみになさってください。

インタビューアーが何と真嶋雄大さんと言うことで、オーボエの中村あんりさんも呼んで、そのままフレンチの「ル・レモア」で宴会。楽しかった。またここはお気に入りだから使用頻度も高い。私好みのレストランだ。
a0041150_00054622.jpg
前菜のバスクのハムに続いて、ニース風のサラダ。でもストーブ鍋に入って北のイメージがする。美味しい。
a0041150_00062021.jpg
このフォアグラが超旨い。下は大根でなくフォアグラのムース。濃厚で大満足。
a0041150_00064411.jpg
メインは鴨のコンフィ。私は強い火入れの感じが大好き。真嶋さんもかなり気に入っていましたね。
a0041150_00070612.jpg
デザートでは断然プリンが好き(笑)。
a0041150_00080136.jpg
a0041150_00084199.jpg
ブログ等が全然追いつけていないけど、実はこの毎週本番のさなかに打ち合わせラッシュになっています。また詳細はゆっくりと書きますね。どんどんSNSに上げられる人って凄すぎる。かなり人生をSNSに支配されてると思っちゃうが(笑)、きっとそんな実感もないんだろうな。私たちはこれが仕事の告知に結びついてるからだけど、そうでなければ自分の人生を人に見せるって何?って感じだ。ここに自己顕示欲はないんだよね~、きっとこの時点で古い奴になってしまっているんだろうなあ。と言いつつ(笑)、がんばっているのだぁーー(笑)。

# by masa-hilton | 2019-01-24 23:49 | 日々の出来事

NHKアニソンアカデミー再登場決定です

昨年大変ご好評をいただいたNHKアニソンアカデミー への再登場が決定いたしました。まだNHKが告知していませんので、とりあえず3月の中頃とお伝えしておきますね。ぜひぜひお楽しみに。もちろんアニメの曲は厳選して、まさに真剣に(笑)のぞみたいと思います。また相方とのステージのほうもなかなか決まりませんでしたが、まずは試みの場として来月2月8日東京ドームでミニコンサートを行います。

ファンタジーあふれるエレガントなひととき ヴァイオリンとピアノ
~松浦梨沙・斎藤雅広/華麗なるデュオ!
   ピアニスト 斎藤 雅広 ヴァイオリニスト 松浦 梨沙 12:30~13:00
a0041150_12454874.jpg
こちらは毎年恒例のテーブルウエアのフェスティヴァル内の特設ステージのコンサートです。大人気のイヴェントですよね。イヴェントがイヴェントですから、こちらはアニメの曲ではなく、お洒落な曲を集めてやりたいと思います。得意なウィーン物も似合いますよね。良いワインとかも買えるらしいですよ。私たちもこれを機会にステージをふやせれば!と思っています。

さらに翌週には先日共演したソプラノの山田由紀子さんと東京ドームです。ゴージャスな彼女にはうってつけですね。こちらは世界らん展ということで、人気のイヴェント・パート2です。
a0041150_12562419.jpg
2月15日の18:15~18:45のステージです。タイトルが「巨匠ピアニストと銀色の声を持つソプラノ!愛の風を運ぶコンサート」ですので、良い曲をやらないと~~(笑)!

ところでこのイヴェント、ピアノがない!!ま、そうですよね、ドームですから。ドームすみませんということで、ローランドさんがピアノを入れてくれることになって、出演者一同ホッとしました。私は電子楽器はヤマハかローランドでしか演奏会したことがないので、他のメーカーだと心配。さらにローランドさんは昔、よくお付き合いもあったのでピアノを選定させてくれました。秋葉原のオフィスは家からも近いのでお出かけ。
a0041150_13535309.jpg
最新機種、とても扱いやすく良い感じでした。安心。ローランドという会社はとても大らかですよね。例えばヤマハとは最強に競合しているはずですが、以前「グランドピアノの音」のサンプリングは、ヤマハのピアノを使っていて「ヤマハだからいい音なんですよ~」なんて平気で言ってました。競争は競争としてガンガンやったら良いですが、こういう大らかな気持ちはナイスだと思います。ヤマハはヤマハで他のピアノを弾いたからといって怒るようなこともありません。すなわちこれが一流メーカー、名匠の自信でしょうね。だからこそ安心して選ぶことができるのです。

さて選定後は末広町の「久保田」にまでお出かけしました。お酒を飲む人にしたら、黒龍の仁左衛門などもあり、興奮のラインアップだそうです。私は飲まないので鰻だ~~~。旨い!
a0041150_13534328.jpg
というわけで、こちらも準備が整ってきました。ぜひお楽しみに。

# by masa-hilton | 2019-01-22 21:59 | ニュース

伊丹3台ピアノコンサートも大成功にて、ありがとうございました

かねてから告知をしておりました大阪伊丹の東リいたみホールでのコンサート、おかげさまで楽しく無事に終了いたしました。
a0041150_00315591.jpg
皆様のおかげです。本当に感謝いたしております。ありがとうございました。

3台ピアノのコンサートはいつも実力派、そして人気者を配してのぞむコンサートなので楽しいことこの上ないです。今回も、ご存知盟友の三舩優子さん、バリバリの若手の實川風くんということで、弾けるピアニストのキャスティングで行きましたので、気分的に安心(笑)。皆さん忙しいので、リハーサルは前日現地で!ということになりましたが、それもノープロブレムです。

ピアノの調子も見たいし、ゆったりリハーサルもしたいので、前日お昼の飛行機で伊丹へ行きました。羽田の空弁、何を食べてもイマイチですが、ちょっとお高めの叙々苑の焼肉弁当を選択。
a0041150_00322318.jpg
お肉の部分とキムチなどの部分が同じ大きさ(笑)。お肉が少ないということですわい。あーあ、再度買うことはないと思ふ。
a0041150_00323191.jpg
まったく駅弁も空弁もイマイチ。こればっかりはあまり改善されないね~。

伊丹空港自体はかなりきれいになってましたね。考えると大阪に飛行機で行くのは久しぶりだったよ。大阪は飛行機だとあっという間に着くので好き。そしてよく道の分からないおっちゃんのタクシーに乗って(笑)、イライラしながらホールに到着。これはすばらしく良いホールでした!!響きも好みの感じです。
a0041150_00324971.jpg
ピアノはスタインウェイは良く鳴るけど、ヤマハとベーゼンは使用頻度のせいか、高音部など、弾いている感じでは音色的に差がある感触。でももともと良い楽器だし、ホールの響きが一体感があり、客席で聴くと何も気にならない、すばらしい。そしてまた3人が思い切りリハーサルを始めたので(笑)、それぞれの楽器もどんどん鳴り出してバランスの良い状態に。めでたしめでたし、全然大丈夫だ。
a0041150_00374118.jpg
で、リハーサル、みっちり4時間ぐらいやりましたかね?ホールのかたのお心遣いもすばらしく、美味しいサンドイッチなどもあって、疲れることなく楽しく準備できました。
a0041150_00324040.jpg
リハーサルが終わりホテルに帰って、みんなでご飯に行くことに。三舩さんの調べでは「浜焼き」の美味しそうな店があるとかで、まずそこに行ってみた。「かわはぎ」とか美味しそうな魚がある感じで、そこでも良かったのですが、私の事前の調べの焼肉バル「エイト」も行ってみて、もしかしたら美味しいかもしれない?アンテナが働き、こちらを選択。思っていたよりは小さく、きれいな感じの店ではないけど、わりと当たりだったね。アルバイトの女の子も可愛いし、美味しく戴けました。
a0041150_00325931.jpg
實川くんのオーダーのキムチに続いては(笑)、和牛の盛り合わせ。
a0041150_00330857.jpg
特にハラミが美味しくその後、これを5皿もおかわりしました。
a0041150_00340850.jpg
ホルモンの盛り合わせも美味しかった。私はこのみそ味のホルモン、超お気に入り。
a0041150_00331647.jpg
カルビも思ったようなサシの感じではなく、ちゃんと赤身もあり美味しい。
a0041150_00340022.jpg
お肉の手巻き寿司というのも。ちょっと想像したのとは違ったけど、これも美味しく。
a0041150_00341792.jpg
決して飲みすぎることもなく、表には出せないような裏トークが炸裂(笑)。楽しかった。三舩さんはしきりに、私に子づくりを勧めていたね(笑)。それも4人ぐらいの女性にお願いして、それぞれに育ててもらえと・・・・「殿のキャラクターなら許される」って本当にそうなのか!(笑)、なわけないじゃん。實川くんにも「早いうちに作った方がよい」と勧めていた。確かに夫婦でお互いに仕事があっても、若ければエネルギー値が違うからね。たとえば今、私がこの年で30歳ぐらいの「できる息子」がいたら、心強いことは間違いないもんなあ。ま、私は自分が風来坊の子供みたいなものだからね(笑)、ダメだよ。年下の二人が随分と大人に見えました(笑)。
a0041150_00342632.jpg
ホテルでは「ザ・ミッドナイト・マン」というホラーを鑑賞。あまり内容のないつまらないもんだった。ホテルではいつもホラーを見ることにしている。刺激があるから退屈しないし、たいてい最後はくだらないから考えないで良く寝れる。今回も良く寝れたから、これでいいのだ~(笑)。

そしてホテルの朝ご飯はお子様ランチのように!(笑)
a0041150_00375963.jpg
朝カレーがわりと美味しかったから良かった。他所よりずっと具沢山。
a0041150_00380717.jpg
さてホールに出かけてリハーサル。丁寧にやって万全。三舩さん、實川くんとのトリオは相性も良いみたいだ。ニックネームも「殿」「姫」「若」だから(笑)、いずれにしても上品なセッティングだし。また再演ができると嬉しいですね。調律師さんたちも大活躍でした。
a0041150_00381563.jpg
楽屋弁当・・・・リハーサルみっちりやったから2時間以上は経ってしまったぞい(笑)。
a0041150_00395480.jpg
a0041150_00400310.jpg
コンサートは楽しく終了。帰りはバラバラ。私は速攻で帰り。羽田でマネージャーの松田さんと空港の「南国酒家」でご飯。ホントはハンバーガー行こうとしたんだよ、でもお気に入りの「ウェストパークカフェ」は閉店してしまってもうなかった。残念。トンカツも「和幸」に変わってしまっていたので、それはムリ。もう中華しか選択肢がなくなってしまったのだけど、わりと美味しい。
a0041150_00401025.jpg
前菜もそして野菜の生姜炒めも、まず素材が良い。とても落ち着くよね、上質なものは。
a0041150_00402045.jpg
a0041150_00402824.jpg
チンジャオロース、酢豚。「酢豚」が美味しいね。カリッと揚がっているところが好きだ。やはり広東料理のお店の「酢豚」は外せないね。良かったよ。
a0041150_00403775.jpg
a0041150_00405490.jpg
「南国酒家」は「シューマイ」が美味しかったような印象があったので、頼んでみた。お肉ぎっしりのシューマイで満足。
a0041150_00404562.jpg
「チャーハン」はやや香料が多かったけど、カニやエビがプリプリ、素材が美味しく満足だった。
a0041150_00410383.jpg
というわけで、3台ピアノの連チャンも大成功。次もあわただしくやってくる。

# by masa-hilton | 2019-01-20 23:20 | 日々の出来事

あわただしすぎる

杉並の3台ピアノが終わったから、集中的に伊丹のコンサートの準備をしようと思っていたら、毎日様々な雑務が入ってきてこれが思うようにいかない。まずは携帯が壊れたので、その代わりの機種に慣れるまで1日かかっている。他のコンサートのアイデアや打ち合わせもあって、これはメールで済ませてもらったけど、丹念に描いていかねばならず時間が必要だ。今度は嬉しいことだが、ピアニストの須藤千晴さんとのデュオコンサートが決まり、3月9日ということで期間があまりないので、この曲目などをひねり出し。NHKのアニソン番組の出演も3月になりそうで、ここでまたアレンジがいる。曲の選定も吟味しないと。

ということで深夜にしこしこ練習しようと思ったら、激しい頭痛に襲われダウン。寝るしかない。やっと治ったかなと思ったら、真嶋雄大さんがピアノの富永愛子さん、オーボエの中村あんりさんを連れて「とり鈴」にいるとの連絡(笑)。歩いて20秒だから、行きました(笑)。まあ、練習には心のこりながら、やっとここで落ち着いたって次第。行って良かった。
a0041150_00282647.jpg
ピアノは自分の能力を信じれば絶対大丈夫(笑)。なので(大事なのは思い込みだよ!)、ここでゆっくりさせてもらった。「とり鈴」相変わらず美味しいね。タレも美味しいから大好きである。誰だ!塩でなんか食べてるのは!タレだよタレ!(笑)
a0041150_00282025.jpg
レバー、はつ、皮、最高だ。生醤油の焼き鳥もある、サッパリとしているがかしわが良質で、生醤油とよく合う!!ジューシーなので超美味。
a0041150_00274573.jpg
焼き鳥屋さんの唐揚げは格別。鰻も戴いた。
a0041150_00280112.jpg
a0041150_00271983.jpg
人間だから魔法が使えるわけもない。頭が痛いので今日はこれから徹夜というわけにもいかない。で、明日は伊丹で3台ピアノコンサートのリハーサルとなる。でもこれがなぜか上手く行く予感(笑)!!さ、とても楽しみ。
a0041150_05103473.jpg

# by masa-hilton | 2019-01-17 23:15 | 日々の出来事

杉並の3大ピアノコンサートは大成功!華やかに

お陰様で、東京は初雪もちらつく中、多くのお客様にいらしていただきまして、コンサートは大成功!楽しくそしてバッチリ終了!いたしました(笑)。「10年全部来てますよ」「来年も絶対来ます」「いつも本当に楽しいです」等、お客さまからも嬉しいコメントをいっぱい戴きました。ありがとうございます。厚く御礼申し上げます。心から感謝いたしております。

調べてみますと、最近3台のピアノのコンサートはとても多いんです。驚きます。が、何といってもうちが元祖ですし、他所はここの過去の出演者の方(卒業生と呼びます)がやっていたりするので、少なからぬ影響力もあったのだなあと思います。良いことじゃ。

翌日、携帯電話が朝から立ち上がらないで、結局ダメで交換になって、いま機種が来るのを待機中です。けっこうなデータが失われてしまい、携帯メールとラインは消失しちゃったので、仕事でも使っているため余計な用が増えています。悶々としちゃいますよね。イライラ!そういうことでレポートはまた後日ブログにて。

人間良いことがあると悪いこともある、対価を払って然るべき。ならば、携帯壊れコンサート大成功でめでたし。携帯が元気で稀勢の里だったら悲しい(笑)。稀勢の里、彼はもともと無理なんだよね。ああなってしまっては身動きができずかわいそう。でもがんばらなければ!辛くてもしかたがない。私だって振り返ると本当に「神さまには見放されている」と実感するような、悲しいことも多かったよ。けど、リャナンシーはいつも味方だ!彼女に飽きられないように、味の濃い個性的な音楽を、さらにさらに深めて行くのだ(笑)。命がけの対価だけど、これは楽しく素敵~。

# by masa-hilton | 2019-01-14 10:37 | 日々の出来事

リハーサルの2日目

連日になりますが、3大ピアノのリハーサルに行ってきました。アレンジの直江さんも立ち寄ってくれました。

もう手慣れた感じですね。楽器がドンドン鳴りだして、前日の倍の音量が出てます(笑)。
a0041150_09415283.jpg
松永さんも合流。彼はピアノが弾くのが大好きという感じ。暇があればずっと何か弾いているので、それをBGMにしちゃって、こちらは贅沢なラウンジ気分で談笑(笑)。愉快愉快!では本番、上手く行きますように。
a0041150_09413347.jpg
リハーサルが終わり、急ぐ人は帰り、若林さんは「練習したい」で居残り。私と加羽沢さんは中途半端な時間ながら「お茶」するか「軽く食べる」かを検討(笑)。まず大好きだったショコラ・カフェの「ブロンデル」は閉店していた。あちゃー、残念だね。リハーサル後にお茶するにはもってこいの場所だったのになあ。銀座で中途半端な時間にも行ける店と言えば、松屋デパート内の「上野精養軒」。ここで「ハヤシライス」を食べるのが定番、よく行きます。ひょっとすると「ロゴスキー」もやっているような気がして電話してみると、4時半でもやっていた。

加羽沢さんがロシア料理「イイネ」ということで「ロゴスキー」に決定。渋谷にあったころからよく行った店。まずはザクスカ、前菜の盛り合わせ。ニシンの酢漬けなど定番なもの。まちがいなく美味しい。豚肉のテリーヌはステファンスカ家のお味に似ている!これは酸っぱいライ麦パンと食べると美味しいんだよ。
a0041150_09412807.jpg
ソ連時代の定番のワイン、ツィナンダリは美味しいとのこと。グルジアワインですよね。軽さとコクがある感じの香りがしてましたね。
a0041150_09412290.jpg
ロシア料理で外せないのは「ペリメニ」。これは大好き。
a0041150_09411559.jpg
そしてボルシチ。情報が国際的につながる現在、以前よりも少し現地に近い味になっているような気がする。大昔は美味しいんだけど、ビーフシチューみたいな味がしてましたよね。あ、それは別メニュー「田舎風」で今も残っているみたい。こちらは「ウクライナ風」となっていますね。いずれにしても旨し。
a0041150_09410922.jpg
とにかく「ボルシチ」だけは日本で現地のお味にはなかなか遭遇できません。ホントに別物ですよね。なぜなんだろうね。そんな中で美味しいと思うのは高田馬場の「チャイカ」。あのボルシチは時々食べたくなっちゃうんだよね。

さて軽くお食事だから、ここでメインに行かずピロシキをシェアして終わり。
a0041150_09405935.jpg
卵入りにして正解。卵入りをおススメします(笑)。

加羽沢さんとは、普段ピアニストはピアニストと接点がないから(笑)ということで、いろんな裏の話を。演奏のことばかりではなく、仕事のやり方も。仲の良い同業者とこういう話ができるのは、楽しいしお互いタメになるし財産だと思いますね。「大体、斎藤さんはピアニストのお友達がいっぱいいるでしょ。珍しいよね」って、よく言われますが、ピアニストは神経質な人が多いから、そこが難しいのかもですよね。そうだよ、私も最大級に神経質ですからねっ!よろしく~~~。

# by masa-hilton | 2019-01-11 10:20 | 日々の出来事

まずはリハーサル

今日は杉並公会堂のコンサートのリハーサル。加羽沢美濃さん、若林顕さんとのコラボレーション。
a0041150_00352144.jpg
若林さんとは旧知の仲ですが、共演は初めて。自分とは全くタイプが違うピアニストだということが、わかりました!!さあ、どういうふうにやろうかな~、こういうのが最高に楽しみなんですよね。

明日はジャズの松永貴志さんも参加、こちらもどんな感じになるか、楽しみです。

# by masa-hilton | 2019-01-10 00:40 | 日々の出来事

恒例の「声明」コンサート、フィリアホールにて

3台ピアノが一段落すると毎年恒例の「声明」とのコンサートがあります。声明と音楽のコラボは、ジャズミュージシャン等がアドリブで雰囲気を作ったり、または現代音楽の中に声明を取り込む形で、わりと多くあるものですが、これは全く趣を異とするもので、声明と音楽は交わらず、ともに1つの念の中で存在する形をとります。非常に幻想的と言いますか、聴いたことがない雰囲気に、毎年大好評。チケットはいつも即日完売の勢いで売れてしまいます。私にとっては今回は5回目、節目になるコンサートですが、場所が東京から横浜に移動しました。お楽しみになさってください。
a0041150_00233423.jpg
a0041150_00253342.jpg
お坊様がお唱えされるので、そこは御霊を癒す力もあるのだと思います。毎度色々なものが見えたりしますよ(笑)。それも楽しみですね。

# by masa-hilton | 2019-01-07 23:11 | コンサート・イヴェント告知

焼肉も好き

今更だけど、焼肉も好きである。で、中毒性があって、いったん食べ出すと続けて食べたくなる習慣がある。人形町は結構こまごまと焼肉屋さんも多いのだが、「燈花」が閉店なのかビルの建て替えなのか、なくなってしまったので、これ!というお店はない。新規の焼肉屋さんが「トーキョー・パスタ」さんのすぐ近くにできた。「みやもと牧場」、チェーン店ですね、早速ランチに。
a0041150_05324189.jpg
ランチはお店の厨房で焼いたものが出される形式だけど、自分で焼いても良いとのこと。リーズナブル。
a0041150_05324743.jpg
と言うか、リーズナブルなどころか、お昼のランチは2000円で食べ放題というのがあった。こうなると人形町では最安の焼肉と言うことになるね。もう1つ「焼肉105」というお店が、肉大盛りで安いんだけど、こちらはお店がちょっと汚いので、女性は洋服のこともあるから、気軽にはいけない。さらに何を食べても味が濃いので、それが許せるかどうか個人差があると思う。そこへ行くと、こちらの「みやもと牧場」はお洒落な店ではないけど、女性も入りやすいし実際女性客が多かった。
a0041150_05325316.jpg
a0041150_05330055.jpg
さてその食べ放題の内容だけど、ここから選べる。夜と同じだ。まずは「チョレギ・サラダ」とか、「ナムル」を頼んだら「もやし」が来た(笑)。
a0041150_05333263.jpg
a0041150_05333946.jpg
お肉のルールとしては1度に2種類ずつしか頼めない。なのでチョボチョボ頼んでいく。赤身、ロース、ハラミ、カルビ。やはり安いから、切り落としのような肉の感じは仕方がないね。肉を楽しむ満足感はやや低いけど、食べ放題でガンガン行けるから大丈夫。赤身が一番旨いね。カルビはややがっかりな感じだった。
a0041150_05331464.jpg
a0041150_05334978.jpg
a0041150_05332082.jpg
タレは甘さがないけど、ニンニクなども注文できるから味は整う。レバーとミノ。ミノと言うかホルモン系もちょっと落ちる。
a0041150_05342359.jpg
マルチョウにすると普通のホルモンみたいなのが来た。これは良い!大丈夫だけど、一般に言うマルチョウではないよね。
a0041150_05343027.jpg
大人しくお弁当のようなランチを食べている人を尻目に、ボウボウ焼く焼く!!あははは、焼肉はこうでなければ。
a0041150_05343526.jpg
赤身をもう1度。赤身が一番美味しかった。ライスなども食べ放題メニューの中にある(笑)。
a0041150_05345212.jpg
焼肉屋としては微妙な感じだけど、値段が値段だから満足!!でも再訪するかはわからない~(笑)。

そしてこちらはお気に入りの焼肉、「エイジング・ビーフ・ワテラス」に行く。この日は遅ればせながら始めたフェイスブックについて、いろいろ教わりの打ち合わせ。だいぶ理解したよ。お友達を増やすこと、見てもらえることが1番大事となると「お互いに仲良し」という以上に、気を遣ったお付き合いができる性格も必要だ。お互いの情報が洪水のように流れるわけだし、そこで本音を言ってる場合じゃない(笑)。気をつける必要がありそうだ。で、なるほどと思った。ここでのコミュニケーションが主体の人たちならば、我々のような濃い人間関係での言葉は、すぐパワハラ的に感じて当然だ。また耳をふさぐことができないから、内向きに円熟させていくことは難しくなる。人間も付き合いも、ドラマも映画も、そして演奏も「薄い」と感じるのは,この辺りに核がありそうだ。逆に私は他の雑用が忙しく、ブログ同様怠惰なかかわりしか出来ないことを心配していたのだが、ま、それでちょうど良さそう(笑)。どうなることやら、とりあえず肉を食おう!!(笑)

こぎれいなサラダ、キムチ、ナムルだけど、ディープな焼肉屋と同じくらいの美味しさがある。キムチのお味も好き。これがここの良い所。お客さんもいっぱいだ。
a0041150_05312387.jpg
a0041150_05313602.jpg
a0041150_05314344.jpg
肉前菜に続き、タンや、ロースなどすべてが熟成肉。熟成にはあまり興味がない(笑)。普通で良いんだよ。
a0041150_05314934.jpg
a0041150_05315697.jpg
a0041150_05320329.jpg
部位にもこだわっている。肉質が良いので不味いはずもない。
a0041150_05320974.jpg
a0041150_05321653.jpg
ただちょっと量が少ないというか、そういう意味では物足らない。きれいなところは「ワイルドではない」ということだから、それも仕方がない。冷麺はとても旨い!!これは大のお気に入り。
a0041150_05322245.jpg
こちらのお店は絶対再訪あり(笑)、ホルモン系も食べてみないとね。

# by masa-hilton | 2019-01-05 23:44 | 趣味&グルメ

振り向けば、誰でもフレディ!

年始にはいつも浅草の浅草寺に行きます。今年は1月1日の午後に行きましたので、史上最長の列と言われていて、お賽銭箱まで1時間みたいなことでしたが意外にスイスイ。警察官の手際のよい捌きのおかげですね。そして外国人が多いので、目的がお詣りではなく観光となると、途中でフラフラ脱落する人も多く、例年よりは暖かだったので割と楽チンですね。

でもその長蛇の列、階段の上から振り返ると、まさに映画で再び大ブームのクィーンのライヴ・シーンのような人人人(笑)!ここで振り返れば誰でもフレデイの気分になれるのではないでしょうか?(笑) 
a0041150_18231709.jpg
写真はDJポリスに邪魔されてしまいましたので、ちょっとわかりにくい?毎年同じですよ、2016年もこんな感じだったし。

もう1つ上野の徳大寺、摩利支天さまにもお詣りします。山本勘助でおなじみの戦いの神様。菓子の二木の上にあるのでありがたみもイマイチな感じなのか、こちらはいつも空いています。ですが、この下町の香りが私は好きなんです。
a0041150_18232555.jpg
イノシシの上に乗っている神さまである摩利支天さま、今年、私はどんな年になるのでしょうね?

# by masa-hilton | 2019-01-03 18:28 | 日々の出来事

初夢 死人シリーズ

元旦早々頭が痛くて、やることが山積みなのに寝てました。12時間も寝ました。その間、初夢も見ました。これがまた死人シリーズ。オカルト好きだからかなあ?普段でもよく見ますが、初夢のやつは味わい深いものなんですよ。以前はアルトゥーロ・ベネデッティ=ミケランジェリ先生が超リアルに登場して、その冷たいほほのキスなど、まだしっかり覚えていますが、今回はヴァイオリンのヨゼフ・スークです。

突然スークがやってきて共演することになって、ベートーヴェンのソナタをやろうと言い出して、いきなり7番と10番のソナタ(これもマニアックな選択ではないか!)を合わせ始めました。まずは練習もしていないのに、ほぼ暗譜でつけて弾いてる自分の能力の高さに驚愕(爆笑)!! ま、夢ですからね、実際にはあり得ません(笑)。さらに気がついたら何か住宅地の、それもがらんとした空き地ような場所・・・・外で弾いているのです。スークが私のほうを振りむいて「ここは他人の土地だから、勝手な事は出来ないんだ。美しいからといって、花を植えたりしてはならない。自分がここで何をすべき、何ができるのかを考えないと。」と言うのです。

ミケランジェリのときも凄かったけど、これはまた凄い!クラシックの奥義のような言葉ではありませんか!作曲家の意志、伝統を守りつつ私たち演奏家は何をすべきかを考える・・・そんな意味でしょうか?さすがスーク(・・・笑!感心してはいけません!これは私の夢ですから、創作ですから、嘘八百です)と思いつつ、「でもマエストロ、そもそも他人の土地にこんな侵入して演奏している時点で、私たち逮捕されますよ」と言ってみたら「いや、通行証を持ってるじゃないか、君も僕も」と言ってニヤリと笑い「その辺の荒れ地に花を咲かせるのは楽しいし、誰にもできる。でも通行証を持っている人間は、何もできない他人の土地に、何かをしなければね。」と言って弾き続け、夢が終わりました。

またこれがリアルで、演奏の1音1音が頭にこびりついて、12時間も寝たのに頭痛がマックスになり、薬を浴びるように飲んでやっと復活した次第。超疲れました。正月早々の死人シリーズ(しびと・と読みましょうかね、少し情緒があります・笑)、毎度結構大変です(笑)。

そしてスーク、なかなかシビアなことを言っていましたね(だから言ってない・笑、夢なんだから)。何でこんな夢になったのかわかりませんが、巨匠ヨゼフ・スークとは実際に共演したことがあります。それこそベートーヴェンやブラームスのソナタでした。初めて会ったその日のリハーサルで「うん、君はベートーヴェンを知っているようだ。僕もベートーヴェンをよく知っているから、もう合わせをする必要はないよ、じゃ本番でね。」と言ってくれました。当時の私にとっては最高の誉め言葉であり、自信と誇り、勇気をもらいました。音楽人生の恩人の一人です、感謝しています。
a0041150_09335715.jpg
ドヴォルザークの血縁ですから、そういうものやドイツものに名演があり、一般的には気まじめで面白みには欠けるが正統派の巨匠という印象だと思いますが、共演してみるとクライスラーの小品などに真似のできない芸と言うか、うまさの塊のような至芸が隠れていて、そこには自由な空気が横溢していました。この空気を体で覚えることができたのも、私の財産の1つです。例えばサラサーテの「アンダルシアのロマンス」とか、ゆったりとしていて何もしていない感じの、平凡にも聴こえるこの演奏の中に、全然平凡ではない極上の味わいがあるんですね。みなさんにはどう聴こえてくるでしょうか??



# by masa-hilton | 2019-01-02 09:46 | 音楽・雑記

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。今年が良い年になりますように。
a0041150_00114930.jpg

# by masa-hilton | 2019-01-01 00:12 | 日々の出来事

フェイスブック始めました

みなさま、お誕生日にはメールやラインで暖かなメッセージを戴きまして、本当にありがとうございました。心から感謝いたします。

冷やし中華始めました・・・・・みたいですがフェイスブック、還暦になったので始めてみることにしました。メインはオフィシャルなページとしてやっていきます。個人のページにはまだ手が回らないので、バタバタしているというか、右も左もわからない状態ですので、しばしご容赦。とりあえず1月2月は忙しいので、何もできませんが、物事は何事も少しずつですね。サポートにはカオリーナさんに入って戴きました。

そして新年を迎えるにあたりまして、年賀状は失礼させていただいております。来年も、皆様にとってさらなる良い年になりますよう、心からお祈り申し上げます。良いお年をお迎えください!!!

# by masa-hilton | 2018-12-31 13:02 | ニュース

12月30日になれば

その日が来れば、あーーー、ついに還暦かよ。です(笑)。人生速すぎますね。ぼやぼやしてられないけど、何をすべきかも難しい。とりあえずこれからも目の前のことから。

応援してくれていた人たちが、ご高齢になってしまい、また亡くなったりもされています。この世界は生き残るためには、どんどん前に行くつもりでないと、取り残されていきますからね。もう一花、咲かせられるように頑張りたいと思います。管理人さんも今はお仕事が忙しく、いろいろ大変な一年でしたね。打ち合わせもしながらお誕生会は「全衆徳」の銀座店。

ここお気に入りでしたが、火事で燃えちゃったんですよね。閉店かと思ったら隣のビルでオープンしていましたので、行ってみました。「全衆徳」は新宿のほうにもあるのですが、銀座のほうが美味しいので復活は嬉しい。
a0041150_12390971.jpg
現地っぽい味付けで素材も良く、美味しいのです。このクラゲとかもたまりません。ふかひれの姿煮、さすがに旨い。
a0041150_12394211.jpg
水餃子はコースと別に頼みましたが、意外と普通でした(笑)。
a0041150_12403712.jpg
海老の香草揚げ。前にどこかの中華で戴いた時には、とても苦手な料理でしたが、今回は大丈夫でした。良いですね。
a0041150_12404899.jpg
北京ダック来ました。
a0041150_12410098.jpg
お砂糖で戴いてから、巻いてもらいます。
a0041150_12412368.jpg
a0041150_12413038.jpg
でも以前は2つ来たけど今は1つ、それにお肉も別に食べられたのにそれもなし。ややケチになっていますね(笑)、値上がりとも言いますが。ちょっとつまらないなあ。お店の方針か店長の方針か(笑)? いずれにしても、すぐすぐの再訪は考えてしまうよなあ。昔はピーナッツ等も出してくれていたのにね。ま、いいや。メニューは野菜の炒め物で汁ソバ。
a0041150_12413759.jpg
a0041150_12414345.jpg
おそばは鴨のスープで美味しいですね。これは以前と同じく。
a0041150_12415212.jpg
とにもかくにも、健康で頑張ることしかないですね。来年もがんばるのだ。

# by masa-hilton | 2018-12-30 03:30

今年最後の高松に行きました。

時系列は前後しますが、今年最後の高松のレッスン、またまた行ってきました。今回はコンサートでもお邪魔している志度ホール内で。レッスンはとても楽しく、また皆さんは上達されていました。良かったです。

今回は季節なのでカキ小屋に行きましたわい。いつもの「かくれ家」です。本当に大満足です。このために朝ご飯は空港でのお弁当はやめて、コーヒーだけにしました。
a0041150_09483775.jpg
海に直結。新鮮なカキ、それも食べ放題!!この籠の1つが来ますよん。
a0041150_11080934.jpg
a0041150_11082301.jpg
まずは先付、お刺身、これもオリーブ・ハマチだから美味しい。
a0041150_11083869.jpg
a0041150_11084556.jpg
カキのみぞれ汁、これも好きだ。カキフライもありますね!
a0041150_11085480.jpg
a0041150_11090193.jpg
それではカキ!これをひたすら焼きます。
a0041150_11094683.jpg
a0041150_11311075.jpg
やはりうまいですね。
a0041150_11130898.jpg
a0041150_11132267.jpg
うまいうまい!
a0041150_11134969.jpg
a0041150_11140592.jpg
うまいうまいうまい!チーズを乗せても。
a0041150_11133367.jpg
a0041150_11143334.jpg
うまいうまいうまいうまい!
a0041150_11144449.jpg
a0041150_11145211.jpg
うまいうまいうまいうまいうまい!
a0041150_11170806.jpg
a0041150_11172641.jpg
カキは大好きですね。でも生ガキはあたるんです、なので食べられません。火さえ通せば大丈夫。
a0041150_11133367.jpg
a0041150_11150152.jpg
カキご飯はさらに大好物。
a0041150_11152677.jpg
a0041150_11153449.jpg
やや薄味。カキの出汁だけで味付けだからね。
a0041150_11154449.jpg
すぐ外が海ですからね、いくらでもあるカキ!おかわりしちゃいましょう。
a0041150_11155501.jpg
a0041150_11281138.jpg
そうはいっても焼けば身は縮みますから、どんどん食べられちゃう。
a0041150_11283632.jpg
a0041150_11285447.jpg
a0041150_11290337.jpg
まだまだいけます。
a0041150_11294119.jpg
a0041150_11302587.jpg
味付けはポン酢、お醤油、チーズ乗せ。レモンだけかけても美味しい。
a0041150_11295008.jpg
どんどん行って、カキご飯もおかわり。
a0041150_11303670.jpg
a0041150_11304413.jpg
a0041150_11305501.jpg
カキ何個食べたか数えていました。41個です。また行きたい。

時系列が違うと言いましたが、これはクリスマスのころの話です。高松の商店街にも大きなツリーがありました。
a0041150_11522205.jpg
夜は「来来餃子館」で「酢豚」と「チャーハン」、これも定番です。薄い肉でのカリカリ甘い酢豚はホントに好きです。旨いんですよ。
a0041150_11523919.jpg
チャーハンも具が少ないのだけど、油の感じ、炒めかたも好み。いつ食べても大満足です。
a0041150_11523238.jpg
ホテルはリニューアルされてきれいになりつつある東急イン。昔はリーガロイヤルによく泊まりましたが、最近は全然ダメです。お部屋も良くないだけじゃなく朝ご飯もひどい、そして汚い感じ。クレメントホテルはお部屋は良いですが、朝ご飯が不味いので閉口。それでもパンだけは豊富で美味しかったのですが、それも貧弱になってきてもうダメ、買い物も不便。その消去法で東急インが今はオススメなんです。
a0041150_11525558.jpg
朝ご飯も目玉焼きも「ややきれいな目玉焼き」で合格。おうどんの具も良い感じです。
a0041150_11530690.jpg
a0041150_11531517.jpg
レッスンが終わりお昼はいつもの「水仙」。いつ行っても混んでますね。高松で数少ない美味しいお店ですし、あたり前ですね。おしんこも絶品です。
a0041150_11532849.jpg
今回は「大海老フライ」にしました。旨い!
a0041150_11533883.jpg
ぶりの刺身も美味しい。大満足。
a0041150_11534829.jpg
帰り際に女将さんがお赤飯をくださいました。やった!
a0041150_11535928.jpg
東京に帰って、このお赤飯を夜ごはんにするために、クリスマスらしく鶏のレッグを買って家ご飯。
a0041150_11540601.jpg
a0041150_11541343.jpg
1人ぽつんとファミレスのクリスマスより、ずっと暖かでしたね(笑)。

# by masa-hilton | 2018-12-28 18:35 | 日々の出来事

次へ次へ

「夜会シリーズ」の打ち上げというか、調律の鈴木さんの復活もうれしく、今後のちょっとした打ち合わせにヤマハに出かける。この日は私も皆さんも忙しく、ややそそくさになってしまって申し訳なかったのだけど、実力派でもあって私もプッシュしているピアニストの須藤千晴さんも呼び楽しきランチ。おかげさまで彼女も露出が増えてきて快調だ。めでたし尽くし!

ホントに忙しかったので、スワロフスキーのイタリアン「オーラム」で。この日はレストランも忙しかったらしく対応が悪く、それだけは残念。お気に入りなのにこれはイカンね。右も左もわからないようなアルバイトを雇ってはイカン(笑)。今は相手に非があっても、怒った方がパワハラになってしまう馬鹿げた世の中なので、誰もが怒られることのない対応をする義務がある。

時間が無いから、お食事は軽めだったけど普通に美味しかったがメインはひどい。デザートが良いので後味は良かったが。
a0041150_07220503.jpg
a0041150_07221263.jpg
メインはやや味が濃すぎ。味見して出してるのかなあ?これはダメダメ!
a0041150_07222537.jpg

a0041150_07225013.jpg
雰囲気がイマイチだったから、また年明け落ち着いたら仕切り直しだ(笑)。でもとても楽しく終了~。来年も楽しみだね。レストランには改善をきつく希望。使いやすいレストランなので、ぜひ頑張って欲しい。(後日談、改善されました!よかった)

このあとはジャズピアニストの松永貴志くんとの打ち合わせ。年明けの3台ピアノについてだ。天才ピアニストとして大人気だけど、とても感じのよい謙虚なかたで、またクラシック演奏家とのコラボも多いために、遠慮されてちゃんとキチンと弾くこともできるので、ここはむしろジャズピアニストで暴れてください!とお願いしておいた。どうなるのか、当日が楽しみだ。
a0041150_13011473.jpg
そして夜は来年からのコンサートの企画打ち合わせ。人形町に戻って「江戸浜」さんにて。こちらも楽しかった。いろいろな企画を現実的なものにしなくてはならない。でも実際に決まれば内容は素早く決まっていくことだろう。こちらも大いに楽しみだ。お酒を飲む方なので、つまみ系を充実させて「あんきも」「なまこ」。絶品に旨い!!
a0041150_07364516.jpg
a0041150_07365320.jpg
いつもの「あおやぎ」の焼き。これも美味しいんだよね。
a0041150_07365977.jpg
「カワハギ」の肝乗せは大好き、ヒラメも旨し。広島風に「生だこ」が食べられるのも「江戸浜」さんならでは。
a0041150_07371138.jpg
a0041150_07371790.jpg
煮魚はタイ、これも定番。お江戸の味だ。
a0041150_07373546.jpg
サザエの壺焼き。お江戸風は汁が飲める。旨いよね。
a0041150_07374288.jpg
アジ、アワビ、つぶ貝、しゃこ。好みの旨いネタが続く。
a0041150_07380092.jpg
a0041150_07380745.jpg
大トロ、車エビ、これが最高なんだよね。
a0041150_07381608.jpg
かんぴょう巻はワサビなし。ワサビ入れて鉄砲にするのと、ワサビなしのどちらが江戸っ子の主流かは諸説あり(笑)。
a0041150_07382312.jpg
というわけで、忙しく美味しく。そして来年も良い年でありますように!

# by masa-hilton | 2018-12-27 23:13 | 日々の出来事

ディナー・ショー無事終了!

セルリアン東急ホテルで、雨谷麻世さんのディナー・ショー無事終了。アレンジなども好評で、私の仕切りになるイベントコーナーも時間を食わずに終えられたので、良かった良かった、めでたしめでたし!
a0041150_07005036.jpg
ディナー・ショーは当然マイクも入るし、照明も色々凝るから、クラシックピアニストとしては困惑することもある。特に照明は効果を考えるから、暗くされてしまうこともあるのだけど、クラシックピアニストはそうはいかない。その辺りを理解してくれている照明さんでないと、ひと悶着が起こるから注意。またリハーサル中はもろもろのセッティングで大わらわだから、ここで静かに音楽をチェックなどもできない。普段クラシックの我々は、プログラムめくる音にも神経をとがらせて、悪くするとちょっとしたことでも影響して演奏に響くというような環境にいるわけだけど、こうしたところではそうはいかない。どんな環境でも集中できるタフさが必要だし、余裕をもって対応できるようになるには、経験も必要だ。いろんな場所で弾いたよね、ホントに。今にしてみれば、全てがありがたい蓄積になっている。

さてそうは言っても、お客様のお食事後に始まるディナーショーだから、家に着いたら夜中、12時近かった。ご飯となるとファミレスかファストフードぐらいしかないわけで、こういうときの選択肢で「ガスト」に。
a0041150_07010179.jpg
a0041150_07011098.jpg
とても安いけど、チーズ・イン・ハンバーグ、そんなに悪くない。温かく食べられるだけでも感謝だ。しかしこの日、広い店内に客は私一人だ。そう、クリスマスだもんな。クリスマスの深夜「ガスト」にいる奴なんて(笑)、確かに!そうはいないよね。でも、最近忙しくて深夜の食事も多いんだけど「バーミヤン」も空いている。
a0041150_07013399.jpg
こちらは今「エビチリ」フェアということで、海老が増量になった「エビチリ」を戴くことが多い。もっと美味しいほうが良いけど、まあまあ大丈夫。昔より餃子なども美味しくはなっている。空いているから静かだし、なお嬉しいね。
a0041150_07021462.jpg
レタス・チャーハンなども私の定番。これは慣れてきちゃって普通に戴ける。
a0041150_07022420.jpg
ファミレスもありがたい。これがなかったら、深夜はかなり大変だよね。

# by masa-hilton | 2018-12-26 02:36 | 日々の出来事

月刊「ショパン」1月号は、思いがけず節目の号に

a0041150_17474900.jpg月刊「ショパン」1月号は当然のことながら、浜松コンクールの特集号ですね。牛田くん頑張りましたね。私はあっけなく女性陣が消えてしまったのがちょっと残念でした。今回は若手のエース級が揃って受けていたので、注目も高かったのだと思いますが、私の周りの専門家たちは、前回のほうが色々と多く話題にしていたかのように思いますね。

いずれにしても、日本を代表する国際コンクールの1つですから、ホントはスケートぐらい注目されて欲しいんですよね。私は牛田くんは優勝しても良かったとも思っています。というか「イエス」「ノー」で審査していった場合、彼の演奏に辛い点数をつけることはできても、「ノー」と言うことはなかなかできないと思います。それも大きな才能です。きっと今後、大輪の花を咲かせてくれることでしょう。

ところで「ショパン」の内藤会長がご逝去されました。まさに創刊されたご本人ですし、91歳で亡くなるまで第一線で、ピアニスト達にエールを送り続けてくださった恩人ですね。かつて隆盛を誇っていた音楽雑誌が、今や薄い雑誌になり果てている中、「ショパン」が変わらず元気なのは、会長のピアニスト達に対する優しさゆえでした。心からご冥福をお祈りします。

その会長のご葬儀にピアニストを代表する形で弔辞を述べることになり、それは大変重いお役目で恐縮の至りでしたが、とても変な話なのですが、私はあまりご葬儀などに伺えずにいた身でしたので、そのマナー等も何も知らずに少し慌ててしまいました。お数珠なども初めて買いましたし・・・・その「弔辞」はお手紙であるので、正式には筆で!とか巻紙で!とか、いろいろマナーが書いてあったのですが、やはり心からの言葉を述べたかったので、文章は書かずに語り掛ける形にさせて戴きました。最近はそういう人も多いと、後から聞きホッとしています。自分らしいスタイルを選ばせていただきました、すみません。そして色々と感謝の言葉やお悔やみを述べさせていただきましたが、一応封書にも一言添えて、ご霊前にお供えしてまいりました。
a0041150_18202199.jpg
そんな私を、きっと会長は天国で笑って見ていらしたことと思います。

対談はテレビドラマやアニメ、すべてに超売れっ子な作曲家・沢田完さんにご登場いただきました。彼とは昔からの付き合いですが、今は日本で一番忙しい作曲家です。もともとオーケストレーションの魔術師と言われていた沢田さん、その知識と実力はドラマに集中されてはもったいない。ぜひコンクールの課題曲や湯山昭に続く子供のためのピアノ曲を書いてくれたらなあ~と願っています。

お店はとても美味しい「銀座ロビー」にて。銀座の隠れ家、和食です。前菜はクジラのベーコン、カキのオイル漬け、子持ち昆布。お味がとても良いんですよ。
a0041150_18203419.jpg

「白子の茶碗蒸」が不味いわけがない、濃厚で大好き。
a0041150_18204219.jpg

「さば」を昆布でしめた刺身、得意なメニューでこれがまた旨い。臭みなども全くなく、ぺろぺろとイケちゃいますね。
a0041150_18204890.jpg
蓮根とごぼうを使った「さつま揚げ」。食感もお味も好み。「目鯛の麹漬け焼」「豚の炭火焼」とまあ、私の好みのものが次から次へと出てくるんです。良い店だなあ!(笑)
a0041150_18205568.jpg
a0041150_18210724.jpg
a0041150_18211233.jpg
最後は「カニの釜めし」で。これがまたいいんだよ。
a0041150_18221568.jpg
美味しく大満足。対談もとても楽しくうまく行きました。ぜひご覧ください。次回は梅村知世さんです。

# by masa-hilton | 2018-12-22 23:46 | 連載対談@お江戸で連談

やはり「鳥かど家」さんは大満足の鰻

何となくむなしくなってしまって、ぼーっとしてたんだけど、ふっと思いついて、かねてから「鳥かど家」さんに行きたいと言っていた人を思い出し、お誘いして行ってきた。もう、大満足!!

まず鰻高騰のこの時代にこのお安さはあり得ない。そして安くても旨い!1・2を争う旨さなんだから、もうこれは凄いの何の。もちろんそんなことは百も承知です!ってね。

珍味も美味しい。大好きな梅クラゲ。これは外せない!!
a0041150_05181426.jpg
鳥焼き!!これも最高!この美味しい焼き鳥をいただきながら、鰻を待つのが定番。すばらしいのひと言!
a0041150_05174848.jpg
こちらも定番!酢の物に続けて、卵焼きも美味しい。お江戸流の甘い卵焼きだけど、甘すぎず上品に整えられていて、これなら関西人もイケるのでは?
a0041150_05165761.jpg
a0041150_05151479.jpg
大将考案の鰻のテリーヌともいうべき、鰻の「汽車ポッポ」、これも食べるたびに美味しさが増している。濃厚でいながら味わいは上品。
a0041150_05153762.jpg
そして鰻重。大ぶりの鰻、肉厚の鰻、美味しい!これぞ鰻だ~~~~~!
a0041150_05144166.jpg
人形町に支店を出してほしい~~~~(笑)。ホントに大満足。

# by masa-hilton | 2018-12-21 23:04 | 趣味&グルメ

またまたリハーサル

というわけで(笑)白金高輪にお出かけ。まずはいつもの「タランテッラ・ダ・ルイジ」さんへ。これがあるから良いね。毎回毎回多彩な前菜も色々だし、メインのパスタも次々変わる。1か月同じメニューしか出せないところもある中で、繁盛店は違うし、何しろお料理力というか、実力そのものだと思う。そしてそれがまた美味しいのだから。
a0041150_10232185.jpg
パスタは最近の中でもベスト。このエビのトマトソースは最高に美味しかった。味がまろやかで濃厚、でも上品で誰でも美味しいとわかる普遍的な味。これは良いね。
a0041150_10235492.jpg
4種のチーズのピザ。これは定番!でもやはり美味しい。生地も美味しいし、チーズの薫り高さがそこいらとは違う。
a0041150_10240450.jpg
大満足大満足のランチだった。大喜び。

このリハーサルでいつも心配なのは、電子ピアノなので、本番は生ピアノなのに大丈夫なのだろうか?ということ。サウンドが全然違うからね。ちなみに電子楽器を本番に使うなら、いつもはその機種にこだわり、できうる限り選定に行ったりして、より良いサウンドになるようにしている。メーカーに頼んで持ち込むことがほとんどだよね。機種によって音が変わるのは生ピアノ以上に繊細だから。そしてピアニストもまた、こう見えても神経質だからね。

あと、私のリハーサルというのは、それぞれが準備して持ち寄って様子を見るということで、その場ではあまりやらないものなんだけど、これを1から練習のように合わせをやるのは苦手だったりする。リハーサルで長時間練習しちゃうと逆に、それで満足しちゃって、持ち帰った家で練習しなくなってしまうので、私としては効率が悪い(笑)。練習は人知れずやるのが好きなので(笑)。でも逆のことを言う人もいて、これは人それぞれのやり方があるので、それも面白いし、もちろん希望に応じて全然対応できるんだけど、今回は疲れてダウンしてしまった。この時期、暖房がきいているので、それが最大の原因! 電車や飛行機も長く乗っていると必ず体調が悪くなる。絶対に薄着が必要なのだ(爆笑)! 笑い事ではない煖房対策・・・・でも外はとても寒いからね、その調整が難しい。思いもよらぬ悩みがあるもんでしょ?

なので、帰ってからは寝込んでしまい、遅い時間に夜ごはん。仕事があるから食べないわけにいかないし。食べられそうなものと言えばお寿司かな~~? で「江戸浜」さんに行く。
a0041150_10252704.jpg
やはり美味しいものは良いね。「ひらめ」「ぶり」「ホタテ」「大トロ」。どれもみずみずしく気分も良くなってきた。
a0041150_10253645.jpg
お寿司屋さんて、ちょっと寒いようなすきま風があったりするので、私は好き。煖房が暑いお店は、ホント苦手だ。
a0041150_10254581.jpg
「貝ひも」、「タイ」を煮ていただく。「江戸浜」さんの煮魚は抜群に旨い!これも大好き。そして「げそ」。
a0041150_10255213.jpg
a0041150_10260181.jpg
「アジ」「白いか」、この「アジ」が最高!活きの良さが光る。
a0041150_10260980.jpg
「江戸浜」さんは「蒸し海老」「うに」あたり、いつも旨いので迷ってしまうのだけど、やはり貝類で。
a0041150_10261618.jpg
「あわび」「つぶ貝」「赤貝」、どれも美味しいけど「あわび」が最高。それから最初にいただいた「ホタテ」の生も良かったことを思い出して、もう1回とも思ったんだけど、ちょっと体調不良だからやめといたよ(笑)。

# by masa-hilton | 2018-12-20 23:08 | 日々の出来事

東京ドームのコンサートの打ち合わせ

あんなに夏が暑かったのに寒くなったね~、今さらながら。ホントに、嘘じゃないかと思うとマジ寒いので、家に帰ってあわててコートを着て出かける始末。打ち合わせもなるべく屋内で、新丸ビルは地下鉄も直結だから便利だね。クリスマスも盛りだ。
a0041150_03241077.jpg
来年の2月東京ドームでのコンサート、ソロのほかにヴァイオリンの松浦梨沙さんを呼んで楽しくと思っている。その打ち合わせに新丸ビルのお気に入りのフレンチ「ル・レモア」を選んだ。相変わらず美味しいね。昼は初めてで、ややカジュアルなものを選んだので少し印象が違った。やはり夜のストーブ鍋のサラダなどがあった方が、フランスの民族色があって楽しい。
a0041150_03241642.jpg
これは「かわいらしいサラダ」ではない(笑)。
a0041150_03242104.jpg
中はカニとアボガドのタルタル。スタイリッシュな感じだ。でも昼は若いオフィスの女子たちも気軽に訪れることを考えれば、こういうスタイルのほうが良いのだと思う。
a0041150_03242738.jpg
メインはこのレストランの私のお気に入り「鴨のコンフィ」だ。火入れが強い感じが大好きだ。こうでなくては。
a0041150_03243329.jpg
大満足に美味しかった。打ち合わせも順調に進み大満足。デザートは顔見知りなので、サービスで多めに出してくれたんだそうだ、これは感謝。
a0041150_03243836.jpg
夜はやはり何となく寒さを感じたのか、どうしても「にしんそば」が食べたくなって、最近よく行く「尾張屋」さんまで歩く。
a0041150_03244364.jpg
思った通り旨いね、ツユの感じからここの「にしんそば」は絶対旨いと思ってたんだ。京都で戴く「にしんそば」は雰囲気でも美味しく感じるが、東京のも悪くないよね、大好き。ただ食べた後は何となく、口の中がニシン臭くなるというか、ドラ猫になったような気分になる(笑)。これも心地良い。

# by masa-hilton | 2018-12-18 23:12 | 日々の出来事

人形町で一番美味しい?

「人形町で一番美味しい●●はどこですか?」ってよく聞かれる。私のように偏ってる人間は、自分が気に入ったところにしか行かない。それはすなわち、自分の中では一番美味しいと思っているということになるのかもしれない。

かなり多い質問が「人形町で一番美味しいラーメンは?」で、とにかくラーメンは食べないのでわからないので困る(笑)。札幌や博多に行っても、まずラーメンを食べることがない。好きなのは東京のお醤油系のさっぱりとした鶏スープの、きわめて普通のものだ。昔で言う「日本そば屋のラーメン」みたいなやつ、その系統のワンタンメンなら好きかも。塩ラーメンは嫌い。大体塩が嫌い。お寿司や天麩羅、塩で出されるとうんざりするんだけど(笑)高級店ほどそうだよね。素材の味がわかるからって言うんだけど、私はしょっぱくされて迷惑にしか感じないんだ(笑)。味噌ラーメンやタンタンメンは食べないこともないけど、そんな私が食べる人形町のラーメンは、このブログでも何度も登場する「いし川」の「渡り蟹の内子入り上海蟹味噌ラーメン」だ。この上海蟹の味噌というのに惹かれる。濃そうに見えて、わりとあっさり。ここのメンマがまた好み。崎陽軒のシュウマイ弁当じゃないけど、甘いやつ。好きなので増量し、煮玉子を加える。
a0041150_17251566.jpg
これは旨いよ、よく行きます。「ラーメン嫌い」がすすめるラーメンだからどうなんでしょうね(笑)。私の価値観からいけばもっと大行列になって良いお店だと思っている(笑)。

「カレーで一番おいしい店は?」と聞かれたら迷わない。清洲橋通りの焼鳥屋さん「六ちゃん」の「バターチキンカレー」で決まり。これは美味しい。そして650円だ。と言っても、私は辛いカレーが苦手(笑)。本格的な現地カレーやアジアンテイストなやつも食べない。その上での判断だからどうなんでしょう(笑)。喫茶店の「ロン」のカレーも好きだったが、閉店も時間の問題の休業中。気まぐれに「グリルツカサ」がカレーを作ることともあるけど、いつもあって昼夜同じ値段で食べられるから、カレーは「六ちゃん」だよ。
a0041150_17264255.jpg
マイルドで鶏の旨味が凝縮しているよね。「六ちゃん」は最近ランチメニューが増えて「からあげ丼」「ヅケ丼」もあるということで、これもぜひ試してみなくてはいけない。「親子丼」も美味しいし、ここも私の価値観では大行列になって良いお店(笑)、カラーとしては「カキフライ」の「三友」さんと同じにおいのするお店だ。その数個のカキを団子にした「カキフライ」の「三友」さんを除外すれば、最近のお気に入りの「小春軒」さんの「カキフライ」も、「1粒もの」の「カキフライ」なら1番だと思う。

a0041150_17254550.jpg
大粒、そしてプリッとしていて明らかに他所より美味しい。満足感ということなら「三友」さんにも負けることはない。毎日食べたいなあ!というぐらい。
a0041150_17255641.jpg
「カキバター炒め」も人気だ。同じく大ぶりのカキがもう少し量が増えてやってくる。私も好きだが塩が利いているのでフライのほうを選んでしまう。
a0041150_17292232.jpg
レモンをかけると塩味が薄まって、私には良い感じ。お酒のつまみには最高なのでは?そして何回も言っているけど「エビフライ」は人形町で食べ歩いた結果、「小春軒」が1番になった。いつも注文するからおばちゃんに笑われている。お値段的にも海老の本数からも満足だ。
a0041150_17393756.jpg
ところで肝心の「鰻」だけど、現在の人形町ならば「喜久川」さんにはなるけれど、高くなってしまって、その値段に見合うものと考えると、新橋や銀座になってしまうね。「鰻」だけは人形町から離れてしまっている、残念だ。天ぷらの「中山」、「太田鮨」、「江戸浜」のお鮨などは飽きることなく伺っているので、当然そこには1番と思うものがある。ハンバーグはまちがいなく「ノブレス・オブリージュ 」、ミートソースは当然「トーキョー・パスタ」。私は1番好きな食べ物は「鰻重」だが2番目が「スパゲッティ・ミートソース。子供のころからこればっかり食べていた。だからおふくろさんの味なのだ。
a0041150_17253182.jpg
「トーキョー・パスタ」さんの濃厚で甘めな味はまさに母の味(笑)、これはもうはずせないよね。同じように子供のころによく食べていたものに「かきたまうどん」がある。このブログではおなじみの話だが、関西人の人はほとんど知らないのが面白い。その「かきたまうどん」と「天ぷらそば」なら「東嶋屋」、でも蕎麦全般は「うさぎや」さん。「厚切りのロースカツ」は「冨士㐂」さん、中華はしぼれないけど「エビと卵のチリソース炒め」は「中華厨房・福」になる。そんなこといったらジャンクだけど「六文そば」のゲソだってね!「でらじろう」の串揚げ、「いいだこ」も私の「狙い撃ち」のメニューだね。これらは他所にはないものだ(笑)。もう1つ地味だけど、日比谷線の駅の横にある「ちとせ屋」さんの佃煮「あみ」が大好きだ。マジ旨い!本当はお豆が有名だけど私には佃煮のお店!
a0041150_09033958.jpg
・・・・こんなこと書いていると「マイ・フェイバリット・シングス」が聴こえてきそうだけど、今はあれを聴くと「京都へ行こう」を思い浮かべてしまう人が多いんじゃないかな?よく考えてみると非常に良くないよ(笑)!!別物じゃないか。ホントは嘆かわしい!!と怒らなきゃいけないところだ(笑)。

# by masa-hilton | 2018-12-15 11:35 | 趣味&グルメ